« kernelcheck再び | トップページ | Gutsy雑感 »

Hardyへの移行テスト

VirtualBoxにHardy α6をインストールして、現行環境の移行をテストしてみた。
基本的にはバージョンアップでHardy移行の予定だけど、万一、再インストールなんて話になると、また一から環境構築はたまらん、って話で。
ある意味、一から環境構築した方が、使ってないアプリケーションのインストールとかしないから、今使う、という前提では環境は洗練されるのかもしれない。
そういう考え方があるのはよいとして。
そんでもやっぱり使いたいものはインストールしときたいじゃない、って場合に一からは大変。

で、SBackupで保存されているパッケージのリストをSynapticに読み込ませて、適用すると、少なくともリポジトリにあるものは全部インストールされる。
#もちろん、リポジトリにないものはインストールされない。

設定ファイルは全部HOMEにあるわけだし、これで環境移行はかなり手間がなくなった気がする。
まあ、野良リポジトリとか、そういうのは別途追加してから作業する必要があるけど、それは仕方ないでしょ。

こういう、システムに非常に影響の大きなテストをする際、VirtualBox等の仮想環境ってのは非常にありがたいもんですな。
なるべく自分の環境に近いものを、あらかじめ用意しておくと、何かと便利かも。
今までそういう使い方をしてなかったから、ちょっと開眼。(笑)

これで、SBackupもようやく意味のあるものになったのかな。今まではホント、転ばぬ先の杖、でしかなかったからなぁ。

|

« kernelcheck再び | トップページ | Gutsy雑感 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40504060

この記事へのトラックバック一覧です: Hardyへの移行テスト:

« kernelcheck再び | トップページ | Gutsy雑感 »