« OpenOffice.orgのUIフォントがビットマップ | トップページ | チップファンを追加してみた。 »

Avast!4 for Linuxをインストールしてみた

もはやネタでしかないんですけど。(笑)
ウィルススキャンソフトのLinux版があるようなので、試してみました。
ここからダウンロードして、dpkgで簡単にインストールできます。
設定も含めて、特に問題なし。悩むところもないんじゃないかと思います。

GUI版とCLI版が同梱されているので、普段はCLIでcronとかでスキャンして、必要に応じてGUIで処理、とかでいいんじゃないでしょうかね。
エンジンに関しては、なんとも言えません。(笑)
まあ、Windows版を同じエンジンということで、定評あるウィルススキャンなので、信用することにしましょうか。
今のところ、あまりLinuxでウィルスというのは聞きません。
まあ、シェアが非常に低いので、ターゲットにならないんだと思います。
だからと言って、ないわけでもないんじゃないかな、とも思いますけど。
基本的には、実行可能なファイルを開かない、とか、野良ビルドの物は使わない、とか、うかつにシェル実行しないとか、その程度のことで、ウィルスはかなり回避できると思っています。
これはWindowsも含めて、ですけど。
それと、Linuxの場合、かなり権限が厳しいので、ユーザーの知らないうちにシステムになんか潜り込ませるのは、困難なんじゃないのかな、とか。
まあ、それも安全神話かも知れないので、なんらかの対策はしとくに越したことはないんじゃないかとは思います。
このツール、Windows版と違って、常駐型ではありません。
任意にスキャンして、検出→削除等の対応ってことになります。

定期的に手動で行うのもよいとは思いますけど、やっぱり定期的に実行するのなら、cronとかでやるのがスジなのかな。
設定も面倒じゃないみたいなんで、気になる向きには、設定しとくといいんじゃないでしょうかね。
ま、今回はネタです。(笑)

|

« OpenOffice.orgのUIフォントがビットマップ | トップページ | チップファンを追加してみた。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40616679

この記事へのトラックバック一覧です: Avast!4 for Linuxをインストールしてみた:

« OpenOffice.orgのUIフォントがビットマップ | トップページ | チップファンを追加してみた。 »