« 練習、練習(TZ5) | トップページ | ATOKとUbuntuとワタクシ »

カスタムカーネルでorz

「カスタムカーネル」で書いた方法で確かにカスタムカーネルは作成出来るんですが。
そのままだと音が鳴らない。orz
ちょっと突っ込んでないので、どうして音が鳴らないか、までは調べてないんですけど、単純にカーネルビルドして差し替えただけでは、Ubuntuの標準のカーネルと同じには出来ないっぽい。

で、カーネル元に戻そうとしたら、今度は自前で入れている本家nVidiaドライバが起動しない。orz
入れ直そうとしてインストーラ起動すると、今度はヘッダファイルがないとか言って怒られる。
これは、カーネルをごちゃごちゃやってる際に、KernelCheckで入れたソースを一度削除してしまっていたため。
ビルドされてないと、必要なファイルが生成されないみたい。
だんだんわけ解んなくなってたんで、とりあえず、元のカーネルソースのビルド設定を行って、nVidiaドライバはインストール可能な状態に。
#途中までビルド進めて強制終了。orz
で、今は元の状態に。

Hardyのカーネルって、2.6.24.3が母体になっているみたいで、まあ、わざわざバージョン落とさなくてもいいかな、という感じ。
結局SpeedStepもOC状態では有効にならないし。
問題がある状態ならともかく、KernelCheckで作成したカーネルで問題も出てないから、これはこのままでいいのかな、と。
なんとなく、野良ビルドカーネルってのも気持ち悪いような気がしてたんですが、カスタムビルドするともっと気持ち悪い状態になりそうなので。まあ、当面このまま。
Ubuntuから、オプションカーネルでC2DとPAEを有効にしたカーネルが出てくれればなんの問題もないんですが。
ま、仕方ない。

|

« 練習、練習(TZ5) | トップページ | ATOKとUbuntuとワタクシ »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40998256

この記事へのトラックバック一覧です: カスタムカーネルでorz:

« 練習、練習(TZ5) | トップページ | ATOKとUbuntuとワタクシ »