« 家庭用8mmビデオからの動画取り込み | トップページ | まーじゃん »

ビデオ編集 on Linux

家庭用8mmビデオで録画されたものをDVDに落とし込む、という作業をやっているわけですが。
最初、単にキャプチャして、そのままDVDにと考えていたんだけど、DVDメニューとかあるしなぁ、ってわけで、分割してタイトルとか付け始めたわけで。

この程度の作業だと、Avidemuxで、さほど困らないし、割とお手軽に作業が出来る。
ただ、CMカットとかだと、ちょっと面倒そうなんだけど。

いらないフレームのドロップとかが可能かどうかとか、ちょっと使い込んだらどうなるのか、とかは解らないけど。
単純に、一本でキャプチャしたaviファイルを任意のフレームで分割、その後DVD Videoに、って程度の作業なら、非常に直感的に作業が出来る。
欲を言えばキリがないので、別段これ以上を要求する気はないけど、人によってはビデオエフェクトとか、タイトルとか入れたいと思う場合もあるんだろうね。
そういうのも、もしかしたら可能なのかも知れないけど、やりたいことがそこまで高度じゃないので、使い方すら調べていないという。(笑)

まあ、DVとかならkinoの方が使い勝手がよいのかも知れないけど、キャプチャしたものだと、Avidemuxがファイルのコンバートとかなくて楽だなぁ。
kinoだと、最初にDVじゃないからインポートするか、とか聞かれて、これに結構時間がかかるからさ。

フィルタとか、画質の調整とかも、もしかしたら可能なのかも知れないけど、まあ、そこまではね。
この手の作業は凝り始めるとホントキリがないから、最初から最低限のところで止めておくか、覚悟を決めて、どこまでもやるか、になるとは思うけど。

まあ、ツールのほんのさわりの部分で満足出来る程度の作業で終わらせておくのが、時間的にも精神的にも得策じゃないのかな、と作業後に思ったりしたわけでした。

あと4本…。

|

« 家庭用8mmビデオからの動画取り込み | トップページ | まーじゃん »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17173597

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ編集 on Linux:

« 家庭用8mmビデオからの動画取り込み | トップページ | まーじゃん »