« THE POLAR EXPRESS | トップページ | THE JUON(呪怨) »

デッドマンズ・プリズン

なんつぅか。タイトルから解る通り、ゾンビものなんですけどね。
最近ゾンビものというと、やはりバイオハザードが有名だとは思うんですが。

これは別のDVDをレンタルした時に、CMを見て面白そうだなあと思って借りてきたわけですが。
シチェーションとしては面白いと思うんですよ。
凶悪犯罪者のみを収容した監獄で、いわゆるゾンビウィルスに感染した人間が運び込まれて、感染が広がってしまう、という設定。

メイキングで監督が、「今までにないゾンビを目指している」というようなことを言っていて、まあ、確かに走るゾンビってのは珍しいかも知れません。(なかったわけじゃないと思うけど。)

ただ、逆にね、「生き生きした死体」って矛盾が映像から迫力というか、恐怖を奪っているわけで。
「生き生きしている」なら、別に群衆でも充分怖いわけですよ。
そういうパニックものはあるわけで。主人公が悪者にされて、群衆から追いかけられるようなものですな。

しかも、死ぬし。ゾンビなのに。
もちろん、これまでのゾンビも死にました。条件が揃えば。
でも、その条件を見つけ出すまでに若干のドラマがあるはずだし、何の演出もないまま、「いや、ゾンビなんで」みたいに頭撃ち抜いて死ぬのもなんだかなぁ、と思うわけですよ。

全体にね、役者も条件も悪くないと思うんですよ。面白くなる条件も揃ってると思うし。
特殊メイクにしても、確かに悪くない。もちろんVFXの部分も多かっただろうし、SFX自体は使い古された手法を使っているから、確実にイメージを作れるしね。
スタッフの技術も決して悪くなかったと思うんですよ。

でも面白くない。orz

思うに、監督がダメなんじゃないのかな、と。
演出家がついていたのかどうかは解らないけれども、もう、あちこちで演出不足、説明不足が目立ってる。
まあ、Z級映画として、見た目の気持ち悪さだけを目指したってんなら、普通のゾンビもんでよかったんじゃないかと思うし、逃げ出せない、って前提の監獄を舞台にするなら、そういう演出を考えるべきだったと思うんですよ。

もう、別に監獄である必要全然ないし。ストーリー的にも映像的にも。
普通に病院とかで全然OK。
例えば、犯罪者がゾンビになることで生きてくる演出ってのもありそうなんだけど、全然そういう見せ場もなかったし。
なんか、いくつか説明シーンぽいところもあったけど、全部ムダ。意味なし。

あんまりね、ゾンビものではずしたなぁって思うことがないんだけど(単にゾンビものが好きだからだけど)今回は、大外しでしたな。
もう少しちゃんとしたゾンビものが見たいなぁ。

ちなみに。
ドーン・オブ・ザ・デッドは面白かったですよ。

|

« THE POLAR EXPRESS | トップページ | THE JUON(呪怨) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17584716

この記事へのトラックバック一覧です: デッドマンズ・プリズン:

« THE POLAR EXPRESS | トップページ | THE JUON(呪怨) »