« Screenletsの顛末 | トップページ | トランスフォーマー »

screenletsとeclipse

screenletsを自作しようと思って、統合環境を探してみたら、eclipseというのがよいらしいのでインストールしてみた。
javaの開発環境として有名なのは知っていたけど、pythonでも使うとは知らなかったぜ。(笑)
ただ、体が完全にMSに毒されているので、MSに似た環境じゃないと厳しいかなぁ、と思ってたんだけど。
厳しかった。orz
普通にテキストエディタであれば、MonoDevelopの方が個人的には使いやすいかも。
ただ、python用環境なので、それは困難かも。
ま、それはぼちぼち調べながら、ってことで。

最初日本語表示にならんから、なんだかなぁ、と思ってたんだけど、インストールするパッケージが不足してただけでしたな。ま、この辺は私の手落ちなので。

自作のscreenletsは何をするものかというと、シンプルに録画予約がある場合には、それを表示する、ってだけのもの。
ないならないなりに表示したい。
#No Dataとかね。

ちょっと既存のscreenletsを調べて見ると、ClearCalendarが使えそう。
ってことで、それを元に大幅に改造。
っても、不要部分を削除して、必要なデータを収集するとこを書くだけ、だけどね。
screenletsみたいな、基本的に情報表示のみ、ってアプリケーションの場合には、既存というか、母体にシンプルなサンプルプログラムがあれば、割と簡単に作成できるし。
で、ここまで書いてきて思ったけど、Exampleってscreenletsがあるから、それを母体にした方が良かったのかも。そっちは、元ネタになりそうなベクターグラフィックがなかったんで、ClearCalendarにしたんだけどね。ま、今更か。

完全にローカル環境向けのツールなんで、公開の予定はないけど、こういうのがラクに書けるってのは、Linuxの魅力かなぁ。
最近、仕事ではプログラムを書かないので、こういう詰まらないツールを作って、そういう部分のストレスを解消ってのはよいかもしんない。

んでも、うちに帰ってまでプログラム書くのも如何なものか、とは思うけどな。

で、それはそれとして、screenlets書くのに、ベクターグラフィックが必要なんで、inkscapeとやらを使ってみたけど、初めて使うのに、割と直感的に操作できたんで、けっこう優れもののツールなのかも。
ただ、こういうベクターグラフィックで、綺麗なアイコンとか作るのは大変そうね。
センス云々じゃなくって、単純に手間が大変そうって話だけどね。

今後、なんかscreenletsとか書いて公開とかすることになると、使い方のドキュメントとかも必要になるわけで、案外OpenSourceな開発って、デザイン含め、総合力が必要なのかも知れないなぁ。

|

« Screenletsの顛末 | トップページ | トランスフォーマー »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17449798

この記事へのトラックバック一覧です: screenletsとeclipse:

« Screenletsの顛末 | トップページ | トランスフォーマー »