« バイオハザード3 | トップページ | フライト・プラン »

LUMIX DMC-TZ5を試す

試すと言っても、いきなり本番運用だったりますけど。
町内のイベントがあり、家族が参加するので、撮影係。(笑)

今回、チェックのポイントは以下の通り。
1.屋外での手ブレ補正はどうなの?
2.ズーム機能の速度と性能は?
3.動画はどんなもんなんでしょうねぇ?
4.電源OFF→ONで撮影可能になるまでの体感速度は?
5.そもそも撮影しやすい?

くらいですかね。
イベントが屋外なので、屋外での使用感をメインにチェックチェック。(笑)

では、順番に。
1.屋外での手ブレ補正はどうなの?
明るいところでの手ブレ補正は特に問題ありません。
フラッシュはオートにしてましたので、逆光でも当然問題なし。
ズームを頻繁に使用してましたが、液晶に映る画像はぶれまくっていても、フォーカスが合った時点で、ブレも止まります。
先ほど写真取り込んでチェックしましたが、ズームしているものと、していないもので大差はありませんでした。
いい感じです。

2.ズーム機能の速度と性能は?
ズーム速度ですが、まあ、この手のイベント撮影程度であれば問題ない速度かと思いますし、かなり寄れます。さすがに光学10倍。(笑)
このズームに関しては、大満足ですな。
先に触れたように、明るい屋外であれば、ズームしても手ブレは気になりません。
カメラお任せで、綺麗に撮れます。
ただし。
フォーカス合うのに、一呼吸待ちます。
シャッターチャンスを狙うような使い方だと、もしかすると、逃すことがあるのかも。
そこ前提で、それほど動きの速くないものをズームで撮る分には、気にならないかな。
フォーカスが対象に合ったことを確認してから、シャッターを切ることになると思うんですが、そういう意味では、ズームを変更してから、フォーカスが合うまでの時間、レンズを対象に向けてから、顔とか認識するまでの時間が、気持ち掛かります。
AFカメラなんで、ある程度の時間は仕方ないと思いますが、ここが0.1秒切るくらいだと、使ってて気持ちいいんじゃないでしょうかね。
体感ですが、0.1秒〜0.5秒くらいの感覚です。
もちろん、1秒も待たないので、これで十分な価格性能比とはいえると思いますけど。
高価な一眼デジカメ使ったことないので、以前の5年前の最新型から比較しても、楽に綺麗に撮れていると思います。

3.動画はどんなもんなんでしょうねぇ?
動画も試してみました。
ワタクシ所有のビデオカメラは、10年前の最新型(爆)なので、もしかしたら、今のデジカメの動画性能の方がいいのかも?とか思いまして。
ファイルシステムの制約から、一回の撮影が8分とネットで調べておりますが、時間の制約以外では、結構綺麗に撮れます。
メモリカードが貧相なので、チキンのQVGAで撮影しましたが、フォーカスもきちんと対象に合ってましたし、ズームも使えて、音声もそこそこ拾ってました。ま、音声はモノラルになっちゃいますけどね。
8分の制約がないなら、充分ビデオカメラの代わりになるかな、と思いましたね。
まあ、現実的には、静止画メインで、どうしても必要な場合、動画も可能、程度に考えておいた方がよいようですね。もちろん、これは画質等の性能の話ではなく、時間の制約のため、ですけれども。
ワタクシ所有のビデオカメラと比較するなら、ぶっちゃけ、こちらの方が、画質よいです。(爆)
#PCに取り込む手間まで考えると、こちらに軍配かな。アナログで等倍で取り込む必要があるので。メモリカード、またはUSBで取り込み可能なことを考えると、こっちで撮った方が、あとの加工が圧倒的に楽。

4.電源OFF→ONで撮影可能になるまでの体感速度は?
取り立てて早いわけじゃないですな。でも、遅くはないです。
電源入れて、構えて撮影、って手順なら、全然OK。待ちません。
まあ、この程度のことはすでに店頭で確認済みですけど。
ただ、メモ代わりに、起動、撮影、終了、の手順を何度も繰り返す向きのカメラではないはずなので、そういう用途がメインなら、このモデルは対象にならないでしょうね。
もっと、軽量コンパクトで、起動の速いものがありそうです。
個人的に。
メモ代わりのカメラに要求する機能としては、以下のものでしょうかね。
・軽い。80gくらいだといいかなぁ。
・薄い。ワイシャツの胸ポケットに入る大きさで、厚みは5mm程度だとよいです。
・早い。起動が0.1秒とか、いいですね。
・寄れる。マクロ機能に自動で切り替わるシーン認識があるとよいです。マクロは5cm程度で充分かな。
・ズーム。3倍程度の光学ズームが欲しいですね。なくてもいいですけど。(笑)
・暗所に強い。メモなんで、室内撮影が多いと思うんですよ。暗いところに強いのが欲しいですな。
・手ブレ補正。片手で撮れることが大前提かな。片手で取り出して、指先で電源ON。補正は全自動で、シャッター押すだけ。
・安い。2万円以下でお願いします。(爆)
とまあ、適当に書きましたが、TZ5で満たしているのは、数項目しかありませんし。
TZ5でメモはないですな。(笑)

5.そもそも撮影しやすい?
当初、大きさとレンズのバランスを気にしてましたが、以外に持ちやすいですな。
グリップが出っ張っていること、背面の撮影/表示切り替えスイッチの脇も盛り上がっていて、親指をひっかけるのにちょうどよい出っ張りになってます。
片手で撮ると手ブレが出てしまうので、両手持ちにはなりますが、その場合、左手の持ち方がちと微妙なんですよね。
レンズにかかることはありませんが、マイクをふさいでしまうことがある。
まあ、普段音声は拾わないので、気にするところではないのかも知れませんが、両手持ちした時にも、指がかからないところにマイクがあると、なお良かったのではないでしょうか。
機能としては、音声録音は、静止画にメモ代わりに音声を吹き込める、ということですので、上面にあるのは仕方ないのかも知れませんけど、ON/OFFスイッチの前方とかに仕込めるのなら、そちらの方が、ありがたかったですね。
各種スイッチですが、これがワタクシの手の大きさにはドンぴしゃの位置にありますので、色々と片手で操作が可能になってます。
片手で持ったときのホールド感が悪くないので、各種スイッチ操作にも不安がないですね。
指先に力を入れると、ホールドが悪くなって、とか、手がずれてとか、スイッチの配置によっては、かなり使いづらくなりそうですが、その辺のインターフェースは練り込まれていると思います。操作性は、以前のものよりもよいですな。

常時携帯するような代物ではないので、アレですが、イベント撮影用と割り切って使うなら、かなり強力なデジカメなんじゃないでしょうかね。
もちろん。
ワタクシ、カメラが趣味ではないので、他の似たような機種と比較して物言ってるわけではありません。
本格的な使い方をご所望の方は、そういうサイトで情報を集めるとよいかと思います。
ワタクシが、TZ5を褒め称えているのは、自分で金出して買ったものが、ダメだった、と思いたくないという自己暗示的な要素も強いです。
なんでもそうじゃないかと思いますけど、ダメ出しして、ダメなとこばっかり見てても詰まらないじゃないですか。
良い点探して、「やあ、こういうところが素晴らしいね!」って思ってた方が幸せですよね。(笑)
カメラに限った話ではありませんが、得手不得手はあるでしょうから、適材適所で使っていくのが、物にとっても、人にとっても幸せなんじゃないですかね。
というわけで、ワタクシ、まずはTZ5のファーストインプレッションとしては充分満足のいく性能であったと思います。
あくまでワタクシの用途では、ですよ。

|

« バイオハザード3 | トップページ | フライト・プラン »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40784931

この記事へのトラックバック一覧です: LUMIX DMC-TZ5を試す:

« バイオハザード3 | トップページ | フライト・プラン »