« やめときゃよかった | トップページ | VirtualBox 1.5.4とUSB 2.0 »

いまさら年賀状環境

プリンタを買ったので。(笑)
裏面は、GIMPによるフチなし印刷が可能となったため、ぶっちゃけ、困ることはないと思う。
印刷品質も、PPDで選択できるし、補正はGIMP上でやればよいので。

問題は表面で、こちらはWindowsのソフトはよくできてる。
Windowsソフトの常として、この手の個人用のツールの場合、たいていのことはそのソフト内でクローズするように作成されているのが普通なんじゃないかと思う。
なので、年賀状ソフトに、(簡単な)画像編集用の機能とか、データベース機能みたいなのが組み込まれていて、だけどクローズした世界だから、あんまり他の作業に流用できるデータとかにならなかったりする。
だから、年賀状ソフトとかは大変だ。
他社製品からの乗り換えを考慮して、データコンバーターとかも作らなきゃならない。
いやはや、製作会社は大変ですな、まったく。(爆)

とまあ、作り手側の苦労にちょっと思いを馳せたところで。

年明けすぐに年賀状環境もないもんだとは思うけど、年末近くなってから慌てるよりも、年初に環境を整え、例えば、「今年は暑中見舞を出さねばなるまい」と急に思い立っても対応できるようにしておきたい。

というのは言い訳で、冒頭にも書いたとおり、新しいプリンタを買ったので、試してみたいだけだったりするけれども。(爆)

Linux上で、年賀状ソフトを作成するとなると、結構面倒かも知れない。
まあ、DBにはMySQLとかあるし、住所を編集するなら、OpenOfficeで帳票イメージではなく、表イメージで編集できるようにしとけば問題ないんじゃないかと思う。
表イメージの編集と言うのはとっつきにくいかも知れないけど、なれれば絶対そっちの方が楽だし。
入力UIが必要なら、それは別途なんかで作ればいいんじゃないのかな。
それほど大変なもんでもないし。
んでも、帳票イメージでデータ編集ってことにすると、項目の追加とかが実は面倒になったりするので、絞り込みしたいとか、そういう場合にどうかなぁ、と。
これはDB使っても、CSV等のファイルつかっても同じことだと思うけど。

とまあ、年賀状ソフトの仕様なんぞ考えても自分で作るわけではないので。(爆)

適当に検索してみると、KreetingKardというのが有名らしい。
ちょっとインストールして使ってみる。
見た目は、かなりそれっぽいが。

ちょっと試した感じではうまく行かない。orz
住所の縦書きを選択しているんだけど、横書きで出てたり。
連名が綺麗に揃わなかったり。
まあ、バージョンもまだ若いんで、これからかも知れないけれども。
とりあえず、ハガキに住所を印刷するという機能にしぼって開発した方がいいんじゃないんですかね、と思ってみる。
他の裏書とかは、そういうのが得意なソフトに任せて、印刷もそっちでやるようにして。
住所録から、絞り込みをして、連続で印刷できて、ちょっとしたフォントの変更とレイアウトがきちんとできれば、それで十分なような気もするけど。
惜しいといえば惜しいんだけども。

それから、個人的な用途として、差出人を複数管理したいというのがあるので、KreetingKardにはその機能もないため、ちょっと使えない感じ。

年賀状印刷は、しばらくはまだWindowsでやるしかないのかな。
まあ、仮想箱上のWindowsで十分だけどさ。

|

« やめときゃよかった | トップページ | VirtualBox 1.5.4とUSB 2.0 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17760086

この記事へのトラックバック一覧です: いまさら年賀状環境:

« やめときゃよかった | トップページ | VirtualBox 1.5.4とUSB 2.0 »