« HPのUMPC | トップページ | ガンダムの撮り方(笑)-TZ5 »

Kernel 2.6.25.8 とnVidiaドライバ 173.14.09

ちなみに。

問題が発生したわけではなく、たまたまカーネル更新とnVidiaドライバの更新が重なった、だけの話で。

カーネルは、あれから一日以上経過していますが、特に問題もなく。
主に新しいAMDプロセッサのサポートと、根強く残るSCSI回りの修正が主だったように思いましたが。
特に問題らしい問題が出てないのでよし、ってことにします。

以前から気にしていたCoreTempで返す温度の話ですが。
どうも新しいプロセッサというかE8x00の場合、正しい温度を取るのが困難らしい、っぽい話をWindowsのツールのとこで読んだように思います。
なので、実際には温度の補正をしてCoreTempの返す値を読まないとならない、とか。
そのサイトでは、WindowsのCoreTempというツールの話として書かれていたんですが、CPU情報として取得する以上、他のツールでも同じではないか、と結ばれておりました。
なので、現在のカーネルの返す温度も同じなのかな、と思っています。

結局、-15℃で補正していますが、実際のコア温度なんて測れないので、よいことにしてしまいました。ま、ダメなら暴走するでしょ、きっと。(笑)


nVidiaドライバなんですが。
なんとなく、先日見たときにすでに更新されてたっぽいんですが、気がついてなかっただけのようで。orz
本家サイトの説明には、こんな風に書いてあるんですが。
なんとなく、ですけど、他にも細々した修正がほどこされているんじゃないか、と勘ぐっています。
それというのも、起動一発目では正しく表示されなかったScreenletsが正常に表示されるようになっているので。
想像に過ぎませんが、グラデーション描画というか、ピックスマップの処理が改善されてるんじゃないかな、と想像しています。
まあ、この辺、たぶん普通にテクスチャマッピングなんで、それなりにドライバ依存の話になると思うので、改善されたってことは、ドライバ修正してるんじゃないかな、と。
まあ、想像なんで、もしかしたら単になんかのタイミングでうまく行っているだけ、の可能性も捨てきれないんで、とりあえず、本家サイトに書いてることだけ信用するようにした方がいいとは思いますけど。

ちなみに、カーネル更新しただけでは改善されてなかったので、これは間違いなくドライバ入れ替えの結果だと思います。(笑)

よくなったんで、なんの文句もありませんが。

まあ、まだ動画とか試してないんで、もしかしたら、改悪もあるかも知れません。
一応、念のために古いバージョンのドライバは残しといた方が吉、かも知れませんね。

そういや。
DKMSの恩恵を受けられなくなっているので、最近は面倒になったので、ドライバインストールをバッチ処理しています。
silentオプションとかあるんで、今度やるときは、それつけてある程度自動的にインストールされるようになるとラクだな、とか。

まあ、この辺もぼちぼちとラクになるようにして行こうとは思ってます。

|

« HPのUMPC | トップページ | ガンダムの撮り方(笑)-TZ5 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41639788

この記事へのトラックバック一覧です: Kernel 2.6.25.8 とnVidiaドライバ 173.14.09:

« HPのUMPC | トップページ | ガンダムの撮り方(笑)-TZ5 »