« サムライマスターをネジ止め | トップページ | Hardyへの移行テスト »

kernelcheck再び

以前に挫折したkernelcheckなんですが。
再びチャレンジしてみました。
というのも、ぼちぼちHardyだしな、みたいな。(笑)
それまでまだ一月くらいあるので、その前にやれることはやっとこうか、くらいの感じだったんですけど。

前回チャレンジした時には気がつかなかったんですが、nvidia-kernel-moduleとか、ALSAドライバなんかのdebファイルも作ってくれるんですね。
kernelcheckによって、作られたそれらのdebファイルをインストールすれば、普通に全然問題なく、今までと同じような環境で起動します。
今回、新カーネルで、GV-MVP/RXが標準サポートになった、というのを確認したかったのと、せっかくカーネルビルドするなら、PAEを試してみようと思ってました。
#一応、CPUオプションはCore2にしてみましたけど。違いは解りませんな。(笑)

で、これがすんなりGV-MVP/RXは認識。これまでの音声早回しもありません。完璧。(^^)v
PAEも普通に問題なく動作しているようで、メモリの認識がほぼ4GBとなりました。
いや、問題一気に解決、みたいな。(爆)

あとの問題は、それほど大きくないけど、ヘッドフォンの問題くらいになりましたな。
ま、これはモデル名が解れば解決しそうなんだけど。

一応、手順を整理。
1.kernelcheckでカーネルをビルド。linux-imageのdebファイルがインストールされる。
2.kernelcheckが作ったnvidia-kernel-2.6.xx.x_169.12-0ubuntu3+86_i386.debをインストール。
3.kernelcheckが作ったalsa-modules-2.6.xx.x_1.0.14-1ubuntu2+86_i386.debをインストール。
4./lib/firmware/2.6.22-14-genericを2.6.xx.xとしてコピー。
※xx.xxはカーネルのバージョン

これで再起動して、新しいカーネルを選択すれば、普通に新しいカーネルが起動するみたいです。
というか、ワタクシの環境ではこれでうまく行きました。

ちなみに、VirtualBoxを使っているので、新カーネルで起動後、以下のコマンドを実行する必要がありました。
sudo /etc/init.d/vboxdrv setup
これで、新カーネルに対応したドライバを作成してくれるようです。
PAEカーネルだと遅い、なんて話もネットで見た気がしますが、残念ながら、ワタクシには解るほどの差ではないようですね。
ま、これでしばらく使ってみます。Hardyが出るまで。

|

« サムライマスターをネジ止め | トップページ | Hardyへの移行テスト »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40502331

この記事へのトラックバック一覧です: kernelcheck再び:

» R4 [R4]
マジコンってマジで凄い♪マジコンについてブログでいろいろ書いてみました〜 [続きを読む]

受信: 2008年3月19日 (水) 12時03分

» DS マジコン [DS マジコン]
最新のDSマジコンが激安でした! [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 18時52分

« サムライマスターをネジ止め | トップページ | Hardyへの移行テスト »