« conky | トップページ | Core2Duoは仕事しない »

8600GTのOverClock

Windowsで出来るんだから、Linuxでも出来るのかな、と思って調べてみた。
nvidia-settingsで出来るっぽい。
xorg.confのdeviceセクションにoption "coolbits" "1"の記述を追加せよ、とのことだったので、試してみた。

おお、出来る出来る。(笑)
調子にのって試してたら、画面が砂嵐になってきた。orz
完全に見えなくなる前にreboot。

まあ、WindowsにOverCockerがいるんだから、Linuxにいるのも不思議はないわな。
昔は色々とやったほうですが〜(爆)

今は別に。
そもそもDELL PC選んだ時点で、その手とは縁がないってことなので。
道具であるPCが速いに越したことはないけど、無理してまで手に入れる速さってのは、ね。
もちろん、趣味のオーバークロックを否定するつもりもないし、そういうのが楽しいってのも解るけど。

限界越えたところにある領域ってのは確かに見てみたいけど、今は結構リーズナブルに速さが手に入ってしまうので、安定性を捨ててまでオーバークロックとかする気はないかなぁ。
例えば、40%までの性能向上は、体感できないと思うんだよね。
敏感なひとで解るかな、って感じ。

体感で、おお、速いな、って思うのはCPU性能で倍を超えないと、速いと実感できないと思う。
例えば、動画のエンコーディングで30分が20分になったとして、数字で見る速さは理解出来るけど、実感として速くなったとは思わないと思うんだよね。
でも、30分が7分になると、これは間違いなく体感で速いと感じると思う。
4倍速くなれば、かなり鈍感なひとでも体感できるんじゃないかな、とは思うんだけど。経験上。

でも、オーバークロックで、4倍ってのは普通ないから。

|

« conky | トップページ | Core2Duoは仕事しない »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17277244

この記事へのトラックバック一覧です: 8600GTのOverClock:

« conky | トップページ | Core2Duoは仕事しない »