« Opera 9.51 | トップページ | ガンダムの撮り方(7)-TZ5 »

エルガイムMk-II

重戦記エルガイム、でしたっけ?
正式なタイトルは忘れてしまいましたが。

ガンプラのバンダイから、Real Robot Revolution(R3)というシリーズで、ガンダム以外のサンライズ系のアニメのロボットを模型化しています。

ガンダムはガンダムでけっこう好きなんですが、このエルガイムシリーズも、子供の頃の忘れられない作品だったりします。

そもそもの設定も、当時新鮮だったなぁ、確か。
エルガイムとか、トレーラーみたいな専用の車というか台車で運ぶんですよね。
外装パネルは、装甲ではあるけれども、同時にソーラーパネルになっていて、それが動力になっている、とか。
#なら、なんでやられた時に爆発するんだ?

この作品そのものは、特に展開もせず、たぶん映画化もせず、ファイブスター物語に、設定なんかを引き継いで現在に至ってたりします。
デザイナーの永野護だったかな、それが本来描きたかった世界は、ファイブスター物語の方で描かれているみたいですけど。
こっちはこっちで商品化とかOVA化とかされたりして、それなりに人気はあるのかも知れません。

で、まあ、そのエルガイムの後半の主人公メカのエルガイムMk-IIが、そのR3シリーズで模型化されていたんで、作ってみました、程度の話です。(笑)

模型ブログじゃないんで、モノの方は別に詳細に触れるつもりはないんですが、デカいです。
ストライクフリーダムもデカいと思いましたが、全長で30cmを超えるんですね、これ。
で手に持ってるバスターランチャーは35cmを超えます。orz
さて、どこに置いたもんか、とは思うんですが〜(笑)

プラモデルも楽しいんですが、完成品が増えてくると、どこに飾ったもんかが悩ましい話ですな。
そういう意味では、まだPCの方が邪魔にならないかも、なんて思ったりします。
少なくともデジタルデータは、HDDの容量を圧迫することはあっても、物理的な場所を、そう多く取るわけじゃないですからね。

例によって、完成品をTZ5で撮影。
自然光とZライトと、いくつかパターン変えて撮影してみましたが、Zライトで、広角が一番綺麗に撮れてました。

そういや。
最近、ガンプラサイトやガンプラブログなんかも見てますけど、意外にフラッシュ焚いて撮影されている方が多いんですね。
この手の模型とかの接写だと、フラッシュ焚くと影がきつくなりすぎて、というのと、プラの表面に光が反射して、イマイチ綺麗に撮れないような気もするんですけどね。
まあ、ワタクシも、実際にフラッシュでの撮影は試してみてるんですが。
使い方なのかなぁ。

とまあ、これからもデジカメに関しては試行錯誤を続けていく予定なんですが。
ガンプラ系に関しては、大体作りたいものは作ってしまったし。
さて、どうしたもんかな。(笑)

P1010196

|

« Opera 9.51 | トップページ | ガンダムの撮り方(7)-TZ5 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/41739926

この記事へのトラックバック一覧です: エルガイムMk-II:

« Opera 9.51 | トップページ | ガンダムの撮り方(7)-TZ5 »