« VirtualBox 1.5.4とUSB 2.0 | トップページ | VirtualBoxとCDMA1X »

ま、いろいろ

やっぱり年賀状作成は、Linux上でやりたいなぁ、と思って、OpenOfficeでの作成にチャレンジしてみたけれども。
めんどうくせぇ。orz
やっぱり専用品って良くできてるわ。
もちろん、手間をかければ割と簡単にできるのは解るんだけど。
面倒なのは、連名の処理。
ないなら、空にしたいんだけど、ある場合には敬称を付けたい。
そういう処理は本来マクロで行うべきなんだと思うんですが。
差し込み印刷時のイベント処理としてマクロ化可能かどうかが解らなかった。
なんとなく可能な気もするけど、正直調べるのも大変。
最初、用紙のサイズ設定が解らなくてかなりいらっときたし。
自分専用として、マクロ組んで対応するのは無理な話ではなさそうだけれども。
専用品を購入して、Windowsで出来ているのに、わざわざ開発するだけのメリットがない。orz
#個人的に。

この辺開発して、マクロを展開すれば、もしかしたらOpenOffice普及に一役買うかも知れないけどね。
ま、そこまでしてOpenOffice使う気もないというか。
年賀状ソフトは去年買ったばっかりだし、VirtualBox上での動作も確認できたから、それほど真剣に解決する気持ちになれないってのが大きいかなぁ。
もちろん、年賀状印刷の際に、わざわざリブートしてWindowsに切り替えなきゃならないって手間を考えると、もしかしたら開発したかも。(笑)
今は、VirtualBoxでケリがついてるから、そういう需要がワタクシの中にないってことで。

初音ミク。
かなりすごいと思ってたんだけど、世間様ではそれほど評価されていないみたい。
もしかしたら、DTMの世界では当然の技術で、別にすごくもなんともない、って可能性はある。
個人的には音声に関してはBeepの世界で止まってたので、ものすごく新鮮だったんだけれども。
もう、この技術が普及すれば、自動販売機とか、ATMとか、もっと柔軟性のある音声解説とかしてくれるようになるんじゃないの?みたいな。
#音声データのROM容量考えるとどうなの?ってところはある。でも、解説をすべてPCMデータで持つこと考えれば、データ量は飛躍的に少なくできるはず。
最近の家電のしゃべりっぷりはすごいので、そういうところにも応用できるようになるんじゃないのかな、と思っていたり。
歌えるんだから、自然に話すこともできるよね、的な発想。
でも、DTMの世界では別に大した技術ではないっていうんなら、話は別。
なんでかっていうと、これまで、その技術そのものはあったにも関わらず、一般に、その技術が普及してないから。
普及しない技術はいつまでもコストがかかるから、最終的には別の技術に淘汰されてしまう可能性が高い。
例えばロータリーエンジンとかね。
技術的な課題があっても、普及することで徐々に解決していくから、まずは一般に受け入れられることが大事。
マニアにしか認められない技術ってのは、結局他の一般に認められた技術に淘汰されるのが流れなので。
で、2chのDTM板とか覗いてみたら、初音ミクって、やっぱり綺麗に歌わせるには、それなりに手間がかかり、難しいものらしい。
ニコニコ動画とかで発表されているのは、やっぱり職人芸的な側面が強いみたいね。
ここは誤解があったなぁ。
もっと簡単に一般人でも歌わせることができるもんなのかと思ってた。
だから普及しているのかな、と。
まあ、知名度はあっても、普及してないと考えるなら、初音ミクもオタカルチャーのひとつに過ぎないってことになるのかも。
萌とか、別にキライじゃないけど、割とどうでもいい要素だったんだけどなぁ。
でも、初音ミクのブレイクの理由は、技術じゃなく、萌なんだろうね。ちょっと残念。

WindowsVista。
もう全然起動してないです。(爆)
起動する必要がまるでないので。
TVもUbuntu上で見れるし。
プリンタ替えたから、印刷もUbuntu上でできるし。
Windowsじゃないと出来ないことって今のところワタクシのPC作業の中ではないかなぁって感じ。
前述の初音ミクでも使うなら話は別かも知れないけど、たぶんWine上で動かすか、VirtualBox上で動かす努力をして、NGなら触らなくなるんじゃないかな。(笑)
#ま、買わないんですけど。DTMそのものには興味はないので。

最近一番やってるのが、録画したTVのCMカットかも知れない。(笑)
いずれにせよ、Windowsは、ほんとタマにしか起動しないだろうなぁ、今後も。

あ、それとKTorrentの不安定な原因は、もしかしらSCIMのせいだったのかも。
QT_IM_MODULEの設定がximになっていて、KrretingKardがそのせいでまとに動作しなかったので。
QT_IM_MODULE=scim-bridge
とすることで、KreetingKardは安定したので、KTorrentもその可能性があるかな。
GNOMEでKDE関連のアプリケーションを使うときには注意が必要ですね。
#日本語入力しないから、関係ないような気もするけどな。

ま、いろいろと。本日はこんなもんで。

|

« VirtualBox 1.5.4とUSB 2.0 | トップページ | VirtualBoxとCDMA1X »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17768758

この記事へのトラックバック一覧です: ま、いろいろ:

« VirtualBox 1.5.4とUSB 2.0 | トップページ | VirtualBoxとCDMA1X »