« Cairo-Dockが非日本語化! | トップページ | Ubuntuでヘッドフォン使用時にスピーカーからも音が出る問題 »

しばらくぶりにVistaを起動

特に用がないので、Vistaなんぞは全然動かしてなかったわけで。
ちょっと試してみたいソフトがあって、Vistaを久しぶりに起動してみたわけですが。

ま、試してみたいソフトはWindows用のハードウェア関係のものだったから、Wineで試してNGだったため、Vistaで試しただけなんですがね。
それはそれとして。

フリッカーとかちらつきとか、最近気にしているわけですけれども。
そういう点では、やはりWindowsはよくできている。
あんまり気にしてなかったんですが、気にしてみるとVistaって結構背景が暗くなる場面が多い。こう、フェードアウトしていく感じ。
それが実にスムーズにフェードアウトする。もう、ちらつきなんて一切ない。
対してCompizなんかでも、そういう場面があるけど、どうしても、ね。ちらつきが出たり、フェードがスムーズに見えなかったり、ってのがある。
結局、WindowManagerとアプリケーション、またはWindowManagerとグラフィックドライバの連系が、Windowsほどじゃないんだろうな、と思うわけで。
いろいろと、Linuxの世界でも先進的な試みが行われていて、GUIに関しては、どちらがよいとか悪いとかではなく、それぞれによいものがあるのかな、って感じにはなってきているけど、「違和感がない」こともGUIの性能のひとつとするなら、まだWindowsの方が優位に立っている感じはする。
もちろん、これは設定一つで解消する可能性もあるし、Linuxと組み合わせるハードウェアの問題の場合もあるので、ワタクシの環境一つとって、それがすべてである、と言い切るつもりもないんですが。
比較的最近のメジャーなハードウェアであれば、Windowsならそんな苦労は全然ないし、買ってきたそのまま、ストック状態で期待した性能が出ているものであるのが普通だし、それが要求されていると思う。
けどまぁ、Linuxはそうじゃないかな、みたいな。

以前にも書いたけど、もはや趣味の領域なんで、「この設定をするとよくなった」とか、ひとつひとつ積み重ねていくのが楽しいわけで。
あちこちから情報を収集するのもまた、それなりにね。面白い。ついでに別の情報が入手できたりして。

なんで、別にLinuxを非難するつもりはさらさらないんだけど。まあ、両方使ってる人間の目からみた違い、って程度の話なんだけどね。

ま、それはそれとして。

かなり久しぶりにVistaを起動したもんだから、セキュリティアップデートが溜まってたらしく。
再起動の嵐。orz
あげくにFlashPlayerまでバージョンアップして、再起動してくださいとか言われる。
アプリケーションのバージョンアップで再起動ってなによ?みたいな。
デバイスドライバとか組み込んでるわけ?とか思ったり。
まあ、IEのプラグインを組み込んでいる都合上、再起動した方が確実なんだと思うけど、いくらデスクトップ用途と言っても、こんだけ頻繁に再起動させられるとかなりめげる。
まあ、セキュリティアップデートは仕方ないさ。カーネルとか、ドライバとか、その辺にパッチがあたるのかも知れないからね。
#その辺一切記述がないけど、まあ、調べれば解る範囲だし。
でも、アプリケーションのアップデートで再起動させるのはなしでしょう、やっぱり。
普通にIEを終了してください、とかでもいいんじゃないの?それができない仕組みになってるとしたら、ちょっとおかしいよ、Windows。

とまあ、シンプルなアプリをちょっと試すためだけに4回も再起動させられたこころの叫びでした。(爆)

|

« Cairo-Dockが非日本語化! | トップページ | Ubuntuでヘッドフォン使用時にスピーカーからも音が出る問題 »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40321513

この記事へのトラックバック一覧です: しばらくぶりにVistaを起動:

« Cairo-Dockが非日本語化! | トップページ | Ubuntuでヘッドフォン使用時にスピーカーからも音が出る問題 »