« Ubuntuの起動時間短縮 | トップページ | VLCメディアプレイヤー »

ベクシル

なんか、CMで見て、見たいなぁ、と思ったアニメなんですが。
CGアニメですよね?これ。
映像見て、たぶんそうだろうなぁ、と思ってたんですが、スタッフロールが、ゲームのスタッフロールみたいだったんで。(笑)

CGの使い方としては、こんなのもアリだなぁ、という映像で、割とよかったと思います。
音楽、効果音なんかも結構迫力あったし。
ストーリーとか設定には好き好きあるから、まあ、それは見た人が判断すればよいとして、映像的には十分満足の行く出来ではないかと思いますね。
キャラクターの影の付き方がアニメらしいのは、狙ってやってるんだと思うし。
たぶん、技術的には、自然な影にできたと思うんですよ。でも、やってない。
アニメらしさを狙った映像的な演出なんだと思うんですけどね。
背景やアイテムが、非常にCGらしいので、その辺若干違和感がないでもないんですが。
最初、キャラクタだけセルアニメかな、とちらりと思ったくらい。(笑)
ま、でもそんなことしたら、却って大変だと思うんで、全部CGアニメだと思います。

ロボットとか、メカメカしいものが、結構小物として出てきて、それらが割といい感じだったりしますね。動きとか。
ロボットっぽいなあ、って感じで。
逆に、人間の絵が少し違和感だけど、まあ、その辺は狙っているのかな、と思わないでもないです。
CGが得意とするような爆発シーンや、メカ物のアクションシーンは非常によくできていて、逆に、映画ってよりは、ゲームのムービーシーンのような印象になってました。
よいか悪いかってのは個人の主観になるので、よいとも悪いとも言いませんけど。
全体に、よくまとまっていて、難癖のつけるところがないかなぁ。
FFとは違う方向でCGアニメをやってるみたいなんで、こういう方向で洗練されていくのも、今後のアニメとしては面白いのかも知れませんな。

あんまし関係ないんですが。
ラブです2とかいうものの、ベンチマーク&体験版ってのがダウンロードできます。
もちろん、Windowsでしか動きませんが、なんだか3DCGでエロゲらしいので、ちょっと見てみました。(笑)
ああ、こういう3Dもありなのね、と思った次第。(爆)
なんつぅか、こう、いわゆる萌えキャラをどうやって3DCGにしているんだろう、なんて思ったんですが、テクスチャ次第で、こういうふうにできるんだな、と妙に感心。
考えてみれば、美少女フィギュアなんてのもあるくらいなんだから、3DCGにできないはずもないんだね。ただ、3DCGのライティングとかシェーディングとか、妙にリアルになるところは、きちんとアニメっぽくやってあるみたい。

結局、ベクシルも、そういうアニメっぽいキャラの演出をしているわけで、そういうのが可能なんだから、ラブです2とやらも、狙って演出しているんだろうとは思います。
んでも、どうなんだろう。3DCG化することに、それなりに意味はあるんだと思うけど、かかる開発費も結構なもんじゃないかと思うんですが。
回収可能なのかな。
などと余計な心配をしてみたり。

とまあ、途中余談も入りましたが。(笑)
CGアニメが好きなら、一度は見といた方がよいように思います。
今後のCGアニメの方向性を決める作品のように思いますね。
#ま、他のを知らないんで、もしかしたら、CGアニメの方向性は、すでに決まってるのかも知れませんけどね。

|

« Ubuntuの起動時間短縮 | トップページ | VLCメディアプレイヤー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40599269

この記事へのトラックバック一覧です: ベクシル:

« Ubuntuの起動時間短縮 | トップページ | VLCメディアプレイヤー »