« Cairo-Dock | トップページ | 動画ファイル結合 »

Ubuntu雑感

まあ、今更という面もあるにはあるわけですが。
正直、特に困ることもなく、普通にPCライフは送れているわけで。

困ることがある場合には、デュアルブートのWindowsからやるとか、VirtualBoxのWindowsからやるとか、まあ、手はないでもないのかな、と。
基幹となるネットワークで困ったことがないため、大抵のことはネットから調べてどうにかなるのが実状かと思うし。
そもそもインストールCDというかLiveCD上でもネットにつなげるんだから、インストール時のトラブルにも対処はしやすいわけで。

で、肝心の使い勝手だけれども。
日本語入力がね、少し、というかまだまだなのかな。
WindowsではMS-IMEを使うわけですが、これはほとんど困らない。もちろん仕事でも使っているし、変換効率や学習なんかも、長年使い慣れている感もあって、Windowsのバージョンが上がっても、ホント変わらない感じ。

対して、Linuxのというか、UbuntuのAnthyは、決して悪くはないと思うけれども、MS-IMEと比較してどうなの?とか思ったりすることもあるかなぁ。

PCは使ってきて長いので、ホント昔のIMというか、FEPの時代から比べれば格段に良くはなっていると思うんですよ。
メモリも大きく使えるし、辞書もファイルサイズの制限なんてほとんどないしね。
#ま、厳密にはあると思うんだけども。
で、まあ、昔からの癖で、分節をね、細かく区切って変換しちゃうわけですよ、比較的短い分節で変換してしまう。
その場合、IMEの文脈解釈とか全然役に立たないから、実はATOKとか昔から使いにくかった。
今も、もしかしたらATOKに慣れた人が使うのなら、結構使いやすい変換なのかもしれない。
とか思って、長めに入力して変換してみたら、割と正しい変換するし。
これはもう、使い方を考える時が来ているのかも知れないなぁ。

とかなんとか、Ubuntuってよりは日本語入力の雑感になってしまったわけですけれども。
日本人だし、ブログとか書いてたりすると、結構こういうところが重要だったりするわけで。

もちろん、仕事で仕様書とか書いてても、この手のIMEの性能は非常に重要ですけどもね。
あっちはまあ、Windowsでやらざるを得ないというか。
べっつに、MS-Officeが神じゃなくても良いんじゃないの?とは思うけど、印刷して持っていったドキュメントと客が自分で印刷したドキュメントのレイアウトが微妙に違うってのもどうかと思ったりするわけですよ。基本的には、Word/Excelで出来ればバージョンも合わせたいのが本音かなぁ。

普通に使う分にはOpenOfficeで全然困らないです。正直言って。
ホント初期バージョンから比較すればOpenOfficeもよくなりましたよ。驚いたしね。

前はVineLinux使ってて、バージョンアップ時は、それなりに手間かけてバージョンアップもしてたけど、Ubuntuになって、バージョンアップも簡単だし、普通にネットとかブログとか書いている分には全然困らないし、いい時代になったのかなぁ。Linuxにとって。

その手の普通にWindowsでもやるよね、って感じのソフトはたいてい日本語化されていて、メニューどころかヘルプまで日本語になってたりするからね。
商用ならともかく、ほとんどはボランティアの方々の努力なわけでしょ?
頭が下がりますよね、ホント。

そういう努力をしてくれるひともいるんだからさ、使いましょうよ、みんなで。
Ubuntuだけとか言わないから、Linuxをさ。もっとデスクトップ用途で。
そうすれば、いろんな周辺機器のメーカーもWindowsだけじゃなく、Linux用のドライバも出してくれるようになると思うよ。
もちろん、CD等メディアで製品に付属しろ、とか言わないから、せめてメーカーサイトで公開してくれれば、全然文句ないから。

とまあ、結局、不満はドライバってところが落ちかな。
他はもう全然。自分で必要なところはカスタムできるしな。
#ま、一部の人間だけかも知れんけど。

|

« Cairo-Dock | トップページ | 動画ファイル結合 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17560752

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu雑感:

« Cairo-Dock | トップページ | 動画ファイル結合 »