« GetDebがHardyに対応 | トップページ | ココログの編集画面とATOK »

意外にちゃんと動く(PS2)

PlayStation2をキャプチャカードにつないで、ゲームをしてみましたが、意外にちゃんと見れます。
まあ、TVが見れるんだから当然といえば当然なんですが。
色々とネットなんか見てるとハードウェアエンコードのキャプチャカードを使っていると、画面表示までに遅延が発生するため、ゲームなんか、操作してから1〜2秒経ってから画面に反映されるため、ゲームにならない、という話を聞きます。
Windowsだと「ふぬああ」というツールを使ってキャプチャすれば大丈夫とも聞きますが、Ubuntuの場合には、別になんてこともなく、普通に/dev/Video32からMplayerで表示してあげれば、特に操作から表示のタイムラグを感じずにプレイ出来ます。
そんでも、若干はタイムラグがあるかな。
アクションゲームとかは厳しいかも知れませんね。
試したのがRPGだったので、特に問題となるような遅延は感じなかった、ということなのかも知れません。
チューナーと外部入力の切り替えは、結局シェルスクリプトでチャンネル切り替えの一環として行うようにしました。
これで、GNOMEの引き出しから、簡単に切り替えられます。
この手も簡単に操作できるのも、LinuxのおかげといえばLinuxのおかげかも知れません。
#それとGNOMEパネルのおかげ、かな。結構簡単にドロップダウンメニュー形式のランチャが作成可能。
ちょっとだけ、Cairo-Dockに入れてしまおうか、とも思いましたけど、なんだか画面がうるさくなりそうなんで、そこはやめて。(笑)
とりあえず、意図せず、PCのモニタを使ったゲーム環境が、出来上がってしまいました。
本当は、24インチモニタにして、PlayStation3を買ったらHDMIでつないで、モニタ共用にしたかったんですけどね。
まだFinalFantasyも発売されてないことだし、PlayStation3はまだ早いかな、みたいな。
それに、24インチモニタだって安くはないしねぇ。PlayStation3と一緒に購入したら、かなりの金額になってしまうし。
それはさすがにマズいだろ、みたいな。(爆)
動かしてみたのは、FinalFantasy8なんですが、まあ、安物DELLモニタでも、そこそこ見れます。
これも、もしかしたらフリッカー解除に頑張ったおかげかな、なんて思ってますけどね。
ゲームで、フリッカーひどいと、ちょっと遊ぶ気にならないしね。
ま、この辺はぼちぼちと、感想を書いていこうと思ってます。
#もちろん、ゲーム内容の感想ではなく。

|

« GetDebがHardyに対応 | トップページ | ココログの編集画面とATOK »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/40944962

この記事へのトラックバック一覧です: 意外にちゃんと動く(PS2):

« GetDebがHardyに対応 | トップページ | ココログの編集画面とATOK »