« Kernel 2.6.25.8 とnVidiaドライバ 173.14.09 | トップページ | エイリアン3 »

ガンダムの撮り方(笑)-TZ5

ストライクフリーダムが完成したので、記念に写真を撮ってみました。
とはいえ、そのままただ撮影したのでは、ネタにならないので、ちょっとTZ5の設定なんかも弄くって撮影を試みてみました。

まず、試したのは、以下の点。
・ISO感度を設定し、iAモード以外も試す。
・三脚を使ってみる。
・接写モードを試す。

iA以外のモードを試したのは、これまでずっとiAでやっていたんですが、どうしても室内の写真なんかが、思ったようにならないというか、標準サイズにすると画素が荒く撮れてしまっているというのが気になっていて、これはISO感度の設定のせいなのでは?
と思っていたからです。

三脚に関しては、上記の画素が荒くなってしまうのは、手ブレが発生しているからかも、と想像したためです。

で、色々と撮影を試してみました。
大体10枚くらいは試してます。(笑)
#なにやってんだ、というのは置いとくとして。

先に気がついた順に書いてきますが。

接写モード。
ガンダム撮影の際には、あんまし意味ないです。(笑)
ということは、草花とかの撮影の際にも、iAのままお任せにしといて問題ないんじゃないか、と思います。
気になるなら手動で変えるのはアリだとは思いますが、それほど出来上がりの写真には影響ないような気がします。
#ガンダムの場合。(笑)

三脚の使用。
三脚使って、セルフタイマーでブレがないように撮影してみました。
遙か昔、模型小僧だった頃(笑)、インスタントカメラとか使って撮影してたことがあるんですが、この頃は手ブレ補正なんてご大層な機能や、オートフォーカスなんて気の利いた機能のあるカメラを持ってなかったので、非常に重要でした。
シャッター操作がカメラ本体に影響を与えないようにレリーズとか欲しかったことを覚えています。
が、セルフタイマーで十分にその代わりになります。
静物撮影の際には、三脚でセルフタイマー、試してみてください。
動くモノを撮る際には、そんな悠長なこと言ってられないので、あくまで静物対象です。

前置きが長くなりましたが。
無意味です。orz
最近の手ブレ補正って良くできてるんですね。
手持ちで撮影したモノと大差ありません。拡大して確認したんですが、ホント差は感じられませんでした。
#ガンダムでは。

最後に、ISO感度。
ISO感度が、iAモードでは自動的に設定されて、最大1600まで使えるようになっています。
これを絞って撮影することで、手ブレ補正も十分に効かせて、ぼけというか、そういうのが出ない写真にするのが目的でした。
で、iAモードだと、この最大ISO感度が設定できないので、通常モードというか、手動設定モードで、MAX400に設定して撮影してみました。

結果ですが。
これも意味なし。orz
iAモードで撮影しても、ISO200で撮影されてるようです。
まあ、照明の関係もあるんだと思うんですが、iAモード良くできてます。
わざわざ手動設定する必要なんて、たぶん、全然ありません。
いや、まいった。
#ガンダムでは。

じゃあ、今までぼけてたのは、なんだったのか、という疑問が当然のように沸いてきます。

さらに試行錯誤を重ねた結果。

ズームが問題と言うことが明らかに。orz

結局、フレームいっぱいに撮影したいので、被写体に寄ることをせずに、ズームでごまかそうとすると、標準サイズにしたときにぼけたような写真になるようです。
これはたぶん、フォーカスの焦点距離とかが関係してくるんだと思うんですが、最短焦点距離が、ズームをすればするだけ長くなってしまうので、近いモノにはピントが合いづらいってことなのかな、と考えています。

が、この辺、全然知識がないため、本当かどうかさっぱり解りません。
結果から想像するにそういうことかな、と思ってるだけです。
#だれかホントウのことを教えてください。

なので、ガンダムを撮影する際には、ズームは使わず、十分にフレームに入るくらいにまで、人間が近寄って、アングルを決めて撮影するのがよいようです。

ちなみにTZ5のカラー設定では、ガンダムを撮影する場合には、ビビッドの設定にしておいた方が、印象がシャープになるのでお勧めです。
ナチュラルでもよいのですが、プラの質感が強調されるため、オモチャっぽさが全開になります。(爆)
まあ、きちんと塗装したガンダムなら、そんなこともないんでしょうけど、単なる素組ですので、発色度合いでちょっとでもマシに見えるなら、その方がいいのかな、と思います。

ちなみに、光源はZライト(100W)のみ、撮影台は、PIXUS MP610です。(笑)

最後に、撮影ガンダムの感想を。
撮影したのは、というか作成したのはMGストライクフリーダムです。
フリーダムとどちらを作るか悩んだのですが、ガンプラに詳しいひとに相談したところ、「フリーダム」だろう、と言われたので、お店で比較検討した結果、ストライクフリーダムになりました。(爆)
#へそ曲がりなわけではなく。
パッケージの写真で見たところ、フリーダムが6頭身に見えたのが最大の理由です。
まあ、頭身比率でいうと、アニメのファーストガンダムのイメージに近い比率なので、それはそれで正しいような気もするんですが、比較的手足がスリムなのに、頭が大きく見えるのはどうなの?ってことで、ストライクフリーダムに決定しました。

その他、ネットで作例を見ながら比較してたんですが、どっかの作例で、えらいカッチョイイポーズのがあって、「これはっ!」と思ったも理由のひとつです。

ガンプラのMGシリーズの良さは、もちろん、作る手間というか、「大作を作っている」という充実感にあるのですが、それ以上に完成した時の満足感が大きいのが素晴らしいと思います。
可動範囲がどうとか、ディティールがどうとか、色々言われていますが、素組でこれだけの満足感が得られるプラモデルはそうないんじゃないかと思います。
成形色を分けて、塗装をしなくとも、ほぼ劇中のカラーリングが再現されることも素晴らしいですし、パーツ分割も考えられていて、ランナーから切り取ったバリなんかも、目立たない位置に来るように設計されています。
手軽に作るには、キットの値段、かかる時間など含め、決してお手軽なプラモデルではありませんが、例えば、タミヤやハセガワのキットと比較して、間違いなく気軽に作成出来ますし、掛けた手間の割には、完成したときの充実感は大きいと思います。
まだMGを作ってみたことのないガンダムファン(がいるとは思えないが)には、是非、一度好きなモビルスーツがMGで出ていないかどうか確認して、出てるようなら作ってみてください。(笑)

とかまあ、MGガンダムを讃えてみましたが。

まあ、デカいです。完成すると。
今まで一番デカいなぁと思ったのがウィング・ゼロ・カスタムですが、ストライクフリーダムも負けてないです。
羽根がデカい。
羽根のデカさなら、ウィング・ゼロ・カスタムよりデカいんじゃないでしょうか。
まあ、デカいと言っても、横幅をえらくとるってだけなんですけどね。

完成品見て、阿修羅像を思い出しました。
まあ、あちらは三面六臂ですけどね。

ガンプラに詳しいひとが問題点として挙げていた、「塗装をしないと関節の成形色である金色が金色に見えないのでカッコワルイ」点も、完成してみると気になりませんし、別に黄土色に見えるわけじゃないので、よいんじゃないかと思います。
墨入れしてしまえば、結構金色っぽく見えますし、下手にメッキパーツとか使われて、他のプラの成形色とコントラスト的に違和感が出るより、この方がいいんじゃないかと思っています。

とまあ、これで作りたいMGシリーズは、ほぼ作ってしまったので、ガンダムOOのMGが出てくるまで、しばらくガンプラはないかなぁ。(笑)

P1010059






ついでに、フォースインパルスとのツーショット。
カメラを被写体に寄って撮影したもの。

P1010065






同じ状態のものを引いた状態でズームしたもの。
結構差があります。

P1010066

|

« Kernel 2.6.25.8 とnVidiaドライバ 173.14.09 | トップページ | エイリアン3 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
>同じ状態のものを引いた状態でズームしたもの。
焦点距離が84.0mmですね。
ガンダムはピンぼけしてるみたいですね。
背景はそこそこピントが合ってますね。

>これはたぶん、フォーカスの焦点距離とかが関係してくるんだと思うんですが、最短焦点距離が、ズームをすればするだけ長くなってしまうので、近いモノにはピントが合いづらいってことなのかな、と考えています。
TZ3のマニュアル(PDF)を読んだら、自分も同様に思いました。

焦点距離が84.0mmの時に、デジカメとガンダムの距離がどの程度かわかりませんが、TZ3のマニュアルによると、テレ端(280mm)では1mまで寄れるらしいので、どちらが大きく撮れるのでしょうか。

ちなみに自分の場合は、クローズアップレンズというのをレンズの前につけて、最短焦点距離を短くしています。
クローズアップレンズNo.2の場合は、テレ端でも30~50cmに近寄れます。
http://mi84ta.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_a319.html

本当の使い方
http://mi84ta.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e815.html

投稿: mi84ta | 2008年6月25日 (水) 21時22分

mi84taさん、コメントありがとうございます。
専門的な知識のある方にコメントいただけると助かります。(笑)


>焦点距離が84.0mmですね。
このデータの見方がよく解ってないんですが、ピントが合った距離ってことなんですかね、この焦点距離っていうのは?
一応、シャッター半押しの状態で、ガンダムにピントの枠が出ていたので、そこにピントが合っているものと思っていたのですが。
また、84.0mmって、8.4cmって認識で合ってますか?
だとすると、ちょっと数字の感覚が解らないです。
大体、1m程度離れて、そこからズームして撮影したんですよ。
なので、84cmってことなら、解らないでもないんですが。


>背景はそこそこピントが合ってますね。
む〜。なんであの液晶表示で背景にピントが合ってしまうのか。
やはりこれが焦点距離のからくりなんでしょうか?
ピンボケだから、画素が荒くなったように見えている、というのは理解できました。
この辺の感覚と、画面に表示される情報と、出来上がりのイメージがマッチすれば、思った写真が撮れそうなんですが。


>TZ3のマニュアル(PDF)を読んだら、自分も同様に思いました。
ということは、この理解でよい、ということですかね。
助かります。この辺の理屈が解ってないと、試行錯誤ばかりが増えていくので。(^^;


>焦点距離が84.0mmの時に、デジカメとガンダムの距離がどの程度かわかりませんが、TZ3のマニュアルによると、テレ端(280mm)では1mまで寄れるらしいので、どちらが大きく撮れるのでしょうか。
モノが大体本体20cm弱、羽根の先まで合わせて30cm程度というものです。
距離は先ほど記載の通り、ズームなしで、40cmほどの距離でフレームいっぱい、1mほどの距離で、2,3倍のズームでフレームいっぱいだったと思います。
試行錯誤の感じだと、ズームなしで40cm程度まで寄った方が鮮明に撮れる感じです。(ピントが合っている?)

>ちなみに自分の場合は、クローズアップレンズというのをレンズの前につけて、最短焦点距離を短くしています。
写真拝見しました。
TZ5につけられるものがあるかどうか、探してみたいと思わせる写真でした。
ああいう風に、手前というか被写体にだけピント合わせて、背景はピンボケってのを撮りたいんですよね、特に草花の場合。
クローズアップレンズのみで出来るモノなのか、それともカメラ自体にも差があるのか。(笑)
コンデジでも撮影されていらっしゃったようですので、可能なのかな、とも思うのですが。
ちと調べてみたいと思います。
#値段によっては、ムリなんですが。(爆)

投稿: かおりん | 2008年6月25日 (水) 22時07分

>ピントが合った距離ってことなんですかね、この焦点距離っていうのは?
違いますよ。言い換えると、ズームした位置でしょうか。
TZ5の焦点距離は、28(広角端)~280mm(望遠端)です。
ピントが合う距離は、 かおりんさんが理解しているように最短撮影距離です。

>一応、シャッター半押しの状態で、ガンダムにピントの枠が出ていたので、そこにピントが合っているものと思っていたのですが。
>大体、1m程度離れて、そこからズームして撮影したんですよ。
約1m離れていたら、ピントが合う距離だと思うので、他の原因でボケているのでしょうか。

>TZ5につけられるものがあるかどうか、探してみたいと思わせる写真でした。
残念ながら、TZ5には取り付けられません。
どうしてもという場合は、レンズの前にクローズアップレンズを手で持って撮ることになります(苦笑)。
自分の場合は、別売りアダプタを取り付けて、クローズアップレンズをつけています。

>クローズアップレンズのみで出来るモノなのか、それともカメラ自体にも差があるのか。(笑)
TZ5は280mmで開放F値がF4.9なので、自分のPowerShotS3IS程(開放F値がF3.5)はボケませんが、自分のPowerShotA710IS程度(開放F値がF4.8)はボケると思います。
http://mi84ta.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_9d5d.html

>#値段によっては、ムリなんですが。(爆)
日本メーカーかわからないのは、新品でも1000~1500円で買えます。
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x38292687
自分の場合は、ハクバという日本メーカーですが、ヤフオクの中古で58mm径を1100円で買ってます。
繰り返しますが、TZ5には取り付けられません。

被写体のサイズとデジカメまでの距離を教えてもらったので、自分のコンデジでどの程度か試してみます。

投稿: mi84ta | 2008年6月25日 (水) 22時43分

>違いますよ。言い換えると、ズームした位置でしょうか。
違いましたか。ズームした位置。
ちとピンと来てません。(^^;
調べてみます。


>約1m離れていたら、ピントが合う距離だと思うので、他の原因でボケているのでしょうか。
なのかなぁ、と思ってたんですが、写真よく見ると、確かに背景の壁の模様の方にピントが合ってるように見えるんですよね。
もしかしたら、ピントの合う範囲とかあるんで、それで調整した方がいいのかなぁ。


>残念ながら、TZ5には取り付けられません。
やはり。(^^;
買う前に調べた時には、その手の記事が一切なかったので。
本格的にやるなら、それなりのモノを買わないとダメなんでしょうね。
道具使ってやる趣味は、ある程度道具にお金かけないとどうしようもないからなぁ。


>どうしてもという場合は、レンズの前にクローズアップレンズを手で持って撮ることになります(苦笑)。
さすがにそれはイヤです。(爆)


>TZ5は280mmで開放F値がF4.9なので、自分のPowerShotS3IS程(開放F値がF3.5)はボケませんが、自分のPowerShotA710IS程度(開放F値がF4.8)はボケると思います。
アングルがキモになりそうですね、ああいう写真の場合。
面白いと思うんですよ、思った通りの絵が撮れたら。


>被写体のサイズとデジカメまでの距離を教えてもらったので、自分のコンデジでどの程度か試してみます。
なんか解ったら教えてください。


時に、ブログ再開したんですか?

投稿: かおりん | 2008年6月25日 (水) 23時58分

こんにちは。
>時に、ブログ再開したんですか?
10日以上放置したけど結構アクセス数があったし、別に写真ブログを立ち上げたけど、デジカメ記事を書きたくなることがあるので、デジカメ記事はあのブログに書くことにしました。
写真ブログは残念ながらアクセス数がかなり少なく、あのブログのアクセス数の1/3~1/4です。
世間の人はコンデジの情報を結構求めているんだなと思いました。

>なんか解ったら教えてください。
TZ5の説明書の撮影可能範囲(P41)を読んだら、
LUMIX TZ5でiAの時は、4(112mm)~7倍(196mm)は2m以内に近寄れませんとありました。
1(28mm)~4(112mm)倍は、5cm~2mで変化するとかいてあるので、単純に比例すると仮定すると、焦点距離84mmで撮影可能距離が134cmになります。
”焦点距離が84.0mmの時に1mほどの距離で撮った”というかおりんさんの記述に、”約1m離れていたら、ピントが合う距離だと思うので、他の原因でボケているのでしょうか。”と書きましたが、自分のコンデジの感覚では焦点距離84.0mmで撮影可能距離が1m以上なんて予想できませんでした。
LUMIX TZ5は、7倍(196mm)~10(280mm)倍で、2m~1mで変化とあるので、焦点距離84mmで撮影可能距離が134cmしか近寄れないより、望遠端(280mm)の方が大きく撮れそうな気がします。

また、iAの時でない(マクロにならない)時や人物モードなどでは、1(28mm)~10(280mm)倍は、50cm~2mで変化するとかいてあるので、単純に比例すると仮定すると、焦点距離84mmで撮影可能距離が83cmになるのですが。
これなら、3枚目のズーム位置でもピンぼけせずに撮れる?

自分のコンデジと仕様が違うので、試すのをやめました。
ちなみに、PowerShotS3ISの望遠端(432mm)の撮影可能距離は90cmで、PowerShotA710ISの望遠端(210mm)の撮影可能距離は55cm。

投稿: mi84ta | 2008年6月26日 (木) 00時54分

>世間の人はコンデジの情報を結構求めているんだなと思いました。
なんか、そうみたいですよ。
最近はそうでもないですけど、TZ5で検索されてくる方がワタクシのブログでも結構多いので。
再開されたんなら、またウォッチさせていただきます。(笑)


>LUMIX TZ5は、7倍(196mm)~10(280mm)倍で、2m~1mで変化とあるので、焦点距離84mmで撮影可能距離が134cmしか近寄れないより、望遠端(280mm)の方が大きく撮れそうな気がします。
調べていただき、ありがとうございます。
あんまり半端な位置でのズームだとピントが合わないという理解でよいですかね?
ちょいと離れて、ズームを大きくした方がピントが合いやすい、って感じでしょうか?
まあ、せっかく調べていただいたので、後日検証します。(笑)
試す分にはカンタンに試せますからね。

>また、iAの時でない(マクロにならない)時や人物モードなどでは、1(28mm)~10(280mm)倍は、50cm~2mで変化するとかいてあるので、単純に比例すると仮定すると、焦点距離84mmで撮影可能距離が83cmになるのですが。
むぅ。これはそういうもんなんでしょうか?
マクロにならない方がよい?
モードで変化するってことは、これはレンズとかCCD性能と言うよりも、カメラの性格付けの問題になるんでしょうかね。
なんとなく、ですが、焦点距離とか、ピントが合う距離なんてレンズとCCDの性能で決まるもんで、制御系のシステムで決まるもんだとは思ってませんでした。


う〜ん、奥が深い。

投稿: かおりん | 2008年6月26日 (木) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41644545

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムの撮り方(笑)-TZ5:

« Kernel 2.6.25.8 とnVidiaドライバ 173.14.09 | トップページ | エイリアン3 »