« WindowsとLinux | トップページ | 近くの公園にて&我が家の庭(TZ5) »

安定稼働

ぼちぼち、本当にやることがなくなってしまいました。(^^;
安定稼働中です。
録画も特に問題ないし。Avast!もcronからきちんとチェックされてるし。
フリッカーも出てないし。
ああ、そういや、サスペンド。忘れてました。
忘れてるくらいだから、使ってないわけですが。(笑)

使ってるツールの方にも新しい動きはないので、現状のバージョンである程度固定してしまってます。
なんか、やることを考えないと、ブログの更新も止まるかも知れません。(爆)
ま、主にトラブル対策のブログなんで、更新止まるのは、ある意味喜ばしいことかも知れませんが。

でも、それだとワタクシが退屈なので。(爆)

いま、なんとなく、漠然と考えているのが、あまりパーツの活用というか。
あとは箱買ってきて、安いCPU買うと、一台組めてしまう状態なんですよね。
元々MicroATXなんで、CPUとメモリと箱があれば、PCになってしまうような状態で。
キーボードや、マウスなんてのは、その辺に転がってるわけだし。
まあ、HDDがないけど、それもたいした値段じゃないわけだし。
OSはUbuntu入れちゃえばいいしね。(笑)

で、しばらく前から箱探しているんですけどね。
気に入った箱が見つかったら、組み上げて、そこから用途は考えようかな、と。(^^;
#普通逆なんですが。
気に入った箱が見つかったら、CPUもクアッドのものを買って、今のCPUをそっちにつけて…。
なんて夢想してたりしますけどね。

ただ、正直、PC2台も3台もつかわんのですよ。ワタクシの用途では。
そうすると、やはりあまり部品もただ積んどくことになる。
もったいなくてね。

以前にもHDDの件であまり部品については書きましたけど、まさかマザーとかメモリとか余る羽目になるとは思わなかったなぁ。
正直、やり過ぎました。>改造
今のDELLの箱は気に入っているので、これをしばらく使おうとは思うんですが。
となると、実は一番いいのは、メインマシン用の箱を買って、中身を入れ替えて、元のDELL-PCが再度組み立てられてしまう、ってのが無難なのかも。
ああ、なにやってんだ。orz

ちょっとだけ触れようと思ってた、つかみの話題が長くなってしまいましたが。(爆)
#悩ましいんですよ。

ぼちぼちとコメントいただくことも増えてきまして。
LinuxというかUbuntuも注目されているんだな、と思うんですが。

前回、週刊アスキーの件で書いたことが現実に起こっているようで。(笑)
#当人にしてみれば笑い事じゃないんでしょうけど。

雑誌に乗せられて、Ubuntuインストールするけど、トラブル発生、解消方法不明、ってのが現実に起こっていたりするようです。
これ、複数PC持ってれば、なんとなかなるんですが、案外そうでもないひとも、挑戦しているんですね、正直意外でした。っていうか、意外でもなんでもないのか。(^^;
ワタクシ自身、今は旧PCと2台体制になっていますが、以前はLinuxとWindowsのデュアルブート環境しかなく、そもそもブートローダでトラブルとWindowsすら起動しなくなる、という状況で困ったことが2度ほどありました。
今みたいに、UbuntuのLiveCD起動して、ネットに繋いで調べ物してから対策、なんてこともできずに、結局OS再インストールなんてことが記憶に残っています。
#ま、そんでもデータパーティションは必ず別にするからデータは失わないんだけどさ。
ワタクシの環境では、LiveCDで普通にネットに繋がるので、そういう意味で今は、仮にメイン機1台でも、さほど困らないんですけど、これから Ubuntuにチャレンジされる方は、是非とも、必ず一度はLiveCDで起動して、その辺の調べ物とかはLiveCDで行える、というのを確認されてから、の方がいいと思います。
もちろん、LiveCDで起動することによって、自分のPCでUbuntuが動作するのか、ハードウェアはどの程度認識するのか、ある程度のあたりはつけられます。
最低限、画面が表示されること、ネットに繋がること、ここを確保してから挑戦しないと、ドツボにはまる危険性がありそうです。

それと、以前にも記事にしたような気がするのですが、UbuntuというかLinuxをインストールするドライブにも注意が必要と思います。
USB-HDDが流行ってますが、これを過信しないことです。
OSが起動してからのUSB-HDDは、問題が少ない場合が多いと思いますが、OSが起動する前、BIOSにUSB-HDDが認識されるかどうかは、使用するPC次第です。
これ、確認しようがないから、厳しいのかなぁ。
USB-HDDにOS入れて持ち歩けると、どこでも自分の環境が使えるので絶対便利だと思うんですが、まだ、そこまでUSB-HDDは万能ではないようで、トラブルに見舞われた方が、トラックバックをつけてくれてました。
#たぶん、USB-HDD。確認してないけど。
ノートPCだと、どうしようもないんですが、個人的には、初めて試すのなら、デスクトップPCにドライブを増設して、そちらを優先ドライブにして、いつでも元の環境に戻せる状態にしてから、インストール、というのが安全だと思います。
ただ、これって、本格的に使うぞ、ってひとならやれると思いますけど、ちょっと試したいってひとには初期投資が大きくなるから、あんまり勧められない方法になっちゃうんですよね。
悩ましいところですが。

幸い、ワタクシの環境は、今現在安定動作しています。
でも、実際、ここまで半年かかっています。(爆)
苦労して、情報探して、トラブルの根っ子捕まえて、そうしてようやく安定動作です。
最初からプレインストールされているWindowsの再インストール程度の手間で動くOSではないのです。
#その程度の手間で動くPCも多いんですけどね。
十分に注意して、お試しいただきたいな、と思います。
動いてしまえば、かなり快適に使えるんですが。
やっぱり、UbuntuプレインストールPCが発売されないと、一般への普及は困難だろうな、きっと。
今、Ubuntuには追い風が吹いているような気がしますが、それでもWindowsのパイを、ちょっとでも奪えるのは、数年後、のような気がします。
もっと色んなところで協力体制を組んで、もっと普通に「ちゃんと動くLinux」にしないと、なかなか一般ユーザーの手元には届かないんじゃないでしょうかね。

ああ、なんかUbuntuネタで、ちょっと技術的なことを書こうと思ったのに、たんなるたわごとにしかならなかった。orz

|

« WindowsとLinux | トップページ | 近くの公園にて&我が家の庭(TZ5) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41243543

この記事へのトラックバック一覧です: 安定稼働:

« WindowsとLinux | トップページ | 近くの公園にて&我が家の庭(TZ5) »