« ケロロ軍曹とUbuntuとフリッカー | トップページ | よく使っているツール »

ガンダムSEED(序盤)

ガンダムSEED序盤まで見終わりました。
どうにか地球に降り立ったところまでですな。

え〜かなりガンダムですね。(笑)
主人公のキラが調子に乗って、自分がいないと戦えないんだ、とかいう気持ちなるところまでもガンダムです。
主人公の友達が少年兵として宇宙船に乗り込むとか、もうガンダムですよねぇ。(爆)

もちろん、それだけではなく比較的最近の作品だからか、恋愛めいた話も盛り込まれており。
あら、ヤッちゃったのね、なんてシーンもありますけど。(^^;
序盤として注目すべきは、やはりガンダムの性能と、キラ、フレイの動きでしょうか。
特に、フレイ、かなりヤな女の子だったんですが、序盤終わっても、まだヤなままです。(爆)
これ、中盤から後半にかけてどうなるのかなぁ。
サンライズだから、途中で死ぬのかな、なんて思いながら。
でも、フレイ死んだらキラ、おかしくなるだろうなぁ、なんてことも考えながら見てましたけど。
#キラとフレイって同じ歳だとばかり思ってたんですが、フレイの方が年上だったんですね。
ある種、使命に全てをかける姿は美しい、とも言えるんですが。>フレイ
まあ、好みじゃないです。(爆)

とはいえ、大気圏突入までやってのけたガンダム。
もう基本はガンダムって機体は大気圏突入できないとダメなんですかね。ガンダムOOでも大気圏突入してたしな。
「足つき」と呼ばれているアークエンジェル(笑)は、全体像はCGで描かれているみたいですね。レンダリング結果に違和感があって画面に馴染んでないので気がつきましたけど。
どうせなら戦艦は全部CGでやればよかったのに。
よくを言えばガンダムも。(笑)
合うと思うんだけどな。今後のガンダムシリーズはそうなっていくのかな。この頃だと、まだCGもそんなに安くなかったかも知れないから、まあ頑張った方なのかも。
#そうでもないかなぁ。

これ、初回放送時に、たまに見てたことがあるんですが、その時は、「これがガンダムなの?」なんて思うようなキャラクタデザインの違和感があり、続けてみてるわけではなかったので、ストーリー展開がまるで解らなかったため、面白いとか全然思いませんでした。(笑)

でも、もはや、反逆のルルーシュ、ガンダムOO、Gガンダムと経て、猛者になりつつあるワタクシにとって、ガンダムSEEDのキャラクターもガンダムとして受け入れる準備は整っており、かつまとめて見ているため、ストーリーが解らない、ということもなく、ガンダムSEEDのガンダムらしさは十分に解るようになっております。

これ、かなり良かったんじゃないんですかね。
ガンダムですよ、これは。
これならファーストガンダムファンにも受け入れられたんじゃないかな、と思わないでもないです。
まあ、モビルスーツのかっこよさという点では、モビルスーツ犬とか出てくる時点でどうなの?とも思いますけど、そこはひとそれぞれの解釈もありますしね。
ワタクシ的には、充分ガンダムとして納得の行く作品であると思います。
・・・この時点では。(爆)

|

« ケロロ軍曹とUbuntuとフリッカー | トップページ | よく使っているツール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41165569

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムSEED(序盤):

« ケロロ軍曹とUbuntuとフリッカー | トップページ | よく使っているツール »