« ゴミ箱(Nautilusの問題?) | トップページ | ガンダムW-エンドレスワルツ »

ガンダムW(TVシリーズ完)

ようやく見終わりました。ガンダムW。
前半というか、後半にはいるまで、結構、ストーリー展開が解りづらい以外は、設定含め、よく出来ているんじゃないんでしょうかね。

ガンダムシリーズのデザインが如何なものか、と思ったりもしますし、敵モビルスーツも、かなりカッコワルイし、ガンダム以外の名前付きのモビルスーツも、それってどうなの?なデザインなんで、モビルスーツ好きには、ウケなかったかも知れません。(笑)

ワタクシ的には、空戦用のエアリーズは割とよいデザインじゃないかと思うんですが、まあ、ねぇ。
ウィングガンダムとウィング・ゼロ以外は正直どうかなぁ、と思ったりするんですが。
エピオンも活躍の割には、ちと如何なものか。

ま、ガンダムのデザインはともかく、ストーリー的には、よく練られていて、矛盾もあるかも知れませんが、ストーリー展開の中で、それを感じさせない作りになっていますし、最終話へ向けて話を盛り上げる盛り上げ方も、好感が持てます。

それに、結局みんな目指すところは一緒なのに、どうして戦わなくちゃいけないんだ、的な展開もGooですよ。(笑)

映像的には、最終話前2〜3話くらいから、気合いも入ってましたし。作画は良かったかなぁ。
それに、戦闘シーンが、絵が古い割には迫力あって良かった感じです。
特に最後のウィング・ゼロと、エピオンの戦闘が。

ゼクスとトレーズが死んだのは、仕方ないとしても、他のガンダムパイロットが誰も死ななかったのは意外でした。(笑)

一人くらいは死ぬかな、と思ってたので。
なんとなく、ガンダムって最後の方は結構、あっさり人が死んで、主要なキャラクタだけ生き残って、死んだ人たちの分まで生きていこう的なラストだったりするじゃないですか。
そんな感じになるのかな、と思ってたんですが。

残念といえば、後日談的なところが、あっさりしすぎていて、ヒイロ以外の他のガンダムパイロットは?とか、あら、ヒイロとリリーナってうまく行ったんじゃなかったんだ、とか、若干不満なところはないでもないです。

まあ、あと全体的な設定としては、リリーナが国家元首になってみたり、女王様になってみたり、なんで小娘が政治やってんの?みたいなところはありましたけどね。

トレーズとか、設定上の年齢は解りませんが、あのくらいの年齢ならアリだと思うんですよ。
でも、リリーナって、まだ女子高生ですよね?
女子高生が政治ですか?
まあ、現実になったら面白いかも知れませんが。(爆)

そういや、カトルとドロシーって、もしかしたら戦後うまく行くのかも知れませんね。
どちらも財閥のお坊ちゃんとご令嬢だし。

なんてことを考えさせられる人間関係もきちんと描写されているし、ラストで、その辺語らなかったのは、ファンには後日談を考える余韻を残したってことでよいのかも知れませんけどね。

まあ、この後、エンドレスワルツを控えているので、後日談がどうなるのかは、そちらを見れば、語られているのかも知れません。(笑)

ガンダムOOに、このガンダムWの流れが組み込まれているなら、シリーズ2は面白くなるかも知れませんねぇ。

|

« ゴミ箱(Nautilusの問題?) | トップページ | ガンダムW-エンドレスワルツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41687552

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムW(TVシリーズ完):

« ゴミ箱(Nautilusの問題?) | トップページ | ガンダムW-エンドレスワルツ »