« シャットダウンとかログアウトのダイアログを表示する場合 | トップページ | 4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu »

MGストライク・ルージュ(途中)

途中ですが、なんとか形になったので、ストライク・ルージュ。
以前購入した、カガリとのツーショット。(笑)

意外にカガリでかい。

あとはストライカーパックを作成して完了なんですけどね。
エールストライカーの成形色が、本来白のところがピンクになってるんですよ。
ビームサーベルの柄とか。
なんで、ここをオフホワイトで塗らないと。
あと、エールストライカーの放熱フィンっぽいところが本来黄色なのに赤だったり。

成形色赤いのを黄色にするのは、ちと辛いんですが、まあ、やっとかないと。
下地塗って、どうにかするしかないのかな。

今回、珍しく腰アーマーの裏とかつや消しブラックで塗ったりしています。
ちまちまと筆塗りで。
それと、ガンダムデカールを貼ろうと思っていたので、貼った時点でトップコートしていますが、これもつや消しで。
ガイアカラーのつや消しクリアを使ったんですが、思ったよりつや消しでした。(笑)
当然といえば当然なのですが、つや消しにすると、少し色味が変わって若干ですが白っぽくなります。
まあ、乱反射させているのでツヤがなくなるわけで、そりゃあ白っぽくもなります。

ストライクも、これで3体目になります。
#他にソード/ランチャーストライク、ストライク・ノワール。

手慣れているといえば、手慣れているはずなんですが。(笑)
ガンダムデカールでちょっと失敗してたりします。
#これがキモだったはずなのに。orz

さすがにキットそのものは古さを隠せないというか、関節やゲート処理なんかは最新キットには敵わないなあ、と思ったりします。
特に股関節の処理とか。
やっぱり現行の3軸タイプが動きの面でも作りやすさの面でも有効なんじゃないのかな、と思ったりします。
ボールジョイントのお手軽さも解りますし、まあ、その方が綺麗に行く場面が過去は多かったんでしょうけど、可動範囲や作りやすさ、関節の保持力の維持など、それらの点で考えると、やはり3軸タイプの方が有効なんじゃないのかな、と。
部品点数は増えますけどね。

肩の引き出し機構なんかは、ディスティニーほど凝ってはいないものの、これで充分な気もします。
ネジ止めしているので、それなりに保持力調整もできますし、強度もそこそこ確保出来ているし。
逆に、肩関節関係はこれでも充分だったんじゃないのかな、と思ったりしますけど。
ソードストライクで、あのデカい剣を一応両手構え出来ますしね。
#まあ、もしかしたら、もっと引き出せた方がこの辺は綺麗に構えられるのかも。

HGのOOガンダムの後だけに、足首の接地性とか、その辺はさすがに敵わないなぁ、と思ったり。
この辺は、機構の問題というよりも、元のデザインの問題が大きいので、これはこれで限界なんだろうな、と思いますけどね。

SEED系のMGでは、やっぱりストライクのスタイルがスキですかねぇ。
デザイン画をちらと見る機会があったんですが、デザイン画よりも足が長く、スリムになってるところは、好き好きありそうですけど、ワタクシとしては、このデザインの方が、ガンプラとしては綺麗にまとまってる気がします。
ガンダムはデザインで見ると全体にがっしりし過ぎている気がするんですよね。
なので、立体にした時に、もっさりした印象になるんじゃないのかな、と。
このくらい足とかスリムな方が、バランスよいんじゃないか、と思いますが、まあ、この辺は個人の見解ってところで。

さて、あとはのんびりとエールストライカーを作成していきます。

次は、1/100のOOガンダムか、MGのインフィニット・ジャスティスかな。

送信者 Blog

|

« シャットダウンとかログアウトのダイアログを表示する場合 | トップページ | 4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu »

ガンプラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/42896709

この記事へのトラックバック一覧です: MGストライク・ルージュ(途中):

« シャットダウンとかログアウトのダイアログを表示する場合 | トップページ | 4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu »