« SMPlayerの設定見直し | トップページ | 半年経過 »

アップルシード エクスマキナ

なんか、DVDばっかり見てますけど。(笑)

CGアニメというふれこみの「アップルシード エクスマキナ」見てみました。
いやぁ、確かに全編CGでした。(笑)
アップルシードってのは、近未来SFで、戦争の後の荒廃した世界からの復活、みたいなところがテーマの物語だったりしますが。
SF好きに面白いのは、各種小物というか。
乗り物とか、サイボーグとか、そういうもの。
デザインもわりとありそなデザインで、なるほど近未来、って感じです。
まあ、そんでも今の技術がよっぽど進歩しないとサイボーグとかは困難なんだと思いますけどね。
クローニングによる延命技術まであるようですから。>アップルシード

肝心のエクスマキナの方ですが。
CGなのはいいんですが。
この前見たベクシルなんかと比べると、かなりCGで。
もうアニメの融和とか考えてないな、と。
アニメキャラを3Dにして、そのままCGにしました、的な絵となっています。
ロボットとか、サイボーグとか、もちろん、それでOKなんですが、イマイチリアリティがない絵になっているのはライティングとかのせいかなぁ。
質感とか、ちょっと古めのCGアニメみたいなんですよね。
シリアスな話でSFなんだから、この辺の絵の作りはもっと凝って欲しかった。
キャラがみんな筋肉質ですごいボディなのは、おそらく制作者の好みなんでしょうけど、もっと違うスタイルのひとがいてもいいと思うし、なんだかなぁ、というところがすごくあります。
予算少なかったのかな。たぶん、結構な部分が流用だと思うんですよね。
メインキャラ数名作成して、それ以外はテクスチャだけ変えてる、みたいな、ね。
3DCG使って、細かいところで手を抜くんなら、普通のアニメにすればよかったのに、とも思いますが、まあそれはそれ。
こういうやり方でも3Dアニメは作れるんですよ、みたいなところに意味はないでもないでしょうけど。
どこが気に入らなかったか、というと、一番は服の質感なんですよね。
この辺がいい加減だから、影の付き方もなんか不自然さがあって、リアルに見えない。
まあ、アニメキャラの3D化だから、リアルになりすぎてもダメという判断があったのかも知れませんが、マテリアルのリアルさを追求しないで、なんの3Dか、と。
そう思ったりするわけですが。
ストーリーにはあんまり見所がないので、見るのはこういう細かいところになるんですけど、そういうところで手抜きな印象があるとダメですよねぇ。
正直、これならベクシルの方が面白いし、FF7ACの方が映像としても上ですな。
好みはあるかも知れませんけど。
3Dで動くブレアリオスってのと、ギュゲスが3Dで動くってことに魅力を感じないひとは、あんまし面白くないかも、ですね。(爆)

|

« SMPlayerの設定見直し | トップページ | 半年経過 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41070182

この記事へのトラックバック一覧です: アップルシード エクスマキナ:

« SMPlayerの設定見直し | トップページ | 半年経過 »