« 地震ですな。 | トップページ | ScribeFireを試してみる »

MSが本気なのか?

モビルスーツ(MS)ではなく。

MSからブログ編集用のアプリケーション(ここで紹介されてた。)が出てるそうで。
WordやOffice感覚で編集できるのがミソっぽい。
もちろんMS製品なんで試してないんですが、これでブラウザ起動とかしなくてもブログ編集可能になるってのは面白いかも。
例えば、ローカルで保存が可能なら、モバイルPCなんかに入れといて、出先なんかでちょこちょこっと時間見つけて書いといて、後からネットに接続してアップロード、なんてことが手軽に出来るようになるのかな、とか。

もちろん、今だって、テキストなら同じコトが可能だけど、画像とか写真とか、そういうのも含めて記事は作れないわけで。
携帯で写真撮って、その場でモバイルPCに読み込んで、現地で記事書いて自宅に戻ってからとか、アクセスポイントがあるところでアップロードなんてのが、気軽、手軽に出来るようになるのかも知れません。

便利そうだな、OpenOfficeにもこんな機能つかないかな、なんて思ったりしたんですが。

一方で。
このアプリケーションをフリーで提供するMSの意図ってなんだろう、とか。
今の時代、ブロガーは多いとは思うんですよ。
ちょっとPC詳しいっぽいヒトなら、「ああ、ブログ書いてますよ」とか「以前は書いてました」なんてヒトが結構います。
#日記的に、というヒトが多いようですが。やめちゃうというか更新しないヒトも結構いるようで。

一般人にもブログの知名度は高く、また以前のいわゆる「ホームページ」よりも敷居が低いため、手軽に始められるメリットもあります。
なので、この手のツールは非常にありがたいと思うヒトも多いんじゃないかと思うんですね。
実際、ココログなんかでも編集画面って使いにくいしさ。
ワタクシも、HTMLのWYSIWYGで編集可能なエディタを探してもいたし。
#結局テキストエディタで書いてますけど。
Word感覚でブログ編集できるなら、素晴らしいとは思います。これで、またブロガーが増えるかも知れません。
それはいいことだと思うんですよ。

で、MSの意図ってなんだろう、に戻るんですが。
「Vista使ってね♪」なんでしょうかね、要するに。
フリーで、こんだけ使い易いツールを提供するから、Windowsを使いましょうよ、という宣伝なのかも知れません。
最近、Ubuntuが流行ってますけど、GoogleなんかもgOSとかやってますけど、微妙にMS内部にもWindows離れを懸念する向きがあって、世のブロガーをターゲットにした、ってことなんでしょうかね。
もちろん、今ブログを書いてるひとだけじゃなく、これからのブロガーってのもターゲットなんでしょう、きっと。
なんとなく、ですが、別にMS的にはブロガーが増えても大きなメリットはないので、やはりIEの時のように、キラーアプリとしてこういうのを出して、OS囲い込み戦略に出たってことなのかなぁ、とぼんやりと思いました。
だってさ、LinuxというかUbuntuにこういうのないし、なんか使い易そうなんだもの。(笑)
Googleあたりが、Linuxも対象にこういうの作らないかなぁ。

---------- 追記 ----------
なんのことはない、WindowsLiveの一環だったんですね。(笑)
深読みして損した。(爆)

|

« 地震ですな。 | トップページ | ScribeFireを試してみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そう言うソフト、って例えば楽天ブログみたいに貧弱なヤツなら必要ですが、Bloggerなんかにはあんまり要りませんね。
一応、Firefoxの・・・・・・何とか、ってプラグイン入れたりしてますが、結局使っていません(笑)。Blogger、WordPressなら結構重宝しそうですが、日本のブログってMovable TypeやType Pad(ココログってこれですよね?)使ってても設定が囲い込みなんですよ。
よって、汎用ブログツールってあんま「使えない」んですよ。オープンソースのブログウェアでサーバーにインストールしてる人にしか利点ないような気もします。
僕がFirefoxのアドオンでブログ書かないのは、TeX関連のプラグインに対応してない、って事があるからですけど(割りに良く使うんで)、そうじゃなかったらFirefoxアドオンってBloggerやWordPress使用者だと結構使えるのかもな、と言う気がちょっとだけはします。ブログ閲覧好きな人で、「あ、この記事面白いな、これに付いて書きたい」って思えば自分のページ行かなくても投稿出来る簡便さ、ってのは確かにありますね。
もっとも、僕みたいなタイプだと、そこのブログでコメント残す方が好きなんで(笑)。マンツーマンなら良いんですが、自分のブログで書くとどの道「一般向け情報発信」的な書き方せざるを得なくなっちゃうんで、スタイルの問題、ってのがあります。


>GoogleなんかもgOSとかやってますけど


一応、ツッコんでおきますが(笑)、gOSってGoogleじゃなくってEverexがスポンサーだと思います。

投稿: cametan | 2008年6月14日 (土) 12時18分

>そう言うソフト、って例えば楽天ブログみたいに貧弱なヤツなら必要ですが、Bloggerなんかにはあんまり要りませんね。
googleのでしたっけ?>Blogger
ブログの本体をココログから変えるつもりがないので、どういうものか見てもないんですが、そんなに便利なんですか?
それと、FireFoxのアドオン、良かったどんなのがあるか教えていただけると助かります。(笑)
FireFoxにアドオンやらプラグインやらってほとんど入れてないので、どんなのがあるかすら、知らないんですよね。
便利なのも多そうなんですが、不安定になるとか聞いたりしますし、使用頻度がさほどないものもを入れてもねぇ、という思いもあって。
でも、ブログ投稿に便利なツールなら、ほぼ毎日使うし。
使い勝手のよいものがあれば、使ってみたいかなぁ、と。


>一応、ツッコんでおきますが(笑)、gOSってGoogleじゃなくってEverexがスポンサーだと思います。
ああ、間違ってましたか。orz
そういや、「Googleは社内でUbuntuを使ってるらしい」って話を聞いてたから、勘違いしてたのかも。
gOSはGoogleとはあまり関係ない、なんて話もなんかで読んだような。orz

さて、訂正しといたもんか。(苦笑)

投稿: かおりん | 2008年6月14日 (土) 15時50分

>googleのでしたっけ?>Blogger


そうですね。
正確に言うと、例によって「買収した」ヤツなんですけど(笑)。
Bloggerは、歴史的には「史上初の」無料レンタルBlogです。


>どういうものか見てもないんですが、そんなに便利なんですか?


初め、「日本のブログ」のつもりではじめたら面食らいますがね(笑)。あまりにも原始的で(笑)。
ただし、どっちかと言うと、それこそGeek向けです。自由度が高いんで「ほぼ何でも出来ます」。個人サイト持つ気分に近いかも。
あと、YouTubeとか、そう言うGoogle関連のサービスはとにかく乗せやすいですね。そう言う機能も今後増えていくんじゃないでしょうか?


Blogger:
https://www.blogger.com/start?hl=ja


>それと、FireFoxのアドオン、良かったどんなのがあるか教えていただけると助かります。(笑)


まず、多分一番必要なのは、「Grease Monkey」ってスクリプトエンジンなんですよ。


GreaseMonkey:
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/748


これ経由で色々な機能が使えるようになります。
と言うか、「スクリプト言語」のようなんで、自分で独自の拡張機能を書けたりするようですね。僕はやってませんが(笑)、お好きならそう言う事が出来ます。
ブログのエントリーを書くのは、上のGreaseMonkey採用の次のアドオンです。


ScribeFire:
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1730


これ、多分TypePadなら繋げられるのかな・・・・・・?まあ、ココログ側がどんな設定してるか分かりませんが、これでブログの管理ページ開かなくても記事が書けます。
Bloggerなんかはオーケーですね。


僕が他に常用しているのには、「ScrapBook」とかありますね。


ScrapBook:
http://amb.vis.ne.jp/mozilla/scrapbook/index.php?lang=ja


これはまあ、wgetみたいなモンなんですけど、お気に入りのWebページを丸ごとダウンロードするアドオンです。
これが優秀なのは、ページそのままダウンロードするんじゃなくって、手元に置いて保存/閲覧が可能なようにページリンクとか全部再構築してくれる辺りなんです。なかなか賢くて優秀だと思います。


こんなトコから・・・・・・?取りあえず思いつくのは、ですね。


>そういや、「Googleは社内でUbuntuを使ってるらしい」って話を聞いてたから、勘違いしてたのかも。


それはそう言う話は聞きますね。社内のパソコンもサーバーさえもUbuntuだとか。ウワサのGoobuntuですよね。
僕もその話聞いたんでUbuntuにしたんです。Google大好きっ子なんで(笑)。←ミーハー


>gOSはGoogleとはあまり関係ない、なんて話もなんかで読んだような。


gOSは確かにGoogle活用徹底してるんですよね。
ただし、接頭語のgってのは公式には「green」のgだそうです。
ってか紛らわしくする為に「g」にしたんでしょうね(笑)。明らかにそうです(笑)。
「Google OSってこんなのかしら」と想像掻き立てるには良いでしょうが、まあ、何とも・・・・・・(笑)。


gOSスナップショット:
http://wiredvision.jp/news/gadgets/images/2007/11/05/gos_desktop.jpg


Goobuntuスナップショット:
http://www.zoo.myftp.org/~kaz/imgs2/2006/20060202_1.png


下の写真は一種「リーク写真」だそうですが、これ見れば全然違いますよね。

投稿: cametan | 2008年6月14日 (土) 16時10分

ツールのご紹介ありがとうございます。
結構使えそうですので、これでしばらく行ってみようかと。(笑)
知らないだけで便利なツールは結構ありそうですね。
このまま行けば、ワタクシのPCライフはFireFoxだけで済んでしまうようになるかも知れません。
USBメモリにUbuntuインストールして、この環境持ち歩けば、ほとんど事足りるかも知れないなぁ。
#USBメモリも安くなってることだし、本気で考えてみるかな。

リーク写真はアクセスできませんでした。(笑)

投稿: かおりん | 2008年6月14日 (土) 20時49分

>知らないだけで便利なツールは結構ありそうですね。


あると思いますよ。
IEファンなんかは「Firefoxはアドインどんどん追加すると重くてダメだ」とか言いますが、逆に言うと、「自分が必要なモノだけ」厳選してインストールすれば良いだけ、なんで、不必要なモノでゴテゴテして遅いよりはマシだ、とか思いますね。


>このまま行けば、ワタクシのPCライフはFireFoxだけで済んでしまうようになるかも知れません。
USBメモリにUbuntuインストールして、この環境持ち歩けば、ほとんど事足りるかも知れないなぁ。
#USBメモリも安くなってることだし、本気で考えてみるかな。


自分でLiveCDとか、それっぽいのUSBメモリで作れちゃうと、「モバイビリティ」ってのが根本的に定義変わっちゃうんですよね。そう言う事は「あり得ます」よ。
ブラウザだけで何でも、ってのも結構アリ、なんですよね。端末代わりと言うか。
僕はあんま詳しく無いんですが、JavaScriptなんか酷使すれば結構な「プログラミング環境」でもあるでしょうしね。
ちなみに、JavaScriptは「Cに構文を似せてる」んですが、アレは実態はLispだそうです。開発者がLisperで、その知識を駆使して「JavaScript」を書き上げたそうです。
JavaとJavaScriptだと、「Javaの方がスゴイ」って勘違いされてますが、実際はJavaScriptの方が性能良い、って話ですね。
そのうち、JavaScriptも使いこなせたらな、とか思っています(笑)。


>リーク写真はアクセスできませんでした。(笑)


なんかアクセスブロックされてますね。
これじゃダメかな?


http://i205.photobucket.com/albums/bb121/BNvagadata/goobuntu.jpg

投稿: cametan | 2008年6月14日 (土) 22時02分

いつの間にコメントが。見逃してました。(笑)


>IEファンなんかは「Firefoxはアドインどんどん追加すると重くてダメだ」とか言いますが、逆に言うと、「自分が必要なモノだけ」厳選してインストールすれば良いだけ、なんで、不必要なモノでゴテゴテして遅いよりはマシだ、とか思いますね。
正直、アドオン追加する必要があまりなかったので、その辺の事情は知らなかったというか、話されているのは知ってたんですが実感としてなかったので、放置してたんですよね。
別に、標準のFireFoxでも充分でしょ、みたいなところで。
まあ、それとあんまり操作系というか、その辺変えてしまうと、職場でIE使ったときに困ることになるので変えてないってのもあるんですが。(笑)
職場では開発機なので、あまりね、FireFoxとか勝手にインストール出来ないんで。(^^;
#変なツールというか、いわゆる承認されたツール以外インストールすると、うるさいんですよ。イヤな時代になりました。


>自分でLiveCDとか、それっぽいのUSBメモリで作れちゃうと、「モバイビリティ」ってのが根本的に定義変わっちゃうんですよね。そう言う事は「あり得ます」よ。
そうそう。
例えば、出張先のホテルのロビーにPCあって、USBブート対応してれば、もうカンタンに自分の環境にできちゃうわけでしょ。これは魅力ですよ。
まあ、別にネットカフェとかでもいい。
結構ね、出張であちこち歩いてると、モバイルPC持ちたくなるんですが、これが仕事用のノートPC以外にそれも、ってなると非常に重い。(笑)
USBメモリだけで環境持ち歩けるなら、それに越したこと亡いんですよね。
#でもUSBメモリの持ち込みも厳しく制限されている会社も多いんですけどね。(笑)


>JavaとJavaScriptだと、「Javaの方がスゴイ」って勘違いされてますが、実際はJavaScriptの方が性能良い、って話ですね。


う〜ん、スゴイの定義がピンと来てないんでアレなんですけど、ワタクシ的にはJavaにいい思い出がないです。(^^;
結構環境依存なとこあるし、まあ、ホントに速いわけでもないですしね。
今時のPCとかサーバ使えば解んないですけど。昔はJavaはイマイチでした。
JavaScriptは柔軟性も高いので、深く足突っ込むと結構なことが出来ますよね。
あんまし柔軟すぎて、可読性が低いコードも書けてしまうのが難点ですが。(^^;


>これじゃダメかな?
見れました。
が、これUbuntuベースなんですか?見た目の印象が違うんで、GNOMEじゃないように見えるんですが。
って、まあなんでもいいか。(^^;
確かにgOSとは印象が違うように見えますね。
中身もかなり違うのかなぁ。
まあ、今のところどちらも手を出す気はないんですが。


そういや。
Sabayon、サイトだけ見てきました。
LiveCDじゃなくLiveDVDだったんで、怖じけてダウンロードはしてません。
torrentもあるのかな。なら、チャレンジしてみてもいいかも知れませんが。
画面の印象とか、ちょっと面白そうだったんで、触ってみたいんですが、インストールすることまで考えると、気軽にはいけなさそう。
#そういうテスト向けの環境がないので。(^^;


ちょっと予算とかマジメに考えて、お遊びPCを組むかな…。

投稿: かおりん | 2008年6月14日 (土) 22時19分

>#変なツールというか、いわゆる承認されたツール以外インストールすると、うるさいんですよ。イヤな時代になりました。


かつ、おかしなツールが闊歩してるのは「Windowsだからだ」ってのを分かってない辺りが怖いですよね(笑)。
全員Linuxで開発すりゃあイイのに(笑)。
「髪の毛のとんがった上司」ばっかでこの世は闇だ(笑)。


>#でもUSBメモリの持ち込みも厳しく制限されている会社も多いんですけどね。(笑)


しっかしなあ・・・・・・(苦笑)。困ったモンですね。


>う〜ん、スゴイの定義がピンと来てないんでアレなんですけど、ワタクシ的にはJavaにいい思い出がないです。(^^;


ああ~~。
まず、JavaScriptがJavaのサブセットだ、って思っているJavaプログラマが多いんですよ(笑)。いや、これマジな話です(笑)。
JavaScriptを「Javaの廉価版」みたいに思っているプログラマが多くて(笑)。素人ながら「そりゃねえだろ」とかツッコミたくなりました。
例えば、「Javaのオブジェクト指向はJavaScriptより優秀」とか平気で書いたりしてますね。ウソだろ?とか思います(笑)。
大体、「オブジェクト指向」って厳密な定義は無いですし(笑)。何と何を比べて「優秀」とか言ってんだろ(笑)?定義が無いモノは比較出来ないだろうに(笑)。
ぶっちゃけ・・・・・・Javaプログラマってちょっと頭が弱いんじゃねえか、とか(笑)。どこ指して言ってんだか分かんないんですが「業界標準」だと思い込んでいて、かつそれで今時「Javaからプログラム始める」人間があとを絶たないのです(笑)。世も末だ(笑)。


Javaスクールの危険:
http://local.joelonsoftware.com/mediawiki/index.php/Java%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%8D%B1%E9%99%BA


>JavaScriptは柔軟性も高いので、深く足突っ込むと結構なことが出来ますよね。
>あんまし柔軟すぎて、可読性が低いコードも書けてしまうのが難点ですが。(^^;


そうですね。関数型言語の特徴です。
何でもカッコ付けてその中に関数ぶち込める、と言う・・・・・・(笑)。延々とカッコの連鎖出来たりして(笑)。
まあ、Lispマニア辺りだとそんなに「可読性低く」無い(と思いたい)んですが、結局「短く書こう」とすると「可読性が低く」なっちゃうんですよね(笑)。


>が、これUbuntuベースなんですか?見た目の印象が違うんで、GNOMEじゃないように見えるんですが。


一応GNOMEだ、と言う話です。
Ubuntuベースとは言っても随分とカスタマイズされてますよね。
僕も初め見たとき「KDEだろ?これ」って思いました(笑)。


>画面の印象とか、ちょっと面白そうだったんで、触ってみたいんですが、インストールすることまで考えると、気軽にはいけなさそう。


でも「お洒落」でしょ(笑)?ワインレッドで(笑)。
イタリアのディストロって事で「ちょい悪親父」向けなんじゃないですかね(笑)?ジローラモ・ディストロ(笑)。
ゲームの同梱数も半端じゃないんです。Debian/Ubuntu系と違って「フリーじゃないソフト」が多く同梱されている事もあって「Ready to go」環境としてはワリに行ける選択してますね。
(だからこそ無茶苦茶大きいんですが)

投稿: cametan | 2008年6月15日 (日) 00時54分

>まず、JavaScriptがJavaのサブセットだ、って思っているJavaプログラマが多いんですよ(笑)。いや、これマジな話です(笑)。
職業プログラマじゃないですよね?
職業プログラマ、しかもWeb系なら、両者が別物であることは常識なので。
まあ、構文は「似てる」んですけど。


Javaが業界の標準、的な扱いは、まあ、日本では間違いなくありますけどね。
Javaって案件も多くありましたし。
#ま、ワタクシWindowsどっぷりだったので、Javaはほとんどやってませんが。(爆)
流行ってるのは間違いないです。
でも、まだ流行ってるのかな?比較的閉じた世界にいるので、その辺は解ってないかも知れません。


でもまあ、いわゆる日本での「オブジェクト指向プログラミング」を勉強するなら、Javaは悪い処理系ではないとは思うんですよ。
安価に環境揃えられますし。
#Windowsでも。(笑)
建前では環境依存がないことになってますしね。


>まあ、Lispマニア辺りだとそんなに「可読性低く」無い(と思いたい)んですが、結局「短く書こう」とすると「可読性が低く」なっちゃうんですよね(笑)。
Lisp系プログラマの常識は残念ながら知らないのですが。(笑)
結構Cプログラマなんかでも、「この方が速い」的な表記があって。
コンパイラのクセを生かした最適化でベストなコードが吐かれる実装というか。
昔ならともかく、今は、そんなことしない方が実は速かったり、そもそもコードメンテをいつまでも自分でやるわけじゃないので、トリッキーな実装するヒトは、一目置かれるけど、あんまり好まれませんけどね、今は。(^^;


>でも「お洒落」でしょ(笑)?ワインレッドで(笑)。
そうそう。(笑)
画面イメージもいい感じで、Gentooって地味な印象だったんですが、ディストリビューションのセンスでけっこう違うもんだな、と。
これ、日本語化されてて、先に知ってたらこっちになってたかも知れません。Ubuntuじゃなくて。(爆)

投稿: かおりん | 2008年6月15日 (日) 06時56分

>職業プログラマじゃないですよね?
職業プログラマ、しかもWeb系なら、両者が別物であることは常識なので。


と思いたいんですけどねえ(笑)。
まあ、ネタ元は「教えて!goo」辺りなんですが(笑)、ワリに「専門家」と名乗っている人がそう言う事書いてたりして(笑)。


>Javaが業界の標準、的な扱いは、まあ、日本では間違いなくありますけどね。


アメリカの国防省辺りも「Java」らしいんですが。
でもどうなんだろ?結局調べてみると


「これがJavaアプリの代表作だ!!!」


っての特に無いんですよ(笑)。意外なんですが。
クライアントからの「特注品」がそうなのかな?一般市場に出回るようなモノが無い、とか。
パっと思いつくのってそれこそ「Thinkfree」くらいしかありませんね。しかもLinuxじゃ走りませんし。良く落ちてるし(笑)。


結果、VM上で走る、ってのも特に真新しいアイディアじゃないですしね。結局PerlだろうとPythonだろうとそうですし。SUNが絡んでる、って事で知名度が無ければ、特に「Javaじゃなきゃならない」メリットってあんま無いってば実質上は「無い」ような気がします。
(しかし、この「知名度」がネックとなって「プログラミング初心者が」Javaから始めよう、って悪癖を生み出す土壌を形成しているような気がします)


>Lisp系プログラマの常識は残念ながら知らないのですが。(笑)


カッコの中に何でも突っ込もう、と言ういきり立った青少年のようなニュアンスです(謎)。


>結構Cプログラマなんかでも、「この方が速い」的な表記があって。
>コンパイラのクセを生かした最適化でベストなコードが吐かれる実装というか。


ああ、それって聞きますね。
何か「コンパイラの動作想像しながら」コードを書ける離れ業やる人がいる、とか。スゴイな。


>昔ならともかく、今は、そんなことしない方が実は速かったり、そもそもコードメンテをいつまでも自分でやるわけじゃないので、トリッキーな実装するヒトは、一目置かれるけど、あんまり好まれませんけどね、今は。(^^;


うん、その辺が実はUNIX系ではむしろ「禁じ手」だと思われているようですね。
「最適化」ってのは「あるハードウェア上で」って意味なんで、移植考えると得策じゃないんで嫌う、ってのがUNIX系の流儀のようです。
結局コンパイラ自体も進化するし、ハードも進歩するんで、次のコンパイラ、次のマシンで無事に動く為には「おかしな事をしない」と言うのが一番のようで、それが「UNIX哲学だ」と言う話を読みました。なるほどな、と。
そう言う「コンパイラの動作を先読みして」と言うプログラミングテクは、どっちかと言うとApple II時代の発想ですよね、多分。ハードが絶望的に貧弱で「リソースのパフォーマンスを一滴残らず搾り出したい」的な。んで、結果、他のマシンに移植する時「ほぼ全部書き直さないとならない」と(笑)。
UNIX系では「コードが生き残る」方が大事なんで、まあ、そう言う考え方がやっと支持されるようになった、って事なのかも。


>先に知ってたらこっちになってたかも知れません。Ubuntuじゃなくて。(爆)


うん、僕もそう思ったんですよ(笑)。カッコ良すぎますよね、Sabayon。
もっと流行っても良さそうなくらいです。

投稿: cametan | 2008年6月15日 (日) 14時27分

>まあ、ネタ元は「教えて!goo」辺りなんですが(笑)、ワリに「専門家」と名乗っている人がそう言う事書いてたりして(笑)。
まあ、専門家を名乗るひとが書いているなら、専門家の目から見ればそうなのかも知れませんが。
ワタクシはJavaは専門家ではないので。(笑)


>「これがJavaアプリの代表作だ!!!」
たぶん、いわゆる市販アプリケーション、フリーアプリケーションの類には少ないんじゃないかと思うんですよ。>Java
流行ってるのは、いわゆる「特注品」の世界だと思います。
C++よりも生産性が高いらしいので。>Java
ワタクシ的には、それはどうかな、と思うんですが、Java得意なヒトに言わせると、比較にならないそうですが。ま、慣れの問題じゃないんですかね、これも。
あるいは、Javaの方が標準で用意されている便利ライブラリが多いので、そう感じるのかも知れません。


>特に「Javaじゃなきゃならない」メリットってあんま無いってば実質上は「無い」ような気がします。
初心者にJavaかぁ。
先に書いた通り、開発環境が比較的安価に手に入る、ってのがメリットですかねぇ。
言語的にメリットは、確かにあまりないような気がします。
オブジェクト指向言語ではあるので、関数型言語の開発手順から、オブジェクト指向型言語の開発手順まで、ある程度柔軟に学習することはできると思いますが、まあ、別にJavaじゃなくても出来るので。
それこそJavaScriptでも可能です。(笑)


>「最適化」ってのは「あるハードウェア上で」って意味なんで、移植考えると得策じゃないんで嫌う、ってのがUNIX系の流儀のようです。
まさしく、これ。
その時の処理系のコンパイラでは速くても、次のバージョンではコンパイルエラーや警告になってみたり。
ま、素直に書くのが一番、という良い時代にはなりました。(笑)


>もっと流行っても良さそうなくらいです。
日本語化されれば流行るのでは?
…Gentooベースでは無理かな?(笑)

投稿: かおりん | 2008年6月15日 (日) 15時51分

>流行ってるのは、いわゆる「特注品」の世界だと思います。


ああ、やっぱりそうなんですか。
「特注品」は一般人は使わないから、ですからねえ。


>C++よりも生産性が高いらしいので。>Java
>ワタクシ的には、それはどうかな、と思うんですが、Java得意なヒトに言わせると、比較にならないそうですが。


結局、Java vs C/C++の文脈になると、


1.ポインタのある/なし
2.GCのある/なし


辺りでしょうね。これがデカい、って話を聞きます。
かおりんさんなんかの話伺うとポインタバリバリのメモリアロケーション何のその、と言う感じなんで(笑)、その辺、「一般人+α」のレベルの人とは次元が違うのかもしれません。
もっとも上記の二つのポイントだと、C#なんかはまさにそう言う言語のようなんで、それで考えると同文脈では「C#の方がJavaより生産性が高い」って事になっちゃいますよね。
このテの話ですと「後発のテクノロジーの方が常に有利」なワケですから。


>初心者にJavaかぁ。


不思議でしょ(笑)?
特に僕みたいなヘッポコですと、「静的型付け」ってメリットないんですよね。
たま~にエラー構文をわざと入れなきゃなんなかったりして


「静的だったらこんなん書かなくて良いのか。」


って思う時もありますが。
どの道初心者向けではない、ですよねえ。
Pythonがもっと流行れば良いのか。


>素直に書くのが一番、という良い時代にはなりました。(笑)


わはははは(笑)。


>日本語化されれば流行るのでは?


あ、日本語化されてますよ。
「ライブCDの部屋」ってサイトがあって、


ライブCDの部屋:
http://2.csx.jp/livecdroom/


ここでSabayon日本語版が手に入ります。

投稿: cametan | 2008年6月15日 (日) 17時09分

>1.ポインタのある/なし
>2.GCのある/なし
まあ、確かにね、違いといえばこれになるんでしょう。
でも、C++なら、って前提で。
MFCに代表されるクラスライブラリ使う分には、あまり直接ポインタ使うような場面はないんですけどね。
ガベコレも、クラスライブラリ側でスマートポインタとして各型クラスさえ用意されていれば必要ないし。
まあ、自分で型クラス宣言して、それを使うとか、多少の工夫(というか常識的な実装)で、この差は「なかったこと」に出来ます。
まあ、ライブラリにしても、完璧な実装は困難なので、ガベコレがない時点でメモリリークの可能性は捨てきれなくなるんですが。


ということから考えて、Javaの生産性ってのは、結局、「バグが出ても実害が少ない」処理系だから、生産性を上げることが出来る、ってことに尽きるのかも知れません。
まあ、cametanさんが言及している通り、これが理由ならC#だって変わらないわけです。


>どの道初心者向けではない、ですよねえ。
>Pythonがもっと流行れば良いのか。
初心者向け言語ってのがあるのかどうか。(^^;
結局は、最初に何に慣れるか、だけじゃないか、と思ってますけど。


>ここでSabayon日本語版が手に入ります。
むぅ。ダウンロードしてみるかな。
どうせ本格運用は考えてないし。試すだけ試してみようか。

投稿: かおりん | 2008年6月15日 (日) 21時01分

>MFCに代表されるクラスライブラリ使う分には、あまり直接ポインタ使うような場面はないんですけどね。


ああなるほど。
Microsoftって至れり付くせりなんですね。へえ。


この辺りのライブラリ実装の経験がC#に生かされているのかな?


>初心者向け言語ってのがあるのかどうか。(^^;


あ、ありますよ。
と言うか「教育用言語」ですね。元々「プログラミングの授業用で使われる事を」想定した言語です。


まあ、入門者用言語でBASICが流行った過去があるんで、「あんま実用的じゃない」って印象があるようですが、実際は結構「丁寧に作られていて」内部矛盾が無いように設計されていますね。現代ではスピードもそこまで落ちる、って程落ちません。
確かにCなんかはもっと「汚くても色々な事を出来る」んで、そう言う意味では「自由度が高い」「実用性が高い」んですが、反面、教育用言語は「普遍的な構文を」学べるように気を使って設計されています。
代表的な言語は次の三つでしょう。


1.Pascal
2.Scheme
3.Python


他にも「ABC」と言う言語がありますが、これはPythonの元ネタです。
Pascalは今は既に「古い」ですが、Algol系の実装言語としては恐らく最古参ですね。これは「ガチガチのキレイな構文」を学ぶもので、90年代初期辺りまでは大学の初年度辺りの入門コース用言語として使われてました。
SchemeはLisp系の関数型プログラミングの入門用言語ですね。MITなんかはこれが「入門コース用言語」として用いられているそうです。これも元々教育用の設計ですね。「覚えることが少ない」と言う特徴があります。
んで、今は結構、アメリカの大学の話のようですが、Pythonが使われているようです。これも元々「教育用に設計された」って意味では「入門者用」ですね、間違いなく。
まあ、Pythonの場合はexpandingが優秀なんで「実用性」にも重きを置いてますが、現時点のコンピューターのパワーから言うと、ワリに「ガチガチの構文」しか許さなくても柔軟にハードウェアの方が対応出来るようになった、って事でしょうね。それで「一環した構文」を許せるようになった、って事でしょうか。特にPythonの場合は、構文をCから色々借りてきてるんで、その後Cに移るのもラクな設計になってるんじゃないかな、とは思います。


>どうせ本格運用は考えてないし。試すだけ試してみようか。


試してみてください(笑)。
と言うか、ホント色々なゲームが積んでるんで(笑)、Ubuntuに入れても面白そうなのが見つかると思います。

投稿: cametan | 2008年6月15日 (日) 22時08分

なんだかんだで遅くなりました。orz


>と言うか「教育用言語」ですね。元々「プログラミングの授業用で使われる事を」想定した言語です。
教育用ってことなら、確かにありますね。
ただ、教育用って、cametanさんが記載の通りに、比較的厳格な文法のものがあって、勉強するには向いているんですが、とにかく早くなんか形にしたい向きにはどうなのかな、と思ったりします。


いくら書いても、なかなかコンパイル通らないとか、メゲモード一直線になってしまうので。
それなら、多少汚い書き方になっても、そこそこ早く動かせるBASICなんかは、入門用に向いているんじゃないかとは思うんですね。
入門者の多くは、「プログラムを勉強したい」わけではなくて、「自分のしたいことをするプログラムが欲しい」んだと思うんですよ。
なので、入門用って言語があるのかどうか、ってことになるんですが。(^^;
なんも知らないヒトが、「とにかく早く動かす」ための言語環境って、Linuxにはあまりありませんよね。
#ま、なんでも書いてみれば動かせるわけですが。
Shellですら、最初は思い通りには動かせないので、まあ、ワタクシ的には入門はbashから、でもいいように思ってます。

投稿: かおりん | 2008年6月17日 (火) 23時36分

>ただ、教育用って、cametanさんが記載の通りに、比較的厳格な文法のものがあって、勉強するには向いているんですが、とにかく早くなんか形にしたい向きにはどうなのかな、と思ったりします。


ああ、なるほど。
さすがプロの観点って違いますね。
まあ、Schemeなんかはかなり「デタラメ」書いても動いてくれるんですが(笑)、Pythonなんかはワリに「厳格」かなあ。
インデント強制される人は嫌いかもしれませんね。


>いくら書いても、なかなかコンパイル通らないとか、メゲモード一直線になってしまうので。


Pascalがそうですかね。Python/Schemeがインタプリタで即座にエラー返してくれるの考えると、かなり「古いタイプ」かもしれません。
余談ですが、Pascalの


program 何とやら (入力, 出力)


って書き方がどうも気に入らなくって(笑)。何で引数に「入出力」が来るのかイマイチ分かりません(笑)。
今の時代から言うと、結構Pascalってピントボケて来てますよね、多分。やっぱりCより古い言語だな、って感じで。


>それなら、多少汚い書き方になっても、そこそこ早く動かせるBASICなんかは、入門用に向いているんじゃないかとは思うんですね。
>入門者の多くは、「プログラムを勉強したい」わけではなくて、「自分のしたいことをするプログラムが欲しい」んだと思うんですよ。
>なので、入門用って言語があるのかどうか、ってことになるんですが。(^^;


ああそうか。なるほど。
バッチ処理の需要があるのか。そうかそうかそうか。
盲点でしたね。


>Shellですら、最初は思い通りには動かせないので、まあ、ワタクシ的には入門はbashから、でもいいように思ってます。


そうですねえ。Linuxではbashかあ。なるほど。
いや、別のトコロで丁度話してたんですが、


「現代的なLinuxでshell scriptでbashは必要か否か?」


とか議論してたんです(笑)。そこではほぼ満場一致で「bashはいらん」とか言ってて(笑)。
Script言語とOSがやり取りするのがもっと簡単になるか、もしくは既存のShellを例えばデフォルトでPerlやPythonで置き換えられればなあ、とかちょっと話してたんですよね。
僕も・・・・・・そうだなあ、例えばyaBASICとかLinuxのシェルスクリプトとして動かす、とか実験してたんですが、BASIC実装によってシェバングが通ったり通らなかったりするんですよね(処理系「だけが」立ち上がってソースは走らない、とか)。処理系選ばなきゃなんないのは不便だよな、とか言ってて。
スクリプト言語系がもっと簡易にOSとアクセス出来れば夢の「初心者用言語」になりそうなんですけどね。今のトコ、デフォルトと言うより、ライブラリ咬まして・・・・とか言う「作法」がメンド臭いですよね。うん。

投稿: cametan | 2008年6月18日 (水) 02時16分

>program 何とやら (入力, 出力)


余談にアレですけど。(^^;
元々教育用言語ってスタンスだったと思うんで、普通に関数のブラックボックス化をイメージしやすくするのに、そういう言語仕様になってるんじゃないですかね?
Pascalはやってないので、言語仕様をよく知らないんですけどね。(笑)


たぶん、なんですが、関数が戻り値を戻すって言語仕様がなかったんじゃないですかね?
まあ、よく知らないことには迂闊なことは言わない方がいいかも。(^^;


>「現代的なLinuxでshell scriptでbashは必要か否か?」


面白い議論してますね。(笑)
混ぜて貰いたいもんだ。(爆)


Linuxに限らず、バッチ処理ってのがコンピューターからなくならない限り、手続き型の言語は必要になると思うんですよね。
最低限の制御構造しか持ってないシェルスクリプトでも、かなり有効なので。
そこを高級言語化って道も理解できないでもないですが、そこまで高機能なバッチ言語って要求されるのかな、と思ったり。


ワタクシは、「bashは必要」に一票です。
プログラム言語の入門者に対しても敷居は低いと思うし、ハイレベルなひとなら、結構な処理が書けますしね。拡張も、適当にコマンド書けるひとなら、カンタンに機能レベルでの拡張は出来るし。
組み合わせで可能性が結構あるから、有用だと思います。


不要、と判断した理由が逆に解らないんですが。(^^;

投稿: かおりん | 2008年6月19日 (木) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41527681

この記事へのトラックバック一覧です: MSが本気なのか?:

« 地震ですな。 | トップページ | ScribeFireを試してみる »