« Cairo-Dockで勘違い | トップページ | NTFS-3gとsudo »

ミート・オブ・ザ・デッド

原題は「DEAD MEAT」。屍肉?なのかな。

先日見たゾンビものがあまりに不甲斐ない結果だったので、「まとも」なゾンビものが見たくなってDVDからレンタル。
ホントは違うのを見たかったんだけど、そちらはレンタル中だったので、パッケージの女優が好みのものでチョイス。(爆)

アルバトロスコアといえば、「女子高生チェーンソー」が記憶に新しい(見たのが最近ってだけ)けれども。
他にも、なんだかなぁ、ってタイトルの多いレーベルで。

これもかなり笑えるのかな、と期待半分、諦め半分。
結論としては、まあ、良かったかな。普通にゾンビものでした。
特に謎があるわけでもなく、普通に展開していくんですが、ドキドキハラハラな展開あり、主人公の工夫や機転で助かる場面もあり、意味のないお色気シーンもなく、無意味に暴れるゾンビもないし。

社会風刺の色が強いゾンビものだけれども、おそらくこれはBSE問題の頃の作品なんですかね。
牛に襲われた農夫が病気になって…云々の説明が序盤でありますが。
女性がやけに強いのも、ゾンビものならでは。(笑)
冷静に、そして適当に悲鳴を上げて、でも強い。うんうん、これでこそゾンビもののヒロイン。(爆)

途中、色んな場面で政府の干渉をイメージさせるシーンもあり、背景を想像させるのもよい。もちろん、劇中での種明かしはないけれども、これはそういう類の映画じゃないから全然OK。
まるで背景を語らないのは論外だけれども、すくなくとも観ている方には想像できるだけの情報は提供しないと、シチェイションに納得できない。
観客に想像させて、納得させて、それからドタバタにならないとゾンビものは面白くないかなぁ。
もちろん、伏線張りまくって全然使わないなんてのもあったりするから、その辺は監督の腕次第なのかも知れないけれども。
#観客のレベルってのもあるかもね。暗黙の了解ってのもあるし。
ゾンビものに慣れたひとなら、そこそこ満足できる内容じゃないかと思いました。
ま、よくを言えば、ヒロインのサービスカットがあってもよかったかも。:-P

|

« Cairo-Dockで勘違い | トップページ | NTFS-3gとsudo »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17590419

この記事へのトラックバック一覧です: ミート・オブ・ザ・デッド:

« Cairo-Dockで勘違い | トップページ | NTFS-3gとsudo »