« BIOSバージョンアップで省電力機能が使えるようになった。 | トップページ | IndirectRenderingとフリッカー »

USB-HDDの功罪

USB-HDDを使ってる方も多いと思います。
ワタクシも一台使っております。

といっても、普段は接続すらしてなくて、電源も入ってません。
なんに使ってるかというと、NTFSでフォーマットして、大きめのファイルのバックアップというか、待避に使用してます。
例えば、OSのISOとか。
滅多に使わないけど、たまに必要になるもの、とか。
DVDに落としてないけど、メインのドライブの容量喰うから移動している動画ファイル、とか。

データドライブとして活用してます。
まあ、滅多にないですが他のPCに持って行っても使えますしね。
#そういう場合はUSBメモリでも事足りてしまうんですが。

ところが。
HDDだからなんでしょうか。
UbuntuをこのUSB-HDDにインストールして問題になってる場合が多いようで。
以前にメールで相談された方もUSB-HDDへのインストールでハマってたようでした。

USB-HDDへのインストールで、何が問題になるか、というと、「取り外せること」なんですよね。
これは外付けHDDでも同じかも知れませんが、USB-HDDだと、気軽に取り外せてしまう。
というか、ワタクシ同様、あまり常時電源ONって方が少ないのかな、もしかして。

仮にノートPCでの使用だとすると、なおさら常時電源ONってのは少ないかも知れませんね。

で、そのUSB-HDDにUbuntuを初めとするLinuxをインストールしようとすると、問題が発生します。
それは、デフォルトで使われているGrubのせい、とも言えるのですが。
Grubって、ブートローダーとしては大きいんでしょうね、きっと。
それと、編集の容易さを考えている可能性もありますが、Linuxのパーティションにブートに必要な情報を持つんです。

なので、内蔵HDDにWindows、USB-HDDにUbuntu、という構成でインストールしてしまうと、内蔵HDDのブートセクタにGrubの本体、USB-HDDのUbuntuパーティションにGrubの設定ファイル、という形で分割されてインストールされてしまいます。
#標準の構成では、ですけどね。

その結果、USB-HDDを取り外していると、内蔵HDDから起動したGrubが設定ファイルを見つけられずに、エラーが発生して、Windowsすら起動できない、という状態になってしまう、というわけです。

これを回避するには、内蔵HDDのブートセクタにGrubをインストールしない、しか手がないわけで、結構面倒だったりします。

ワタクシも実はWindowsのHDDとUbuntuのHDDを物理的に分けていまして、それぞれのブートセクタには、それぞれのOSのものが入るようにしています。(HDDの入れ替え参照)
基本は、GrubからWindowsも起動可能にしてますが、最悪UbuntuのインストールしたHDDを取り外してしまえば、普通にWindowsが起動するようになってるわけです。

同じようなことをUSB-HDDへのインストール時にも出来ればいいのですが、これはPCのBIOS依存の話になるので、ちょい古めのPCだとUSB-HDDからのブートをサポートしてなかったりして、ダメだったりする可能性もあります。

まあ、WindowsのHDDには何も書き込まずに、ってのがベストだと思うので、BIOS設定を確認して、USB-HDDからブート可能なのであれば、USB-HDDのブートセクタにGrubを書き込んで、BIOSの起動順序を変更して、UbuntuとWindowsを切り替える、ってのもひとつの手だとは思います。

それが不可能だと、GrubをUbuntuをインストールしたパーティションの先頭セクタに書き込んで、それをファイルに落として、Windowsのブートローダーから、grubを呼び出すようにしなければならず、そこそこ面倒なんですね。

それもこれも、結局はUSB-HDDにインストールして、使わない時は外しておこう、という考えから来るものなので、お手軽なUSB-HDDの功罪と言えるのではないでしょうかね。
お手軽にやるつもりが、結局ハマってしまった、という。

USB-HDDが悪いわけでも、Ubuntuのインストールが難しいわけでもない、両方の合わせ技で発生する事例なんですけどね。

内蔵HDDにいきなりパーティション割って新OS導入ってのも、なかなか勇気が要ることなので、これは仕方ないのかなぁ、とは思いますが、おそらくびっくりすると思うんですよ。
Ubuntuをインストールして、ちょっと触って、「こんな感じかぁ」みたいに思って、後日USB-HDDを外した状態で起動しようとするとWindowsが起動しない、って状態は。(笑)
#おそらく当人笑い事じゃないんでしょうけど。

こういうのを雑誌とかムックとかで注意を喚起できればいいのかな、と思ってみたり。
なかなかね、初めてLinuxというかGrub使う人には解らない問題だと思うんですよ。
インストール前に注意だけでもしておけば、びっくりすることも、焦ることもないんだと思うんですけどね。

まあ、誰が悪いわけでもないので、こればっかりはあちこちで注意を喚起するしかないんでしょうけどねぇ。

|

« BIOSバージョンアップで省電力機能が使えるようになった。 | トップページ | IndirectRenderingとフリッカー »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/42509819

この記事へのトラックバック一覧です: USB-HDDの功罪:

« BIOSバージョンアップで省電力機能が使えるようになった。 | トップページ | IndirectRenderingとフリッカー »