« zenity | トップページ | LinuxとWindows »

年賀状

ま、今年もそういう時期になったってことで。
結局、例年通り、作成Linux、印刷Windowsって手順になってしまいました。

今年は、DELLの複合機があったので、例年苦労する母親の手製の年賀状のスキャンが比較的簡単に出来ましたな。ま、普通にVistaからメーカー製ドライバを使用したわけで、これは困るはずもなし。

印刷も、CanonのPixusなんで、Linuxからも可能かなぁ、と思ったけど、ま、フチ無印刷だし、Vistaからメーカー製ドライバを使用ってことで。
インク量とかも表示されるんで、こっちの方が安心は安心かな。

ちょっと今年がいつもと違うことがあるとすれば、作成時と印刷時に、NTFSのドライブ経由で作業が出来たこと、くらいでしょうかね。
従来も、OS間のデータ共有のために、FAT32の領域は残しておいたんですが、さすがに通常運用には使いたくなくて、共有専用の小さいパーティションとなってました。
が、今回導入のUbuntuではNTFS-3gが標準で使えるわけで、Vista側でワークドライブとしているパーティションに、そのままLinux上で画像を編集、って感じで作業出来ました。
まあ、Linux、Win共にソフトはGIMPなんで、最悪、どっちでも編集可能だし。
#バージョンは違うけど。Win版も新しくしないとなぁ。

表書きも、別にLinuxでOOoを使用しても可能だとは思うんだけど、PC新しくした際に、新しいWin用の年賀状ソフトも買ったしさ。結局はWindowsでやっちゃいました。
#ま、これも実はフォントが欲しかっただけ、とかあるわけですが。

いずれにせよ、毎年恒例の「一番PCが活躍する日」は終わったわけで、またプリンタさん、来年頑張ってね、って感じなわけで。

来年はタブレットによる手書きの年賀状でもやるかなぁ。もちろんLinux上のGIMPでお絵描きってことで。
干支なんだっけかね。

|

« zenity | トップページ | LinuxとWindows »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17407445

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« zenity | トップページ | LinuxとWindows »