« DELLのプリンタ(その後) | トップページ | Ubuntuとi686カーネル »

scimと日本語入力

scimというか、anthyの問題っぽいんだけど。
以前にUbuntu雑感で記載した通りに、日本語入力には、まだまだ問題があるんじゃないかな、と思ってたりするんですが。>Linux

そんでも、新しいバージョンのanthyに変えることで結構不満は少なくなってるかな、という気もします。
一番の問題点は、やはり慣れているせいか、短い文節で変換してしまうこと。
なかなか長文を一発変換しようとはしないっていうのが一番の問題っぽい。
それはそれで、人間の方を改善して行かないとならないんだけれども、anthyの学習が、そういう長文節変換前提で行われているようなので、なかなか今のままでは育成も出来ないって事になるわけで。

なんつぅか、誤変換したときに、いちいち間違っている文節まで移動して変換し直すのが面倒って言うのが一番の理由なんですよね。>短い分節変換
これは以前も書いた通りに、DOSのころ、FEPという名前の日本語入力を使用していた頃の名残りで、どうしても短い文節で変換して行かないとなかなか望んだ形に変換してくれなかったんですよ。連文節変換と言っても、今のような綺麗な形での連文節変換ではなくて。
MS-IMEとかも、最初の頃のものは、連文節変換に的を絞ってたみたいで、短い文節で変換すると、結構なんだかなぁ、って変換をしてくれたもんですが、最近のバージョンになると、直前の確定情報から今変換している文節の情報を類推して変換してくれるみたいで、あまり困らなかったわけですけれども。
anthyの場合には、短い文節で変換してしまうと、そもそものアルゴリズムに合わないのか、かなり変な変換をしてくれる。これは辞書の方の単語の使用頻度なんかの情報が私の入力する日本語にあってないってだけかも知れないんだけど、2chとかみるとどうもそうでもないような。
それでも、バージョン上がればだいぶましな変換をしてくれるみたいなんで、今後は自分の辞書の強化と、なるべく連文節で変換して、文節の区切りの学習を行わせるのが吉なんでしょうね。

で、今この文章書いてて思ったけど、短い文節で区切るのは、タイプミスが多くて文字の修正を結構頻繁に行うのも理由の一つだと気がつきました。
まあ、もう少しきちんとタイプ出来るようになれよ、ってな話は置いといて、自分なりの防衛策だったんでしょうねぇ、効率アップのための。

ないものねだりしても仕方ないし、そもそもATOKは昔から好きじゃないので、今はanthy使うしかないのが現状です。
変換が変なのは使い込んで解消していくしかないんでしょうね。
ま、仕事以外で使うんで、それほどタイプすることもないんだとは思うんですが、頑張ってどうにか使い易くしていかないと。

別にanthyにこだわるつもりは全然ないので、なんかよいのがあったら教えてください。(爆)

|

« DELLのプリンタ(その後) | トップページ | Ubuntuとi686カーネル »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17621451

この記事へのトラックバック一覧です: scimと日本語入力:

« DELLのプリンタ(その後) | トップページ | Ubuntuとi686カーネル »