« ATOKとUbuntuとワタクシ | トップページ | Hardyリリース後の印象 »

逃げちゃダメだ

エヴァンゲリオン新劇場版「序」を見ました。
この後、「破」に続くようで、その伏線というか、説明のための作品っぽいですね。
以前のエヴァンゲリオンを見たことのある人なら、ほとんど記憶とかぶる内容になるかも知れません。
が、かなりの部分が作り直されているんじゃないでしょうかね。
特に後半というか、おそらく「序」のメインのストーリーとなるのが、「ヤシマ作戦」の話なのですが、ここはストーリーは同じなんですけど、絵が違います。
細かくは展開も違いますけど。たぶん、シナリオ含め作り直したところじゃないんですかね。
絵は最近のアニメらしく綺麗になってます。
ところどころというか、かなりの部分がCGになってるんじゃないかと思ってみてましたけど、正直、どのシーンがCGでどのシーンがCGじゃないのかは解りませんでした。非常に馴染んでます。
そういう意味では、マクロスフロンティアあたりは、CGのシーンは丸わかりなので、そこらへん、ちょっと絵に対するコンセプトは違うようですね。
で、「破」の予告編も入っていて、なんだか見たことないキャラクターとかもいたので、もしかすると「破」は全然違う話の可能性もあるのかな、と。
すでに公開されているのか、いつ頃公開のものなのかも全然解らないんですが(爆)、機会があれば「破」もみたいと思っています。
懐かしい、と思えるくらい古い作品だと思うんですけどね。
SFアニメなので、絵の古さをどうにかしてしまえば、今見ても、さほど古さは感じませんねぇ。設定とか、ストーリーとか。
もしかすると、往年の名作アニメ、特にSFものを今の技術でリメイクすると、結構面白いものになるかも知れません。
例えば、キャプテンフューチャーとか、レンズマンとか。
特にSF系でも宇宙もの、スペオペなんかは、今のCGの技術とマッチして面白いもんになるんじゃないかと思いますけど。
NHKでやらないですかねぇ。(笑)

|

« ATOKとUbuntuとワタクシ | トップページ | Hardyリリース後の印象 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40999399

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げちゃダメだ:

« ATOKとUbuntuとワタクシ | トップページ | Hardyリリース後の印象 »