« Anthyって | トップページ | IIIMFのステータスウィンドウを消す »

ATOK買っちゃいました。

まあ、どんなもんだろうなぁ、と思ってATOK買っちゃいました。(^^;
で、今ちょっと変換中なわけですれけども。
さてさて。
なんつぅか、ちょっと色々と設定しないと、Compizのおかげで、画面がうるさいです。(笑)
変換候補が、ぼやんと浮き上がってくるのは、正直うざったい。orz
キーバインドは、使い慣れたMS-IMEと同じにしてしまいましたが、まあ、この辺のカスタマイズには問題ないようです。
ただ、まあ、ATOKだから仕方ないのかも知れませんけど、こう、画面に「あ連R漢」とか出てくるわけですよ。これって消せないのかなぁ。
普通にツールバーだけ出てくれれば、それでいいんですけれども。
あと、微妙に変換中のフォントも変かも。
ま、この辺は、ネット見ながらおいおい設定していくつもりですけれども。
他にも問題あるかも知れませんしね。
とはいえ。
変換効率はいいわ、さすがに。
そういう意味ではちと感動かも知れない。でもね、ぶっちゃけ、WindowsのMS-IMEでも、この程度の変換はしてくれるので、正直Anthyの負けなのかな、とね。
残念といえば、残念な話。

閑話休題。
ATOK X3 for Linuxなんですが。
ダウンロード販売、ってので購入しました。
購入後、すぐにインストール可能ってのはありがたいですけれども、媒体ないので、クラッシュ時にはちと困ることになるのかも知れません。
もちろん、複数回ダウンロードは可能なんですけれども。
まあ、ダウンロードファイルとシリアルをCD-Rにでも焼いておけば事足りる話ではあるんですけれどもね。
う〜ん、なんか入力が重い気もする。
ATOKのせいだよなぁ、これ。
変換効率考えると、間違いなくAnthyよりATOKの方が優れている。
でも、入力の軽さとか考えると、もしかしたらAnthyの方が軽いのかも。
び、微妙。(^^;
軽さを取るか、変換の効率を取るか。
ま、効率か。(爆)
ATOKの威力については、これからぼちぼちと研究&報告の予定とさせていただきます。
まあ、ねぇ、しょっちゅうこんなもん書いてるワタクシとしては、日本語入力の効率の良さってのは、ストレス解消につながるからねぇ。
MS-IME程度の機能で充分だったんだけど、まあ、仕方ない。
考えてみれば、Linuxのソフトに初めて金払った気がしますな。
まあ、それだけの価値があると思いたいですけれどもね。

ちなみに。
インストールはすごく簡単でした。
Ubuntu用のパッチも出てるし。
なんか、ネットで見てたら、もう少し苦労しそうな話が散見されていたので、もしかしたら、ダメかも、なんて思ってたんですけど。
この程度の手順で綺麗にインストールできるなら、なんの問題もないですね。
無理だとは思うけど、Ubuntuに標準搭載されたら、結構、日本では普及するんじゃないですかねぇ。(爆)

|

« Anthyって | トップページ | IIIMFのステータスウィンドウを消す »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40768908

この記事へのトラックバック一覧です: ATOK買っちゃいました。:

« Anthyって | トップページ | IIIMFのステータスウィンドウを消す »