« ココログの編集画面とATOK | トップページ | Avidemuxでいろいろ »

ぼちぼちですな。Hardyリリース

予定通りなら、今週末、ですかね。
日本語版というか、Japanチームの作業が一日遅れっぽいので。
まあ、ワタクシの場合、すでにβ版から使用していますので、イマサラなところはあるのですが、やはり楽しみは楽しみなわけで。

現時点で、かなり動作は安定していると思います。
特に落ちるアプリケーションもなくなって来ていますし。
#ATOKだけは話は別だけれども。
個人環境で考えれば、Gutsyの時に使用していたGetDebから取得してたアプリケーションを、ほぼ全てHardyのものに差し替えてから、環境は安定したように思います。
その点から考えると、GutsyとHardyでは、結構ライブラリに差があるのかも知れません。

ATOKも、Ubuntu正式サポートをうたってしまった以上、半年に一度、動作確認はすることになったわけですよね。
ある意味大変。(笑)
定期的にUpdateを流すようになるのでしょうか?
現在、起動時によく解らないエラーを吐いて落ちていることがあるんですが、その場合、再度IIIMXを起動してあげれば特に問題なく使用可能なので、ATOKの、というよりはIIIMFの問題のように思いますけどね。

一番の懸案だったピンクの影も、Ubuntuのモジュールをしないことで対策できてしまっているので、ちょっと如何なものかとは思っているんですが。
これは、Hardyで対応されるのかなぁ。LTSだから、セキュリティパッチは3年当たるはずですが、ドライバのバージョンアップだけでは、モジュールの差し替えはないんですよね、きっと。
Hardyに関しては、なんか8.06なんてのも予定されているみたいで、8.04に間に合わなかったいくつかの機能が、そこれでFixされるもんだとは思っていますが、そこに間に合えばいいんですけどね。
そもそもの原因ってなんだったんだろ。

あと、Ubuntuの標準カーネルも、ぼちぼちPAE対応でビルドして欲しいなぁ、なんて思ってます。
もちろん、サーバモジュール入れればOKなのは解っているんですが、クライアントというかデスクトップ使用でも、最近メモリの暴落で4GBオーバーでメモリ搭載されている方は少なくないと思うんですよね。
#要不要の別はともかく。
その際、Vista32Bitでは3GBしか使えないけど、Ubuntuなら4GB使えるんですよ、使えますよ、ってのは、ちょっとしたアピールになるんじゃないかと。
もちろん、Vistaだって、64Bit版を使えば4GBオーバーでは使用可能です。
でも、メーカーから提供される際、プリインストールで入っているのって、32Bit版がほとんどじゃないですか。
そこに自分でメモリを増設しても3GBしか認識されてない。
なんだろうなぁ、って気持ちになると思うんですよね。
そこで、Ubuntuですよ、みたいな。(笑)
Ubuntuなら、4GBきっちり認識して、メモリを使えますよ、と。
#まあ、フラットに全部使えるわけじゃないけど。
PAEの弊害が何か解ってないから、気軽に書いてますけど。(爆)
そろそろ、というか今の時期のリリースなら、そういうアピールがあってもいいのかな、とね。
β版入れてて思いました。
ついでに書いてしまうと。
標準のカーネルのオプションだけ変えてビルドする方法が解りません。orz
パッチもきっちり当てて、同じビルド番号で作成したいのに。
やり方が解らないんだよなぁ。
やりたいのは、PAE有効にするだけなんですけど。
どっかに記載がないもんかなぁ。

|

« ココログの編集画面とATOK | トップページ | Avidemuxでいろいろ »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40962780

この記事へのトラックバック一覧です: ぼちぼちですな。Hardyリリース:

« ココログの編集画面とATOK | トップページ | Avidemuxでいろいろ »