« LiveUSBを試してみた。 | トップページ | FlashPlayer10RC »

USBメモリにフルインストール

ネットで調べたり、松本さんからの示唆もあり、USBメモリにフルインストール。
実は、ここまでは先日試していて。
どうやってもBOOTしないので、メゲて中断。(^^;
本日改めて、PCのBIOS設定を見直して、BOOT可能になりました。

で、環境的には、こちらの方が良い感じ。
普通に、LiveCDから起動してUSBメモリにインストールしましたが、フリーエリアが1GB程度と、それなりに使えそう。
まあ、動画とか見る環境にはできないかも知れませんが。
8GBのメモリ使えば、動画を持ち歩くってのも簡単かもしれません。

それはそれとして。
今、そのUSBから起動した環境でこれを書いてますが、まあ、使えないことはないかな、という感じ。
意外にというか、当然というかUSBメモリって遅いので、初回起動時のアップデートの嵐の摘要に結構時間がかかります。
これから自分用の設定を行っていくわけですが、思ったよりも依存関係が多くて、使ってないアプリケーションの削除が困難だったりします。
松本さんの勧めてくれたようなPuppyとかの方が、もしかしたら全体に軽めに作れるのかも知れないなぁ、なんてことも思ってますけど。
ぶっちゃけ、テキストエディタとブラウザが動けば、それで環境としては十分なんじゃないかな、とも思うんですけどね。
むしろフリーエリアを大きく取りたいので。
ツールも厳選したいところですよね。

ま、その手の設定はこれから折を見てぼちぼちってことで。
とりあえず、「持ち歩けるOS」は手に入れた感じです。(笑)

|

« LiveUSBを試してみた。 | トップページ | FlashPlayer10RC »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

そうですか、いいですねえ。実は、私は人に勧めておいて、自分ではLive CDのUSB版の方法しか試しておらず、それもやっぱり「結局使い道がないよな」と放置してあるような状態です。今度ちょっと、フルインストールをやってみようかな、と思いました。

投稿: 松本 | 2008年8月14日 (木) 22時01分

まだ、実際には他のPCでの起動を試してないので、完全に成功とも言えない状態なんですが。
会社のノートPCでこっそり試そうかな、と考えてますけど。(笑)

問題は、やっぱり使い道、なんですよね。
まあ、最低限、ブラウザのブックマークだけでも持ち歩ければ、外出てる時とか、ネットカフェなんかで使えないこともないのかな、と思ってますけど。
ある意味、非常時のみに使う、程度のものになるかも知れません。
DVDとか持ち歩くよりはコンパクトで、若干起動も速い、くらいしかメリットないかも知れませんね。

投稿: かおりん | 2008年8月14日 (木) 22時43分

4GのUSBメモリにフルインストールですか。私は容量的に足りないかとあきらめていました。もう少し詳しく説明してくれたら嬉しいです(swap容量とか・・・)。

投稿: ぴよこ | 2008年8月18日 (月) 01時13分

ぴよこさん、コメントありがとうございます。
詳しくと言っても、何もしてないというか。(笑)
liveCDから起動して、USBメモリを差して、USBメモリにお任せインストールしただけです。
パーティションはディスク全体を使う、としてやはりインストーラにお任せ。
注意が必要とすると、GRUBインストールのみ手動として、USBメモリにインストールすること、インストール完了したら、再起動する前にUSBメモリのGRUBのmenu.lstのhd?になってるとこをhd0に書き換えるくらいです。
GRUBの書き換えは独学Linuxさんにも記事がありました。あちらの方が詳しいかな。
不明点があれば、コメント頂ければ回答します。(^^;

投稿: かおりん | 2008年8月18日 (月) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/42141538

この記事へのトラックバック一覧です: USBメモリにフルインストール:

« LiveUSBを試してみた。 | トップページ | FlashPlayer10RC »