« 年賀状 | トップページ | Screenletsのその後 »

LinuxとWindows

会社での話ですが。
「仕事でならともかく、自宅でWindows以外を使ってるってのは信じられない。何をするにしても、Windowsがベースになってないと安心できない」
とか言われたりして。

逆じゃん、とか思ったり。

仕事なら、Windowsってのは仕方ないかな、と思うわけで。
デスクトップOSとして、一番普及しているし、まあ、他にないわけですよ。
Mac?あれは、一部の特殊な業界で使われるものか、完全に個人のものですから〜(爆)

正直、Linuxでデスクトップってのは、仕事で使うのはどうなの?と思うわけですよ。
もちろん、LinuxOSを対象とした開発プロジェクトであれば、止むを得ないと思うし、そうするのが当然だとも思うけど。
でも、その場合でもVirtualな環境で開発は可能だから、たぶん、そうすると思う。

別にね、自宅環境に大事なファイルがたくさんあるなら、その気持ちも解らないではないけど。
仕事でも自宅でも大事なファイルはバックアップしてるでしょ?

で、その前提で考えるなら、自宅の環境で、いろんなことやるのに、わざわざ高いお金を出してOS買ってきますか、と思うわけで。
もちろん、Linux環境を整えるための人的コストは無視できないし、管理コストだってかなりかかる。
だからこそ、仕事じゃなく、自宅で使うもんだと思ってるけどなぁ。

PCってのはいろんな可能性のある道具なわけで、でもその可能性を現実にするためには、ソフトウェアは必須で。
「ちょっと試したい」だけでソフトを買うほど、懐に余裕があるわけじゃないし、「ちょっとここをカスタムすれば、使いやすいけどなぁ」って時に、完全にスクラッチで書き起こすほどヒマなわけじゃない。

そうした場合に、OpenSourceであるLinux環境ってのは、なるべく費用を抑えて、PCをエンジョイしたいって向きには非常に有用であると思うんだけどな。
もちろん、コミュニティになにか協力とか還元とか出来ればいいと思うけど、それはスキルレベルに応じた協力であればよいわけで、何も背伸びする必要はないと思うし。
ネットにブログで書き散らすだけでも、結構な協力だったりするんじゃないかな、と最近のネット環境から考えれば思えるわけですが。

普段から、家族でPC共有しているなら、まあ安定指向もありだとは思うけど、そんなにWindowsがいいなら、家族にはWindowsを使わせて、自分はLinuxでもよいわけで。
むしろ、その方が家族にはヤバいファイルを見られなくて済むし。(爆)

まあ、件の会社のひとは、OSのバージョンアップにきちんとお金を払っているひとだから、そのこと自体は責められないし、それこそどんなOS使うのも個人の自由だけどね。
別にゲームをプレイする目的以外であれば、OSをWindowsにこだわる理由は、今のLinux、特にUbuntuを見る限りはないように思うけどなぁ。

特にWebや開発言語の勉強をするなら、Linuxの方が安価に環境揃えることができるし、環境を揃えていく過程ですら、それらの勉強になると思うんだけど。

そういう手間がイヤってことなのかな、結局は。
道具だから便利に使いたいし、お金払って済むようなことなら、手間を掛けずに済ませたいってひとなら、Windowsがベストなのかも知れない。

でもさ、「自宅でLinux使ってます」っていうと、あからさまに変人扱いは、そろそろ終わりにして欲しい気がするけどね。
そのくらい、この数年でLinuxは進歩していると思うよ。デスクトップ分野で。

|

« 年賀状 | トップページ | Screenletsのその後 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17409038

この記事へのトラックバック一覧です: LinuxとWindows:

« 年賀状 | トップページ | Screenletsのその後 »