« MSが本気なのか? | トップページ | ガンダムW »

ScribeFireを試してみる

cametanさんに教わりまして、FireFoxのアドオンで、ScribeFireなるものがあるそうなので、試してみました。

今まで、LeafPadでテキスト編集して投稿していたので、実際に編集するときに、リンクとか貼れなくて、ちょっと面倒だったといえば面倒だったんですね。
別に、ココログの普通の編集画面使えば?って話もあるんですが、これが意外に使えないというか、入力していると反応速度が悪くて、結構厳しいモノがあったんですよ。
#もしかしたらLinuxだけかも知れませんが。

で、インストールだけしてみたんですが、設定方法が解らなかったので、検索してみたら、ココログでの設定方法がここにありました。(笑)

名前が違っていますが、ScribeFireのことです。
ここの通りに設定して、この記事がきちんと投稿されていれば、問題なく動作していることになります。(笑)

まあ、試しに使ってみよう、レベルで使ってみているんですが、意外に入力にもきちんとついてくるので使えるかも知れません。

なんかの記事とか参照しながらウィンドウ分割のイメージで書けるので、他の記事参照しながら書くのには向くかも知れませんね。
わざわざココログの管理画面にログインしなくても投稿出来るのもよいかも。

しばらくこれ使ってみようかな。(笑)

|

« MSが本気なのか? | トップページ | ガンダムW »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます(笑)。


結構イイでしょ(笑)?ココログがTypePadだ、って分かってたのが良いですね。


結局IE6時代は、例えばガンダムサイト見ててブログを書きたい、って思っても「ウィンドウ2つ」とか開かなきゃなんなくってメンド臭かった。
次にタブブラウジングが来て、それでも切り替えがメンド臭い、と。
やっとここで「同画面内で」と言うのが来ましたね。


多分、次辺りはEmacsよろしく、単体のブラウザを上下に二分割して使う、とかになるんじゃないですかね?そうなればもっと使いやすくなりますよ。
複数画面分割とか・・・・・・。うん、そうだなあ。
昔のシングルタスク→擬似マルチタスクで「同時に二つのアプリケーションを開く」事が可能になったんですけど、今後はこう言う「単体ブラウザで同時に表示画面を2~3個同時に開く」と言う技術が必須となってくるかもしれません。
パソコンのパワーから言えば「出来そう」ですけど、結局レンダリングエンジンをどうするのか、と言う問題が今はまだあるんでしょうね。

投稿: cametan | 2008年6月14日 (土) 22時09分

ありがとうございます。(笑)


複数画面分割は、なんとなく、ですが「やってないだけ」じゃないか、という気がします。
PCパワー的にもレンダリングエンジン的にも問題ないんじゃないか、と思いますので。
単に、そういう要望が、「今のところない」だけじゃないですかね、きっと。

同一画面上で、単純に画面分割ってことなら、フレームセットがすでにやってるので、そこにUIをどうするか、って問題でしかないので。
まあ、アドレスバーが一個しかないから、というのもあるかもしれませんが、それも別に、ね。
GUIの問題だけだし。
あとは、アドオンなんかが自由に使えるペインって考え方もありますけど、それも基本はフレームセットの範疇で問題ないでしょう、きっと。
いずれにせよ、技術的な問題ではないような気がしますね。

投稿: かおりん | 2008年6月14日 (土) 22時31分

>そういう要望が、「今のところない」だけじゃないですかね、きっと。


ああ、そうなんですかねえ。
どーでしょ?
結構ブラウザなんかは今のトコ「市場啓蒙型」なんじゃないのかな、とか思ってたんですが。
IE7が出てもIE6が主流なトコ見ると、「タブブラウズ」さえ、一般人はその「便利さ」あんま考えてないし、知らないんじゃないかな、って気もします。
まだね・・・・・・多分「パソコン」ってハードウェアの存在感と違って、まだ「ブラウザ」ってユーザーが「ブラウザ文盲」の段階なんじゃないかな、とか思うんです。
少なくとも、OSの話と絡みますが、「全てReady to goでセッティングされている」って状態で考えると「自分でより良い環境を構築しよう」とか思ってないんじゃないですかね?まず「探そう」としませんから。
こう言う場合は、ベンダーが「新技術を投入して、ユーザーが目覚める」ってサイクルが暫く続くような気がしますね。まだ「自覚的に色々探す」段階ではない、と言うような気がします。


まあ、そんな理由で「新技術を投入しないのはレンダリングエンジンの問題なのかな?」って勘ぐったワケです。

投稿: cametan | 2008年6月15日 (日) 01時01分

>結構ブラウザなんかは今のトコ「市場啓蒙型」なんじゃないのかな、とか思ってたんですが。
確かにそうなんじゃないか、とは思うんですが。


一般人は、別にブラウザを便利に使うことは考えてないのかも知れません。
ブラウズできればそれでいい、みたいなところで。
実は、家族にFireFox使わせてみたんですが。
「タブ便利でしょ?」
「なんで?」
「いや、ウィンドウたくさん開かないし」
「?ウィンドウなんてたくさん開いておかないんじゃないの?」
てな反応でした。
そもそも、検索エンジンで一枚、結果を参照するのに一枚。それでいいでしょ、的な。(笑)
リンクは次々切り替わってOK。
以前の結果参照する時には、もう一回検索、という流れで使ってました。


「タブ」が便利なのは、ブラウザで参照先をたくさん開くような使い方するひとだけなんですね。
まあ、ワタクシなんぞはウィンドウが重なってるとちょっとイラっとするタイプなので、タブブラウザ出た時には「画期的だ」と思った口ですが、一般ユーザーは、そこまで求めてない。
もちろん、そうだったらいいな、とか、その方が便利なんてことは考えてないと思います。


「ブラウザ文盲」ってのは言い得て妙、って気がします。(笑)


>まあ、そんな理由で「新技術を投入しないのはレンダリングエンジンの問題なのかな?」って勘ぐったワケです。
というわけで、ワタクシは新技術を投入しないのは、市場がそれを要求してない、というか、それを求めるほどに成熟してないから、ではないか、と思ったわけですが。
今後、もう少しWebアプリが一般化して、「ブラウザを使う」ってことが、PCを使うことと同義になってくれば、自然と他との差別化のために新技術が投入されてくると思います。


ちなみにIE7のタブブラウズですが、ちょっと感覚的に使いづらいので、まだ普及してないんじゃないですかね。そもそもIE7自体がIE6と比較して、解りにくいUIになってるように思います。
MSがなんか実験的なことやってるのかも知れませんが。
色んなモノを標準では見えなくしてますからね。
IE6に慣れてる人には使いにくいんじゃないかな?

投稿: かおりん | 2008年6月15日 (日) 07時07分

>実は、家族にFireFox使わせてみた


この辺のエピソード面白いよなあ(笑)。
まめきちは文系なんですが、筑波大学大学院英語研究科に通ってるワケなんですよ。
でもかなりパソコン自体は使いこなしてる感じで、彼女に話聞くと、「こっちが考えてるパソコンの常識」ってのと実際「文系連中のパソコンの使い方」とはかなりの格差があるらしくって(笑)。


「え?そんな事も知らないの?」


的な事が頻繁に起こってるそうです。
彼女はそこじゃある種「神」扱いならしくって(笑)。笑いました(笑)。
ま、想像するに結構そう言う「リテラシー」の問題って出るんですよね。
特にパソコンって「ブラウザ用」なのが主な用途でしょうが、「酷使する」って程酷使してるワケでもなくって、結局


1.巡回場所は決まってる
2.それは特定の場所で動画を観る事だ(笑)。


って程度なんですよね(笑)。多分その割合が8割以上なんじゃないか、と。下手すれば「Office使う」なんてのも稀ですし、既に「アプリ使う」のも滅多に無くなってるんですよね。


どーでもイイけど、まめきち理系行けば良かったのにな(笑)。


>ワタクシは新技術を投入しないのは、市場がそれを要求してない、というか、それを求めるほどに成熟してないから、ではないか、と思ったわけですが。


ああ、そうか。そうなのかな。
って言うかそれって「出し惜しみ」なのかしら(笑)?


>MSがなんか実験的なことやってるのかも知れませんが。
>色んなモノを標準では見えなくしてますからね。
>IE6に慣れてる人には使いにくいんじゃないかな?


IE6に慣れてる・・・・・・。
いや、単に「IE7は重い」だけなんじゃなかろうか、と(笑)。分かんないですけど。
IEはGoogle使ってると特に重さ感じますけどね。Yahoo!程度だと差が無いんですが・・・・・・。結局Google党で「iGoogle」カスタマイズして面白がってる連中が「重さ」が気になってくるんですよね(笑)。もう耐えられなくなる(笑)。この辺で考え方が「iGoogle派」と「通常のYahoo!ユーザー」の間で乖離してくるのかもしれませんね。


あとは、IE7は実験的って言うより「Firefoxの真似」ってのはあるとは思いますけどね。意外に「Netscape vs. Microsoft」が再現されてんのかな、って気もしますが。ちょっとでもシェアが落ちる事にMSは敏感なってるのかもな、とは思います。

投稿: cametan | 2008年6月15日 (日) 14時42分

>「え?そんな事も知らないの?」
>的な事が頻繁に起こってるそうです。
てなことは開発の現場でも頻繁に起こっています。(爆)
開発の現場の人たちは、「開発のプロ」ですが、「OSの使い方のプロ」ではないで。
意外に、いろんな便利な方法を知らない。
かくいうワタクシもExcelの便利な使い方は、若い人に教わったりしてます。(爆)
#Officeのプロではないので、ってのはいいわけか。(^^;


>って言うかそれって「出し惜しみ」なのかしら(笑)?
むー、出し惜しみと言われてしまえば、そうなのかな、と思うんですが、ブラウザ開発の現場では、おそらく、ですが、「そんな提案をする余裕がない」んじゃないかと思うんですね。
市場の要求に応えるので精一杯というか。
そんなのリソース割り当て増やせばいいじゃん、ってことになるのかも知れないんですが。
まあ、それだけしか開発してないわけじゃなし、市場に対する提案ってコトになると、費用対効果まで考えなければならなくなるので…とか面倒なことがあるんじゃないんですかね、きっと。


>いや、単に「IE7は重い」だけなんじゃなかろうか、と(笑)。分かんないですけど。
重いですか?
会社のVista機でたまに使ってますけど、重さはあまり感じないかな。
XP機だと重いんですかね。

>あとは、IE7は実験的って言うより「Firefoxの真似」ってのはあるとは思いますけどね。意外に「Netscape vs. Microsoft」が再現されてんのかな、って気もしますが。ちょっとでもシェアが落ちる事にMSは敏感なってるのかもな、とは思います。
市場に受け入れられているものは、真似をして取り込んでしまう、ってのはMSのお家芸ですから、それも当然なんですかね。
シェアには敏感ですねぇ、MS。(笑)

投稿: かおりん | 2008年6月15日 (日) 16時09分

>#Officeのプロではないので、ってのはいいわけか。(^^;


いや、そうかもしれません(笑)。
そうか、ナレッジって細分化されてるんだなあ、いまや。


>市場に対する提案ってコトになると、費用対効果まで考えなければならなくなるので…とか面倒なことがあるんじゃないんですかね、きっと。


ああなるほど。そうか、そう言う考え方、ですね。なるへそ。


>XP機だと重いんですかね。


そうですねえ。
特にCeleronレベルだとツラいですね。明らかに。


>シェアには敏感ですねぇ、MS。(笑)


敏感ですね(笑)。
それが王者たる所以なのかな?

投稿: cametan | 2008年6月15日 (日) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41531450

この記事へのトラックバック一覧です: ScribeFireを試してみる:

« MSが本気なのか? | トップページ | ガンダムW »