« Prelinkの弊害? | トップページ | ティエレンタオツーにトップコート »

Kernel 2.6.27とGV-MVP/RXとワタクシ(問題解決)

新カーネルにして、TVが見れなくなった、と嘆いていましたが。
設定でした。orz
カーネル、全然責任なかったです。
ええ、ええ、ワタクシがマヌケだったわけですよ。orz

ドライバ認識までしているのに、見れないのはおかしいなぁ、と思っていたのですが。
チューナーの設定に問題があったようで。
#でもそれなら、外部入力くらいは正常に表示されてもよさそうなもんなんですが。

とにかく。

$ /usr/bin/v4l2-ctl --all

というコマンドで状態を確認してみたら、Video Standard というところの値がPAL-Nとやらになってました。
ん?って感じで。
#ちなみに、ここにたどり着くまで数時間経過しています。

ここは、NTSC-M-JPじゃないとマズいんじゃなかったっけ?

色々と調べて、このサイトを発見。

ここで、Video Standardを設定せよ、と書いてあり、NTSC-M-JPにせよ、と書いてあります。
で、その設定する値が11とも。
ええ、これが間違いでした。orz

以前には、確かにこの値、11に設定して動作していました。
しかし。しかぁし。

なぜか、このバージョンから、この値を2に設定しないと、NTSC-M-JPにならんのですよ。
ええ、ならんのです。

上記サイトでは、自動設定を行うためのスクリプトも紹介されていますので、それを使用する方がいいとは思います。
でもワタクシは軟弱者なので、とりあえず、設定を一覧して、2であることを確認して、即値で2にしてしまいました。
#このスクリプトは、後で設定するかも知れませんが、まあ、まずは動くようにする、ってことで。

この手の設定値なんて変わらんだろう、と思っていたのが甘かった。
それに、この設定をなんのためにしているのか、rc.localにメモってないのも痛かった。

とりあえず、rc.localにコメント付けて、次回以降、トラブル発生した場合の対策にしときます。
いやぁ、参った。

とはいえ。
これでカーネルに問題がないことが明らかになりましたので、Ubuntu8.10に対する不安も全然なくなりました。(笑)
TVカード動かなかったらどうしよう、とか割と真剣に考えてましたので。

まずは一安心ってところです。
さあ!8.10よ、どこからでもかかってこいっ!!
#あ、ごめん、ウソ。

|

« Prelinkの弊害? | トップページ | ティエレンタオツーにトップコート »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/42778417

この記事へのトラックバック一覧です: Kernel 2.6.27とGV-MVP/RXとワタクシ(問題解決):

« Prelinkの弊害? | トップページ | ティエレンタオツーにトップコート »