« 我が家の桜(2)TZ5にて | トップページ | マスター・アジア死んじゃった »

単純なもので

コメントが嬉しい。(笑)
根が単純なもので、素直に嬉しい。
こちらのブログにコメントいただいているのも嬉しいですし、どこかにおじゃました際に、残したコメントに、さらにコメントされているのも嬉しい。

なんでかね。
いただいているコメントが、優しいものだからですかね。
なんとなく、人の優しさに触れた気がして、嬉しくなるのですかね。
自分がひとりじゃないことを知って安心するんですかね。
#別にひとりで暮らしているわけではありませんし、働いてもいますけど。(笑)

生活をしていると、次第に、生活範囲が固定されてしまって、自分の属するコミュニティが確定してしまいます。
もちろん、多少の人の出入りはありますが、積極的に他のコミュニティにコミュニケーションを図りに行かないと、その数はほぼ固定されるものと思います。
友人、知人、同僚、取引先。
まあ、数はたくさんいるものと思いますけどね、たいていの場合。

でも、あんまり変化はないと思うんですよ。

で、ネットの場合。
積極的にコミュニケーションを図らないと、非常に受動的なメディアであると思います。
情報を取りに行くことに対しては積極的なメディアでありますが、ことコミュニケーションのためのメディアと考えると、情報発信を含め、掲示板、ブログ等、書き込まないことには、誰ともコミュニケーション出来ない。
まあ、これは現実世界でもそうかも知れませんけど。

ネットのすごいところは、生活習慣も住んでいるところもまるで違う、下手すれば考え方すら近くないひとと、コミュニケーションが取れてしまうところ。
まあ、同時に恐ろしいことでもあるかも知れませんけど。
#顔の見えない怖さ、ってのは間違いなくあると思います。

新しもの好きなんですよ、ワタクシ。そういう意味ではネコと一緒。(笑)
自分の知らないことには、すごく興味があるし、自分の知らないことを知っているひとと話をしてみたい。
もちろん、本で読んだり、TVで見たりして、知っているつもりになっていることはたくさんあります。
でも、体験として、経験として知っているわけではないので、借り物の知識でしかない。
そういうワタクシの知らないことを知っている人と話をすることで、質問することで、体験ではないけれども、細かいところまで想像することが出来ると思うんですよね。
イメージが掴めれば、たいていのことって出来るんじゃないかと思います。
具体的であれば、なおのこと。
出来ないことって、イメージできないこと、なんじゃないかと思ってます。
#自分が100m走で10秒切る姿は想像できない。(爆)
なので、イメージするためのネタを持っている人と、コミュニケーションできるのって素晴らしい、と。

自分と違う考え方をするひとにも、すごく興味があります。
どうして、そういう着想になるんだろう、どうしてそういう発想が出来るんだろう、というところがポイントで、結局は自分が持ってないものを持っているひとに惹かれている、ってことなんだと思うんですけどね。

友人、知人とは話をしていても、お互いよく知っているだけに、反応が読めます。
腹の探り合いは、取引先とやります。(笑)

でも、損得勘定抜きで、よく知らない方からいただけるコメントは、とても嬉しく思います。
もちろん、どんなひとかも解りませんし、もしかしたら皮肉られているのかも知れませんが、まあ、そこはそれ。
言葉なんて、解釈の仕方で、善意にも悪意にも取れるものですから、可能な限り善意に受け止めてみましょうか。
だって、その方が嬉しいですから。

ま、なんとなくとりとめもない内容ですが、コメントいただいた皆様に、感謝の意をこめて。

|

« 我が家の桜(2)TZ5にて | トップページ | マスター・アジア死んじゃった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前にも書きましたが、以前から読んではいたのです。RSSリーダーにも入ってるモノで。

Ubuntu使ってる人でプログラムに詳しい人のブログってあんまり無いんですよ。知ってる範囲では、って事ですが。
どっちかと言うとUbuntuって「Linuxアプリの新規ユーザー向けプラットフォーム」ってニュアンスで(笑)。逆にプログラム詳しい人ってFedoraとかCentOSとかDebian行っちゃうんですよね。だからここのブログって「Ubuntuユーザー+プログラム知ってる人」が書き手だ、って意味では結構貴重なブログだと思っていました。

>皮肉られているのかも知れませんが

全然そんな事ないです(笑)。

投稿: cametan | 2008年4月10日 (木) 20時34分

プログラム知っている人、って。
まあ、知ってはいますが、Windowsですよ、ワタクシは。(笑)
家帰ってまで、面倒なことはなるべくしたくない、って思ってはいますけど、弄っちゃうんですよね、なんでか。
Ubuntuな理由は、何度か書いてますけど、PC買ったときに、Vineが動かなかったから、なんですよね。初心者向けだから、とかの理由ではなく。あと、アップデートが半年に一度、ですかね。Vineだと安定指向なのか、あまり頻繁にアップデートないし、カーネルとか追いかけると、結構手間掛かるし。
日本ローカルだから結構野良ビルドのものが使えないし。
てな理由が重なってUbuntuだったんですけどね。
その時、FedoraとかCentOSとか知りませんでしたから。
Debianは知ってはいましたけど、こちらも安定指向と思っていたので。

まあ、たいしたこと書いてませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
ネタ振りなんかもよろしく。(笑)

投稿: かおりん | 2008年4月10日 (木) 21時41分

>Ubuntuな理由は、何度か書いてますけど、PC買ったときに、Vineが動かなかったから、なんですよね。

しかし、コッチの勝手なイメージですが、

「VineからLinuxに入った人」

ってUbuntuからはじめてLinux、って人よりは知識量が完全に違う、とか思ってるんですよね。
んで多分そうでしょう。

>あと、アップデートが半年に一度、ですかね。Vineだと安定指向なのか、あまり頻繁にアップデートないし、カーネルとか追いかけると、結構手間掛かるし。

確かにVineのホームページ見る限り

「既に死んでる」

って印象が強いんですよね。失礼ですが(笑)。
あと、現代的な意味で言うと

「お試し用のLiveCDが無い」

ってのはかなりイタいです。「インストールする/しない」の二者択一しかないですからね。
今後、Linuxとか特定ディストロの認知度を上げるには「LiveCDが存在するか否か」ってのが重要な選択肢になっていくような気がします。

>Debianは知ってはいましたけど、こちらも安定指向と思っていたので。

安定指向でしょうねえ。
まあ、UbuntuがDebianのフロントライン、って感じになってるんじゃないでしょうか?

>今後ともよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: cametan | 2008年4月11日 (金) 10時17分

かおりんさ~ん!また来てます、kintounです。先日からどうもありがとうございました。今、ちょっと家庭の事情でなかなか本腰を入れてサイトの手直しすることができないんですけど、解決したら始めてみます。pc
 
それと、上記記事を読ませていただいて、非常に共感しております。私も…何というか、親族&友人共に『類は友を呼ぶ』状態なので、親しい友人が何を考えているのか分かっちゃうんですよ。で、何も変化が起きないまま時が流れていく…まわりにYESマンしかいない状態です。でも、YESマン以外の人と知りあって直接お話するのも怖い。(←ワガママ?shocksweat01
 
ブログやHPの世界ではコメントも含め、知らない人と出会えて、知らなかった知識を得ることもできる。私にとってはかおりんさんはその代表です。
 
これからもまたちょいちょいお伺いさせていただきたいと思っております。新しい知識を吸収させて下さい。(←と、ドラゴンボールのセルのようなことを言っちゃったりして。)(←そもそも…ご存知でしょうか?coldsweats01

投稿: kintoun | 2008年4月11日 (金) 15時19分

kintounさん、コメントありがとうございます。
ドラゴンボール。漫画は読んだ覚えがありますが・・・。遙か昔なので、忘れてしまいました。(^^;
リアルな世界だと、どうしても周りの人間は似たような考え方に染まるというか、共存するために似た方向に落ち着きますよね。
考え方がまるで違う人間とは、一緒にいるのは辛いと思うんですよ。
#リアルでは。
なので、朱に交われば赤くなるとか、そんな言葉があるんじゃないかと思ってますけど。

ネットの場合、朱に交わって、赤くなる前に引くことも出来るし、赤くなることも出来るし、ってところがあるのかな、と。
まあ、色々と受けた情報に感化されるのは、リアルもネットも同じかも知れませんけどね。(笑)

投稿: かおりん | 2008年4月12日 (土) 02時55分

cametanさん、毎度コメントありがとうございます。(笑)
>ってUbuntuからはじめてLinux、って人よりは知識量が完全に違う、とか思ってるんですよね。
ん〜知識量は、いばれるような知識量ではありませんけどね。
ネットで探して、探して構築している最中というか。
>「お試し用のLiveCDが無い」
これは同感ですね。特に新PCなんかで動作するかどうか確認したい時LiveCDがないのは結構致命的じゃないかと思いました。
まあ、今後もぼちぼちと。
とりあえず、ディストリビューション乗り換える気はないので、Ubuntuのまま、しばらくやって行こうと思ってますけどね。

投稿: かおりん | 2008年4月12日 (土) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40840559

この記事へのトラックバック一覧です: 単純なもので:

« 我が家の桜(2)TZ5にて | トップページ | マスター・アジア死んじゃった »