« Kernel 2.6.25.1 | トップページ | Picasa導入 »

アクセスアップとコミュニケーション

ま、たわごと、なんでこんなことも書いてもいいかな、みたいな。(笑)

かなり頻繁に訪問しているブログで、筆者さんがアクセスアップをテーマに、こんなことを書かれていました。
「アクセス数だけが上がっても意味がないような気がする。このブログでやりたいのは、同じ悩みを持つ人と悩みを共有したり、解決の手段を話し合ったりすることだ」
#もちろん、引用してないので、文面は違います。し、ワタクシはこう解釈しました。(笑)
コミュニケーションの手段として、ブログを活用しましょう、ってことだと思います。
#ま、何の悩みもない(というとウソかも知れないけど)ワタクシが、全然畑違いのブログにアクセスしているのも、アレなんですけどね。たぶん、知人、友人に聞いても、「なんでそんなブログ見てんの?」と言われるようなとこを見てたりします。(笑)

ブログには公開日記以外にも、そういうコミュニケーションツールとしての側面も持つのでしょう。
当初はワタクシもそんなことは考えていなかったし、そういうものだとも思っていませんでした。
でも、大抵のブログにはコメント機能があり、記事を読んだ人が(ある程度)自由にコメントをつけることが出来ます。
#おかげでスパムコメントとかも多いけど。

情報を発信する側と、それを受け取った側で、言葉のやりとりが出来ると言うことは、これは立派なコミュニケーションですし、その機能がある時点でコミュニケーションツールなんですね、なるほど、みたいな。(笑)

先のブログの筆者さんがいみじくも語っておられるように、コミュニケーションの手段として考えるならば、アクセスアップは不要、とも言えるわけです。
しかしながら、コミュニケーションツールであるからこそ、アクセス数が増えなくては、その先のコミュニケーションは発生しないわけで。
まあ、大事なのはアクセスのカウント数ではない、というのはその通りかと思いますが、アクセス数がなければ、多くの人の目に触れなければ、意見の交換は出来ないんですよね。
ま、それも当然の話。
一方で、多数の目に触れると言うことは、それだけ意見の異なるひとの目にも触れるわけで、場合によっては誹謗中傷のコメントがポストされることもあるかも知れません。
#ちなみに、ワタクシのブログでは、そういうコメントを頂いたことはありません。幸いにも。(笑)
そういうコメントも真摯に受け止める器量は必要なんだと思いますけど。
でも、正直そういうのは気分は良くないですよね。
まあ、二律背反なところが、このアクセスアップというテーマにはあるんだと思いますが。

コメント、いただけると大変嬉しいです。
#以前にも書きましたけど。
でも、おそらく初めてコメントいただく方、というのはかなりの勇気を持って書き込んでいるんじゃないかと思うんですよね。
ワタクシ自身もそうですし。
失礼になってないか、とか、無視されたらどうしよう、とか。
学校で、クラス替えがあり、初めて会った人と話をする時の気分に似ています。
#学校、遠い昔の話になりましたねぇ。(遠い目)
しかも、怖いですよね。知らない人ですよ、ブログ書いてるひとは。
書いてるものを読めばある程度は、何考えているか、どんな性格かは解るかも知れませんが、それですら偽装の可能性もあるし。
顔が見えないコミュニケーションは怖いですよ。どんな仕返しをされるか解らない。
#大袈裟。(爆)

だからこそ、コメントいただいた方には真剣に対応したい、そう考えています。
指摘を受ければ、ありがとうございました、と対応したいし、質問があれば、出来る限り調べて回答したい。
もちろん力不足もありますし、調べきれないこともありますけど。
また、それがプレッシャーやストレスになるのもイヤなので、解らないことは解らない、と正直に書かせていただくことにしています。
それが、コメントいただいた方への最低限の礼儀かな、と考えています。
あと、放置はしない。
#スパムはともかく。
出来る限り早くコメントを返したい。だって、気になるじゃないですか、コメントした方としては。(笑)
なので、可能な限り、早く返答をコメントします。
とはいえ、携帯からコメントって、実は大変なので、PCの前に座ってからになるんですけど。
#長文をやめろ、という話もないではないですが。
とまあ、勝手な思いこみで対応をしてたりしますけれども。(爆)

話が逸れましたが。大きく。(爆)

アクセスアップの努力というのはあってもいいのかな、と思います。
記事で、そんなことを意識することはないんだと思いますけど、例えば、どっかのサイトに自分のブログを登録するとか。
#ワタクシの関連する記事のコメントで、cametanさんがご紹介くださっていますが、Technoratiとかですかね。
少しの努力で、コミュニケーションが増えるのなら、それはやっておくべきなのかな、と。
特に、目的がコミュニケーションなら、ですが。

翻って。
ワタクシ自身のことを考えてみると。
コミュニケーションは図りたいとも思います。
顔も知らない人からのコメント、楽しいですよ、面白いです。
知らないことを教えて貰ったり、逆に教えたりして、世界が広がっていく感じがしますよね。
やってみてもいいかなぁ、とも思います。

が、まずはその前に、mi84taさんのご提案の自分のブログ内の改善からかな、とも思います。
訪れる人が増えても、見るとこない、とか、情報を探せないってのも、なんだかねぇ。(爆)

ああ、綺麗にオチなかった。(^^;

|

« Kernel 2.6.25.1 | トップページ | Picasa導入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おおっ、これは…???
ついつい見入ってしまいました。
かおりんさんの御意見にかなりうなづいております。コメントの件。
確かに、初めてコメントをして下さる方、というのは絶対に緊張しておられると思うのです。自分もそうなので分かります。私たち管理者は、そのコメントに真摯に対応するのも管理者たる心得だと思うんですよね。
しかし…かおりんさん、もし、もしですよ shock
対応できないぐらい、自分のブログにコメントが寄せられたらどうしましょう。
私は今、そこでも悩んでいます。以前にあったように、私では対応しきれないぐらいの重い内容のコメントがあったなら、とか、またブログ内容を叩かれたら、とか思って、足がすくんじゃってます。
どうしましょう…
で、そう思っていて、こちらにお伺いして、ヒントを得たかな、と。
かおりんさんの姿勢が重要なのかな、と。
私たちは寄せられたコメントに、1件1件、お返事を書く。分からないことは素直に分からないと書く。とにかく放置しない。
『そうかー、確かに。もし記事が1日1記事しか書けなくなったとしても、まず読んで下さる方の声に耳を傾け、対応することを前提にブログを運営していくのもベストな形の1つなのかな』と。納得。コメント欄なしに書きたいのなら、日記と言う手段もありますもんね。。。うむうむ。
こちらへお伺いして良かったです。
これまでにも何度もそんなことがありました。きっとそれはこちらにコメントを寄せておられる方殆どがそうなのではないでしょうか。

近い未来、例の件に関して新しい情報をお伝えすることになるかも知れません。
すぐ御報告させていただきますね。happy01scissors

投稿: kintoun | 2008年5月 6日 (火) 00時25分

コメントありがとうございます。
あっちでもコメントしてたんで、ま、その延長線上で一般化して書いてみました、みたいな。(笑)

>対応できないぐらい、自分のブログにコメントが寄せられたらどうしましょう。

これ、ワタクシも考えました。
で、同時に、ないな、と。(笑)
対応できない、ということがあり得ないのではなく、対応できないほどコメントが寄せられることがない、と結論づけました。
だって、ですよ。
だいたい日に200人近いアクセスがありますが、ワタクシのブログの場合、一日の平均コメント数にしたら、1件を下回ると思うのです。
たぶん、0.1%くらい。
だとすれば、一日平均1件のコメントいただくためには、一日1000人以上もの方の閲覧が必要、ということになります。
それはないな、と。(笑)

でも、kintounさんのところは、あるかも知れませんね、コメント。
多いですからね。
とすれば、悩ましいところでしょうか。
数が増えると、対応も困難になるのは自明なので、厳しいかな、と。
まあ、方向性が見えたのなら、良かったんじゃないでしょうか。
ワタクシも、色々な方からご意見をいただき、若干ではありますが、ブログのレイアウト、機能などを見直しているところです。

>これまでにも何度もそんなことがありました。きっとそれはこちらにコメントを寄せておられる方殆どがそうなのではないでしょうか。

どうでしょうねぇ。(笑)
過分に褒められても、なんもでませんよ。(爆)

投稿: かおりん | 2008年5月 6日 (火) 01時19分

200人近いアクセス!すごいっす~~~
それにカウンタも22000HIT越えしましたね。すごいっ birthday

コメントの件ですが、悩みますねぇ~。
私もかおりんさんのように、1人1人、しっかりとお返事をしたい、と思ってはいるのですが、今の自分がちょっと…こんな状態で coldsweats01typhoon
これで更に重いコメントが入ると、厳しいかも知れません。
が。
これで厳しいと感じて投げ出してしまうようなら、今のブログを始めた意味がないかな、と。志半ばは嫌だな、と。
そんな風に思っております。

あ、それと、かおりんさんの新しいレイアウト、見やすくなって非常にGOODです good (文字が薄いと私の老眼が…)(←ちょっと早い…)

投稿: kintoun | 2008年5月 8日 (木) 23時14分

コメントどうもです。(笑)

>200人近いアクセス!すごいっす~~~

休日だと、という感じですかね。平日で150超くらいで、だいたい週で平均すると200人くらい、ページビューで300弱みたいです。
アクセスログとか見てみると、結構過去記事へのヒットも多いので、最近の記事ばかりが見られているわけじゃない、ってことのようですね。
で、思うのが記事数が重要なのかな、と。数があれば、それだけ検索エンジンにもヒットしやすいんでしょう、きっと。(笑)

>今の自分がちょっと…こんな状態で

ん〜、出来る範囲で、でよいんじゃないでしょうか。
結局、楽しみのため、楽しくするために始めたブログなのだと思いますので、それがストレスやプレッシャーに変わるようなら、やめた方がマシってことになると思います。
コメントに関しても、コメントできない内容に無理に向き合う必要はないと考えておりますけれども。
正直であればよいのかな、と。(笑)
コメントいただいた方には残念な回答になるかも知れませんが、そこを無理して回答しても、やはり残念な結果につながるような気がします。
コミュニケーションの王道は正直であること、かな、と思いますけど。
#まあ、狙いがあれば、正直であることが必ずしも正ではないかも知れません。

>これで更に重いコメントが入ると、厳しいかも知れません。

重すぎて、コメント返せないなら、その旨正直に、「今の自分には重すぎて、考える事が出来ない内容です」と告白してしまえばいいんじゃないですかね。
無理してもろくなことないような。(^^;
的外れになったり、議論がかみ合わなかったり。
気に入らなきゃ来なくなるだけかと思います。
#お互いにとって残念な結果ではありますが、その結果も真摯に受け止めなければ、進歩もないし。

>これで厳しいと感じて投げ出してしまうようなら、今のブログを始めた意味がないかな、と。志半ばは嫌だな、と。
そんな風に思っております。

無責任に応援してますけど。(笑)
頑張ってください。

>(文字が薄いと私の老眼が…)(←ちょっと早い…)

文字色が黒いもので、季節っぽいものを物色中なんですが、これといってないんですよね。
スタイルシートの変更も考えたんですが、ちょっとそれらしい記述が見あたらず放置状態です。(^^;
前の桜のやつが見やすくて良かったんですけど。
いつまでも桜じゃないよなぁ、と。
また、新しいのがリリースされたら見直してみます。

投稿: かおりん | 2008年5月 9日 (金) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41093191

この記事へのトラックバック一覧です: アクセスアップとコミュニケーション:

« Kernel 2.6.25.1 | トップページ | Picasa導入 »