« Linuxはマニアのもの? | トップページ | 家庭用8mmビデオからの動画取り込み »

HDDレコーダー

Linux上にTV環境を構築してみたけど、常時電源ONって使い方をしていないので、TV録画にはあまり使えないかなぁ、と思って、ヨドバシにHDDレコーダーを見に行った。
PCになんでもかんでもやらせるのは、あまり好みでないというか、汎用性等を考えると、やはり、単機能(ってほどシンプルでもないみたいだけど)なレコーダーとかの方が、専用品だけに使い勝手もよいだろう、と考えたわけだ。

でも。

た、たけぇ…。

予想外の値段に、しばし唖然。
まさか10万円もするとは。

正直、安いもので2万円超程度、ちょっといいものでも6万円程度で買えるものだとばかり思っていた。
#もちろん買おうと考えていたのは2万円程度のものだ。

べつに、なんでもかんでもHDDレコーダーに入れて、休日はのんびりTVなんて考えてたわけでもないので、極論、必要なものでもなんでもない。
それに10万円は高すぎる。

スペック見れば、地デジやら、ブルーレイやら、最新の機能がてんこ盛りだ。
いや、そんなのいらないし。
欲しいのは、250GB程度の容量と、普通のアナログ放送受信、そしてDVDへの書き込みと再生機能くらいで。DVD+−RWくらいは再生できるとよいかな、とは思うけど、DVD-RAMは不要だし。

そもそも、うちには、ワイドTVがないから、ハイビジョンとか言われても、視聴可能な環境がないしさ。

して考えてみると。

PCでTVってネットで検索すると、結構ヒットする。
なもんで、以前から興味はあって、今回色々と苦労したりしてるわけだけど。
みんな、単純に興味だけで、TV環境作ってるもんだとばかり思ってたわけだ。(爆)

つまり、「ながらTV」の人が多いもんだとばかり。

でも、10万円とかいう話になると、もう、コンパクトなデスクトップ機が買えちゃうわけですよ。
んで、TVチューナーカードなんていくらもしないし。
今は、DVDスーパーマルチドライブも1万円しないしね。(5000円くらいか?)
500GBのHDDだって12000円程度で買えちゃう。

キューブ筐体で、リモート接続だけ出来るようにしておけば、あるいはTVの録画予約はWebで可能にしておけば、ファイルサーバ兼、TV録画環境なんて、10万円あれば作れてしまうわけで。
#工数は別か。
#ブルーレイも、今はちとお高いかな。

TVOUT付きのビデオカードとかにすれば、普通にTVに出力も可能だし。
リビングにサーバ置いといて、無線LANで接続とかにすれば、単機能のHDDレコーダーよりも使い勝手のよいものが構築可能かも知れない。
#ま、かも知れないって程度の話と、どうしても構築までの工数とスキルは無視出来ないんだけど。

2万円程度だと、工数とまあ、部品の値段とか考えると全然見合わないから、普通に単機能なレコーダー買った方がいいと思うけど、10万円超となると考えちゃうよな。
PC利用のHDDレコーダーの方が、容量追加とか、ブルーレイとかHD-DVDとかの動向決定してから、ドライブ交換とか出来るし。

現在のCore2Duoくらいのスペックあれば、ソフトエンコードでも充分な速度が出るしさ。
メモリだって2GBあれば、全然余裕でしょ。

てなこと考えたら、ちょっとHDDレコーダーは躊躇してしまった。

ま、でも大前提として「家族も使う」ってんなら、やはり選択肢はHDDレコーダー購入ってことになるんだろうけどね。
家族に「PC起動して録画してよ」って話は、厳しいのと、予約を全部自分で設定するハメになるのも厳しいからなぁ。

|

« Linuxはマニアのもの? | トップページ | 家庭用8mmビデオからの動画取り込み »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17150411

この記事へのトラックバック一覧です: HDDレコーダー:

» 地デジ放送を楽しみましょう [地デジ放送を楽しみましょう]
地デジ放送は専用チューナーとアンテナがあれば、楽しめるエリアが拡大中。パソコンでも地デジチューナー搭載機ならば、放送が楽しめます。 [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 19時21分

« Linuxはマニアのもの? | トップページ | 家庭用8mmビデオからの動画取り込み »