« scimと日本語入力 | トップページ | 美紗緒辞書 »

Ubuntuとi686カーネル

そういや、Ubuntuってi386カーネルなんだよね、ってgenericでインストールしていて、intelの場合。
amd64とかの場合は解りませんが。

なんでかなぁ、と思ったりしたけど、まあ、そういう場合も多いんだろうね、ってことで。
でも、標準はそれでもよいとして、デスクトップ用途で使っている場合に、今時386系ってことがあるんだろうか、と。
最低でもPentiumIIIなんじゃないのかなぁ、と思うんですよ。
なので、amd64カーネルというか、ライブラリも含めてなのかな、そういうのを用意してくれるなら、ついでに、i686のセットも用意してくれればいいのに、とか思ってみたり。

で、検索しみてるとそんな要望もあるにはあるみたいなんだけれども。
でもないのは仕方ないから、自分でビルドするかなぁとか思ってビルドだけしてみたんですが。
結局インストールするのはやめました。
カーネルだけi686でも意味ないんじゃないかな、と思ったのが一つの理由と、そもそもUbuntuなんだから、その辺はこだわらないでもいいんじゃね?ってのが大きい。

Ubuntuの精神ってほどのものじゃないけど、Ubuntuの役割っていうのは、デスクトップ用途にLinuxを浸透させることにあるんじゃないかな、と思ってる。
だから、インストーラは簡単だし、LiveCDで導入可能かどうかもチェックできる。
それで、Linuxの世界に触れて貰って、普通は、デスクトップ環境として使う方向になるんだと思うわけで。
そこから踏み込んで、使用しているCPUに最適化されたカーネルやライブラリが欲しいとか、不要な機能は削ってしまって軽量化したいとかって話は、もうパワーユーザーだよね、と思うんですよ。
Linuxのパワーユーザーであれば、もうそういうのは自分でやってください、でいいのかな、と。
やりたい人はやれる環境にあるわけで、そういうのを望むなら自分で勉強してやればよい。
だってWindowsと違って出来るんだから。
自分の責任において手間をかけてやればいいんじゃないかと思うんですよ。
で、なにもその場合はUbuntuにこだわる必要もない。
Gentooとか、そういうディストリビューションがたくさんあるわけで、どこまでも個人向け、やりたいこと向けにカスタマイズして使う環境があるわけですよ。

難しいですよ。簡単じゃない。そうなると、ドライバやらなんやら自分で導入する必要がある。
カーネルのモジュールだって色々自分で考えないとならない。面倒ですよね。
でも、パワーユーザーなら、それくらいやったらいいんじゃないか、と思うんですよ。
で、出来たものを提供するくらい太っ腹でもよいのかな、と。
自分で手を動かせば出来る環境にあるのに、やらないでお願いだけするのも虫がよすぎるのかな、と思った次第で。
まあ、今後バージョンが進んで個人のユーザーの環境が変わって、i686が普通になれば、そういうカーネルがリリースされると思うんだけど。
今はまだ、Ubuntuは、i386でいいのかな、と思ったわけです。
文句は言わずにあるもので我慢するか、自分で手を動かすか。
Windowsだったら、黙って使うわけでしょ。(笑)

|

« scimと日本語入力 | トップページ | 美紗緒辞書 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/17621618

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuとi686カーネル:

« scimと日本語入力 | トップページ | 美紗緒辞書 »