« MGストライク・ルージュ(途中) | トップページ | PythonとwxPythonとwxGladeと »

4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu

壊れてしまった4GBのUSBメモリは販売店に持って行ったら、購入履歴を調べてくれて、8月に購入したものであることが明らかであったため、修理の受付をしてくれた。
ありがたい。
偉いぞ、ヤマダ電機。(笑)

ポイントカードの類があるお店だと、たぶん、一年くらいは購入履歴を保持してくれているっぽいので、こういう場合に便利かな。
で、こちらの方は修理に2週間程度、とのこと。
ま、たぶん交換。少なくとも中身は新品になって帰ってくるものと思われます。

そんで、2週間Ubuntuがないのも寂しいなぁ、と思って。
TOWTOPで8GBのUSBメモリを購入。

2780円なり。
なんか。
8月に購入した4GBのUSBメモリとあまり値段が変わらない気がするんですけど。
まあ、家電量販店で購入したので、ちょっと割高だった、ってことのようです。
んでも、さすがに4GBよりは高かったのかも知れません。

早速、CDで起動して、USBメモリにインストール。
間違えてGrubをHDDのMBRにインストールしてしまい、一度真っ青になりましたが、そこはさすがLiveCD。
ネット検索して、解決策を探して一発でした。(爆)

一応、メモ。
UbuntuのLiveCDを使ってGRUBまたはMBRを回復するには

その後、再度インストールを行い、今度はUSBメモリにgrubをインストールして。
で、今はアップデート中です。

一応、無事ノートPCにて起動することは確認しました。
その他、/tmpをRAMDISKにする方法を発見したので、その設定も行っています。
こちらには、homeをRAMディスクにするような、チャレンジャーなことも行っていますが、USBメモリの寿命とか考えると、もしかしたら、やっといた方が安全かも知れませんね。
#まあ、データ失う危険性はつきまとうけど、USBメモリだって、すぐに壊れるようなもんらしいしね。

アップデートが終わり次第、FireFoxとかScribeFireの設定にはいるつもりです。

いやぁ、USB-Ubuntu。慣れてしまうと、ないと辛い。(笑)

|

« MGストライク・ルージュ(途中) | トップページ | PythonとwxPythonとwxGladeと »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/42903317

この記事へのトラックバック一覧です: 4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu:

« MGストライク・ルージュ(途中) | トップページ | PythonとwxPythonとwxGladeと »