« 今日のミッション | トップページ | ntfs-3gの性能? »

Googleドキュメントを触ってみた

まだ触ってみた、という程度で使い込んでいる、ってレベルではないんですが。
ちなみに、ワープロだけ触ってみました。
メニュー等が英語のままだし、まだβとか書いてあるから、これからもっと発展するのかも知れません。

現時点で、判定すると、とてもじゃないけど、MS Officeと置き換えられるものじゃないな、というのが素直な感想です。
これは、当然機能的な話で、運用として、この形が合わない、ということではないですけど。

なんとなく、ですが、雑誌編集者とかライターの方なら、有効かも知れません。
いつでも、どこでも、どの端末でも、というのは環境としては優れてると思いますし、便利なことも多いでしょう。
SaaSでしたっけ?の考え方で言うなら、セキュリティ的にも、問題は少ないのかも知れませんし。

どっかのWeb記事で読んだような気がしますが、Googleのこの製品のおかげで、MSが怯えている、と書いていたひとがあるようですが。
仮に怯えているとすると、そのコンセプトに怯えている、ってことなんでしょうね。
はっきり言えば、Googleドキュメントが、この2年以内にMS Officeのパイを少しでも奪うとは思えません。
これなら、OOoの方をMSは気にかけるでしょうね。
個人的には、OOoですら、Officeには敵わないと思いますけど。
#ま、普通に個人で使うならOOoで機能的には問題は少ないですけどね。完成度とかは、どうかな、と。

ワタクシは、別にMSがキライとかありませんし、むしろ好きな方ではないか、と思います。
特に好きなのが言語製品ですけどね。
IDEは良くできていますし、WebのMSDN等でも、開発者に都合がよいように整備されています。
まあ、サポートに連絡したことはないので、そっちは解りませんが、サポートに連絡する必要がない程度に、それらの公開されている資料が充実している。
MS製品で閉じて、開発する分にはさほど困らない環境が出来上がっています。
ま、そこは余談なんですけどね。(笑)

じゃあ、なんでUbuntuなんて使ってるんだ、と問われれば、以前に記事として書きましたが、Ubuntuの方が面白いからです。
逆に言えば、MS製品は完成度が高くて、詰まらないんですよ。

この観点で考えれば、OOoも、Googleドキュメントも面白いと思います。
たぶん、個人的には今後も使っていくんだろうと思います。
でも、きっとMS Officeのパイを奪うのは困難だろうな、と。
今後、Webの技術に大きな革新が起こって、劇的にGoogleドキュメントが改善されれば解りませんが、残念ながらソフトウエア開発に魔法はないので、地道に積み重ねられて、技術が進歩していくだけ、だと思います。
なので、近い将来は解りませんが、今、GoogleドキュメントがMS Officeのパイを奪うことはないだろうな、と。今のままでは仕事で使えないし。
コンセプトは面白いし、有効だと思うので、こちらは、これからの将来に期待、ってとこでしょうか。
ホント、面白いと思うんだけどね。
もっと使えるもんかと思ってた。
雑誌とかIT系の記事で騒ぎすぎな気がします。
が、まあ、記事なんてのはそんなもんじゃないとトレンドとか作れないから、いいのかな。
ちなみに。
身近にGoogleドキュメントに関して触れるひとは誰もいませんでした。
#下手すりゃ存在すら知らないひとが多いんじゃないだろうか。
いちおう、ワタクシIT業界に身を置いてますが、この業界ですらこうだとすると、日本での知名度も使用率も、ホント、これから、のソフトウェアなのかも知れません。

まあ、cametanさんに教示いただいた、ブログで表を作ることがあったら、その時はGoogleドキュメントを利用してみようと思っていますけどね。
手でテーブルなんて書きたくないんで。(爆)

|

« 今日のミッション | トップページ | ntfs-3gの性能? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41272986

この記事へのトラックバック一覧です: Googleドキュメントを触ってみた:

« 今日のミッション | トップページ | ntfs-3gの性能? »