« 叫 | トップページ | GIMPによるハガキ印刷 »

Linuxの使い道

会社にて。
「Linuxいいよ〜、Linux」
「何に使うんですか?」
「いや、普通に。ネットとかメールとか」
「別にWindowsで出来てるからいいです」
という会話がありましたが。

ま、そういうことなんだろうな、と思ったり。
別にWindowsで出来ていることをわざわざ別のOSをインストールしてまで実現する必要は全然ないんじゃないの?ということなのかな。

そりゃそうだ。ごもっとも。(爆)
じゃあ、なんであんたはLinuxなんて使っているの?となると。
最初はGIMPだったかなぁ。当時はWindows版がなかったので。
フォトショップ買うほどお金もなかったし、単に年賀状とかちょっとした写真の加工とかにフォトショップの金額を払うほど使い込む予定もなかったし。
あと、そのタイミングでXPが発売になったんだよね。Windows2000からXPへの移行が、意外に高かった。
たしかXP Proで32000円くらいだったような気がする。
なんじゃそら、みたいな。

そんで、当時流行り出したLinuxへの移行を決めたような。
でも、昔のPCはまだ2000動いているけどな。
#家族が使っているので。

で、現状考えると。
別にね、GIMPはWindows版があるし、こちらも結構安定して使える。
PCを新たに購入したので、WindowsVistaが使える。
そんじゃ状況なのに、なんでまだLinux(Ubuntu)使ってるの?と。

こりゃ、もう面白いから、しかないのかな。理由としては。
先に上げた理由っぽいのはきっかけでしかないというか。
別に、理由というほど強力なものではないですよね、今となっては。

仕事で使う以外に、PCを使い込むなんてことは、それほど機会も多くないと思うんですよ。
基本はネットとメールかなぁ。
もちろんコミュニケーションツールとして、日々ネットが欠かせないなんてひともいるかとは思うけれども。
私の場合は、それほどPCは生活の中で大部分を占めているわけではないし。
#プライベートでは。仕事ではPCなしなんて考えられないけど。

他に趣味がないでもないので、別にPCはツールとして使えればそれで十分なはず。

でも、Linuxなんだよなぁ。
メインで使ってるから、当然、なんか出来ないことがあるのは困るわけで。
持っている物はきちんと対応させて使いたいってのが本音ですよ。

で、単純に使えるようになるまでのその過程が面白い。
大抵のことがそうだと思うけれども、今まで出来なかったことが、努力や工夫で出来るようになるってのは面白いことだと思うんですね。

例えば、ケーキを焼いて、綺麗にスポンジが膨らまなかったけれども、コツを掴んだら綺麗に出来た、とか。
こういう達成感って快感だと思うんですよ。面白いことなんじゃないのかな、と。
Windowsの場合、それがない。
もちろん、ツールとしてのPCと考えるならば、使えるようになるまでの過程にスキルを要求しちゃダメで、Windowsは非常に正しいというか、よく出来ていると思うんですが。
よく出来ているだけに、面白さがなくなってしまったんじゃないかな、と。
マニアな発想なんだと思いますけど。
普通にただ使いたいだけのひとに、導入するまでの手間とか、そういうのは理解できないし、不要なコストのはずなんで。
そういう不要なコストを掛けて快感を得るんだから、これは立派な趣味なんだろうなぁ。

として考えるならば。
同じ趣味のひとじゃないと理解できないよね、Linuxで何するの?なんてことは。
Windowsで苦労なしにできるんだから。

してみると、世界中に同じ趣味のひとがたくさんいるわけだ。
雑誌も何冊も出てるし。
そういう意味ではすごい趣味なのかも。(笑)

「Linuxで何するんですか?」
って聞かれたら、今後は、
「趣味に使います」
って答えることにしよう。

|

« 叫 | トップページ | GIMPによるハガキ印刷 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17698848

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxの使い道:

« 叫 | トップページ | GIMPによるハガキ印刷 »