« Sambaの設定 | トップページ | Ubuntuの起動時間短縮 »

やっぱりVistaすごい

VistaのSP1が出てたみたいなんで、久しぶりにVistaを起動して、一応、パッチ当て。
ま、これは全然問題なく完了。
速くなったとかなんとか言われてますけど、そもそもVista上で作業をしないので、全然解りません。(笑)

以前にもフリッカーの件で、Vistaには触れましたけど。
今回、自作DVDをVistaで再生してみました。
…やっぱりVistaでの再生が一番綺麗じゃないでしょうかね。WindowsMediaPlayerでの再生だったんですけど。
自作のDVDメニューもほぼ完動。
驚くことに、Window表示でも、前画面表示でも、フリッカーは微塵も感じられません。
こりゃすげぇ。(爆)

VistaのAeroはその手のフリッカー対策に注力しているってのはWebで見てましたけど、こうまで同じソースで、綺麗さに差があると、ちょっと考えちゃいますよね。
ちなみに、Ubuntuの方がXPよりはフリッカーが小さいと思います。
個人的な感覚ですが、フリッカーに関しては以下の状態かと。
Vista >> Linux > XP
簡単に確認したければ、Windowを開いて、タイトルバーを掴んで、左右に振ってみてください。
特に、壁紙が黒系のものだと解り易いですけど。
XPだと、かなり激しくちらつきます。
Vistaだとチラつきは皆無です。
Ubuntuだと、若干、横線が入ります。

もちろん、垂直同期に連動すると、画面の描画回数は少なくなります。
ベンチマークなんかも、画面の描画回数をカウントするようなものは、垂直同期以上の値にはならないでしょうね。
でも、実際、それで充分なんですよ。垂直同期以上の回数で画面を書き換えても意味ないし。
フリッカーが激しい方が画面上、動画は汚くなるので。
液晶テレビなんかには、残像防止のための、仕組みとして、フレーム倍増の機能があるようですけど、あれも、おそらくは秒間120フレーム書き換え可能なTVの仕組みがあって、つまり、垂直同期が120Hzになっていて、その上で、秒間60フレームを補完するんじゃないのかな、とは思いますけど。
#調べてないので、解りませんが。
画面を秒間60回しか書き換えないのに、120回書いても意味ないですからね。
#一番ありそななのが、ソースが30フレームなので、60フレームにして描画、かな。

色々と調べて行くと、動画再生に関しては、現時点ではVistaを超える環境はPCではないのかも知れませんね。
もちろん、Macは解りません。持ってないので。(爆)

|

« Sambaの設定 | トップページ | Ubuntuの起動時間短縮 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40591559

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりVistaすごい:

« Sambaの設定 | トップページ | Ubuntuの起動時間短縮 »