« Cairo-Dockの設定(「常に前面に」の解除) | トップページ | PulseAudioの設定追加 »

FireFoxとかいろいろ

結局、FireFoxは2.0に戻して。
特に3.0だからという目玉機能を使うわけでもないし、性能上がったっていうけど、それほど体感もできない程度だったので、まあ、正式版出るまでは2.0でよいかな、とか。
日本語化パッチが適用できないとか、プラグインが使えないとか、どちらかというとデメリットの方が大きかったのも理由。
目に見えて高速とか、ちょっとした使い勝手の不便さを我慢して享受できるメリットの方が大きいなら継続して使用したと思うけど、比べるとデメリットの方が大きい感じ。

で、その他、ScreenletsでNowPlaingというのがあったんで、使ってみようかと思って。
そしたら、Audaciousに対応してない。orz
まあ、他のプレイヤーでもいいかな、と、いくつか試してみて、結局Rythmboxに落ち着いたんだけど、これもアイコンとかなんとかいろいろと気に入らない点が出てきたので、NowPlaingそのものをやめてしまいました。
別にAudaciousで困らない感じだったので。

してみると、定番アプリってのはやっぱりよくできているってのが解るなぁ。
使われる場面や、ユーザー数が多いほど、意見は多数寄せられるわけで、そのなかからよりよい意見を吸収していけば、機能やUIは洗練されていくわけだから、長く続いているもの、ユーザー数が多いもの、つまり定番アプリはどんどんよくなっていくんだろうねぇ。
もちろん、定番アプリからの派生も考えられるけど、そういうのは、少数の人のツボにはまる感じなんじゃないかな、とか。
たいした機能のないツールレベルのものなら、バグは限りなく少なくしていけるだろうから、そこから先、バージョンが上がっていくならば、機能とUIが洗練されていくってことに他ならないと思うし。
ま、機能を一個追加すれば、バグは確実に一個以上追加されるし、UIの変更は、さらに多数のバグを内包するから、安定したら手を出さないってのもツールだとひとつの選択かも知んないけどさ。

仕事に使ってるわけじゃないPCだから、いろんなことをやってみようとか思うけど、その場合、やっぱりLinux環境ってのは適しているんじゃないかと思うわけで。
まあ、Windowsでもフリーのツールはたくさんあるから、もしかしたらWindowsでも困らないのかも知れないけど、APTとかよくできていると思うんだよね。
自動的にバージョンアップされるのもよいと思うしさ。
気に入ったツールで頻繁に使ってるものなら、サイトもチェックするし、場合によってはRSSによって通知もあると思うけど、Windowsでは、WindowsUpdateにはフリーのアプリケーションを含めることはできないわけで。
その点、LinuxというかUbuntuなら開発者がリポジトリさせ用意していてくれれば、さほど意識することなくバージョンアップなんかの通知は受けられるわけで。

そういや、そういう点ではGetDebってリポジトリ持ってるのかなぁ。

|

« Cairo-Dockの設定(「常に前面に」の解除) | トップページ | PulseAudioの設定追加 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40241171

この記事へのトラックバック一覧です: FireFoxとかいろいろ:

« Cairo-Dockの設定(「常に前面に」の解除) | トップページ | PulseAudioの設定追加 »