« Kernel 2.6.25.4 | トップページ | 今日のミッション »

ガンダムSEED Destiny

狂ったようにガンダム見てるわけですけれども。
まあ、ガンダムSEEDの続編ってことで。

ネットで見ると、酷評されてますな。(笑)
なんとなく、もう終盤まで来ているのですが、酷評の理由がよく解らないかなぁ、と思ったり。
別にね、SEEDも素晴らしかった、ってわけではないと思うんですが。
例えば、ワタクシ的には反逆のルルーシュの方がつまらないような気もするんですが、まあこれは好みの問題なんですかね。
あまり印象的なシーンがないのはどちらも同じですが、反逆のルルーシュよりはテーマが重く、ストーリー展開にご都合主義なところは多々見られますけど、それでも反戦、厭戦、ってテーマなのかな、と思わせるストーリーにはなってるように思いますけど。
対して反逆のルルーシュの方は、イマイチそのストーリーの背景というかテーマが解らんのですね。
革命なんだろうとは思うんですが、ではストーリーの厚みというか、背景であるだろうテーマって何なのかな、と。
素直にタイトルにもなってる「反逆」がテーマなのか?とも思うんですが、何に対しての?というのが劇中で語られてないし、仮に体制とか、権力だとして、当時の世相から考えて、そういうテーマが相応しい世相だったっけ?みたいな。
まあ、敢えて反逆のルルーシュのよさそなところを挙げるとすると、キャラクタが解りやすいのかな、とは思いましたけどね。そこがポイントなのかな、あれは。
見るとことが違えば、面白さも変わる気はするんですが。
そんなに引き込まれるようなストーリーでも世界観でもないような気がするな、というのが正直なところ。

とかまぁ、タイトルと違う番組の話なんぞ先に書いているのは、SEEDもSEED Destinyも、別に悪くないんじゃないのかな、というところで。

登場人物多いし、それぞれの思惑がキャラクター同士で絡み合って、複雑になってるし、シナリオがよく練られてない話もあって、ご都合主義になってる展開もあったけど、全体として世界観というか、雰囲気は統一が取れているし、話の流れもそれなりに流れているし、キャラクターの台詞も、そこそこ納得の行く話をしているし、重いテーマの割には頑張ってる気がするんですけどね。
ワタクシ的には、ルルーシュなんかより、次回が楽しみに思えた、というか、切り方がうまいな、と思いましたけど。
重箱の隅をつつけば、多々あるのかも知れませんが、あんまりそういう細かいとこ気にして見てても、大局的に見れないでしょ、とも思うんですけどね。
なんとなく、「ダメ」っていいたいんでしょうね、批評好きなひとは。
否定する方が、それっぽく見えるというか、偉そうに見えるから、否定からはいるひとって多い気がするんですが、まず認めるところから入る方が、よほど困難なんだけどね。
まず、認める。その上で、何が問題なのかを見極めて、指摘する、と。
これが正しい批評なんじゃないかな、と思うんですが。
ちなみに、好きか嫌いかって話ではないですけど。認める、というのは。
相手にも、相手の主義主張があって、相手の考え方を受け止めて、まず理解する、と。
その上で、自分との意見の違いを述べて、妥協点を探して合意する。
お互いに、問題点を整理して、改める、と。
まあ、これが仕様を決める上でのやり方になるんですが。(笑)

ダメ出しって実は簡単なんですよね。
自分が引っかかったところを、ダメと言えばいい。
否定の言葉って結構強いんで、それに引っ張られるひとも多いから。
そこについて意見を持ってないひとは、一発で引っ張られる。
逆にね、よい、って言っても、引っ張られる人は少ないんですよ、実は。
自分も、その点についてよい、と思っていれば引っ張られるんですが、そこについて意見を持ってないひとは、よいといわれても、実は納得できない。
ま、それこそ「反逆」なのかも知れませんけど。(爆)

とまあ、話がずれまくったところで、元に戻しますが。
全体にSEEDもガンダムですし、Destinyもガンダムなんじゃないかな、と思います。
黒い3連星も出てきますしね。
#ジェットストリームアタックには笑った。
そういうファーストからZZまでの世代に対して、コビを売りつつ、独自の世界を展開していく、って点でそれなりに評価されてもいいように思いますけど。
人間模様もけっこうちゃんと描かれていますし。
何より、厭戦、反戦の精神に乗りながら、流されていくキャラクター達ってのがいいじゃないですか。
日本人を皮肉ってて。(笑)
で、全て失ってから、失ったものの大事さに気づくなんてのは、まさに日本人向け。(笑)
だから、失う前に、きちんと考えようよ、という教訓めいたところまで盛り込んであるあたり、たいしたもんだ、って気もするんですけどね。
解りやすい悪者と、解りにくい悪者を出してあるあたりも、なかなかにくい演出といえそうなんですけど、そういうのって、あんまりウケないんですかね。
ファーストガンダムでも、実はそうだったんですけどね。
#まあ、前者がギレンで、後者がシャアですかね。
プロパガンダの効果まで、きちんと説明してるアニメなんて、そうないような気もするんですが。
結構意欲的な作品だったんじゃないのかなぁ。
まあ、細かいところは見てないんで解りませんけどね。
なんとなく、ですけど、余計なところまで突っ込んでみてしまって、楽しめなくなってたりしないんですかね、こういうのを批評しているひとって。
仕事なら別ですけど。

自分の目で見て、自分の意見で、面白くない、なら面白くないって言えばいいとは思います。
でも、その場合、面白くない理由を、きちんと細かいダメ出しを並べるんじゃなくて、整理して言えないと、単に批判したいから、面白くないって言ってるんじゃないの?って気がしちゃいますけどね。
まあ、でも、まだ最後まで見ていないんで、もしかしたら、きちんと落ちてないのが不満なのかも知れません。
落ちなかったらどうしよう。(笑)
かなり話が広がっているから、これきちんと落とすの大変だろうな、とは思ってますけど。

ちなみに、ワタクシ反逆のルルーシュに否定的なのは、最終回で、物語が落ちてなかったからなんですけどね。
逆に、SEEDに好意的なのは、強引とはいえ、いちおう話を落としてたから、なんですけどね。(笑)
始めたものは、きちんとオチをつけないと、誰も納得しないというか。
起承転結、これは守りましょうね。(爆)

|

« Kernel 2.6.25.4 | トップページ | 今日のミッション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41261910

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムSEED Destiny:

« Kernel 2.6.25.4 | トップページ | 今日のミッション »