« ミート・オブ・ザ・デッド | トップページ | LinuxでTV視聴(改善) »

NTFS-3gとsudo

だいぶ疲労感が増してきた年明けとNTFS-3gの設定ですが。
諦めかけているんですが、色々と情報収集は行っています。
で、結論としては、localeまわりにNTFS-3gのバグがありそうな気配なんですが、対策の通りに実行してもダメなので、もしかしたらUbuntu、つまりディストリビューションの問題なのかも知れません。

そこで、スクリプトを書いて、使うときにマウントする、という手段を取っていたんですが、さすがに面倒になってきたので、ログイン時にマウントしなおす方法を取ることにしました。
で、これで上手く行くんで、おそらく起動時のマウント順番とか、必要なモジュールがロードされていないとか、マウント時には、まだlocaleが設定されていないとかあるんじゃないかと思います。

で、肝心の方法なんですが。
ちなにみ、fstabではオートマウントに設定しています。
ま、あんまりその必要もないんだけど、万一起動に必要なファイルがそっちにあったりすると面倒なことになるので、くらいの話。
っても、たぶんフォントくらいだと思うけどね、Windowsと共用の必要があるのは。
でも、現時点ではフォントは必要なものだけLinux側にコピーして使ってるわけですが。
#年賀状ソフトについてきたフフォント。一度Windowsにインストールしないと取り出せないことになってる。

自動起動スクリプトを書いてセッションから起動するようにしました。
内容は単純にアンマウントして、再度マウント。
マウントするにはroot権限が必要なんで、sudores編集して、パスワード入力をしないようにしてます。
厳密には、そのスクリプト実行時だけパスワードなしがベストなんだと思うんですが…。
ま、とりあえずこれで不自由はなくなるから、これで運用かな。

|

« ミート・オブ・ザ・デッド | トップページ | LinuxでTV視聴(改善) »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17596288

この記事へのトラックバック一覧です: NTFS-3gとsudo:

« ミート・オブ・ザ・デッド | トップページ | LinuxでTV視聴(改善) »