« DELL AIO 926 | トップページ | Screenletsの顛末 »

海がきこえる

ジブリのあれです。氷室冴子原作の。
公開当時というか、ビデオが発売になってレンタルに並んだ際に見た覚えがあるんだけど、久々に見たくなって見てみました。
「おもひでぽろぽろ」に続くシリーズだったのかな、と今になっては思うわけですが。
なんつぅんすか、こう、別に「アニメでなくてもいいんじゃねぇの?」的な作品をアニメにしましょう、みたいな。
実際、「猫の恩返し」や、「耳をすませば」のようなアニメらしい表現に基づいた作品では全然なく、別に実写で全然よいんじゃね?みたいな作品でしたな。
猫の恩返しは、まあ、アニメじゃないなら、なんでやればいいの?みたいな作品だし、耳をすませば、にしても劇中劇みたいなアレはアニメじゃないとやはり表現は困難なわけで。
でも、おもひでぽろぽろのような、物語と関係ない特殊効果的な部分でアニメである必然性を主張、みたいなところもまるでなし。

じゃあ、面白くないのか、というと別にそういうこともないんだけど。

まあ、こういうのもありなんだろうな、と。
漫画を読む感覚でアニメを見るというか。原作がそういう感じなのかね。漫画を読むように小説を読む、的な作品なのかな。残念ながら氷室冴子の小説は読んだことがないので。そういう作品なのかどうかは解らないわけですが。

カット割にしても、アングルにしても、全然実写でよいじゃんって感じの表現しかされてないように思う。
もしかしたら、気がつかないところで、あちこち実写では不可能なアニメ的表現ってのがあったのかも知れないけど、良くも悪くも自然で、全然そういうのは意識しなかった。

物語は、なんつぅか、こう普通の青春もの?みたいな感じ。
毒もなければ、手に汗握るような場面もなし。
青春のほろ苦い思い出をもう一度、のような印象の、ほのぼのとした「ああ、青春だねぇ」な感じの物語。
好き好きはあるかな。
ま、たまに見る分には悪くない。毒気を抜きたいときとかね。
あんまりアニメもみないから解らないけど、こういうのももしかしたら結構あるのかも知れないなぁ、今の時代。

|

« DELL AIO 926 | トップページ | Screenletsの顛末 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17432301

この記事へのトラックバック一覧です: 海がきこえる:

« DELL AIO 926 | トップページ | Screenletsの顛末 »