« ガンダムOO 2nd #3 | トップページ | ローカル線でUbuntu »

魍魎の匣(アニメ)

なんか、先日書いた魍魎の匣の記事にアクセスが多いな、と思って。
ググってみると、アニメがやってるんですね。

コミック「怪」とかいう本に、魍魎の匣のマンガが連載されているのは知ってました。
#ま、単行本を買ってるわけですが。(笑)

つまり、これが好調ってコトなんでしょうかね。
10月からアニメも開始した、みたいです。

京極夏彦氏の新書が発売されたのが1995年とのことですから、13年前ですか。
まあ、映画化は2007年なので、映画化からコミック、アニメ化までは1年弱。
こんなもんなんですかね。
もっと早く映画化されててもよいような気がしますが。
#別に特撮とかVFXが凄いわけでもなし。

逆に。
コミックは解らないでもないんです。
ミステリーのコミック化というのはよくあります。
横溝作品なんかも、結構JETとかでコミック化されてますし。
#JETはホームズやエラリー・クィーンなんかもコミック化してますね。
横溝作品の名作、八つ墓村なんか、何人の作家が書いてるか解りません。
#ワタクシが所有しているだけでも3人は書いてますな。

原作に忠実だったり、アレンジされていたり、まあ、様々ですが、作家が好きなミステリーをコミック化する、なんて話はよく見ます。

んでも、アニメ化って珍しいよな、と。
しかも、TVアニメなんでしょ。
ああいうミステリーを30分づつに分割して、毎週放映するってのは、なかなかストーリーの分割にしても、物語のアレンジにしても難しいような気がするんですよね。
映画化された小説を、TVドラマ化ってのも、以前はよく見ました。
これも、結構難しいんじゃないか、と思ったり。
で、実際には、映画よりも長い時間を掛けて物語を展開できるので、却って映画より良かった、なんてのもよく見ます。
それと同様の効果を狙ったのかも知れませんが。

まあ、TVアニメで京極作品か、と違和感を覚えたのも事実なんですが。
深夜枠なのかな。
んでも、1995年の頃、作品読んだ人が今、深夜枠のアニメなんて見るかなぁ、と思ったり。
#ま、見るんでしょうね。(笑)

とまあ、ちょっと言いたいこととずれてきたので。

なんでアニメなのかな、というのが一番疑問だったわけです。
まあ、確かに魍魎の匣の舞台を全部実写ってのはキツイのは事実ですが、じゃあアニメならその辺OKか、というとアニメらしい描写が必要な場面って実は多くないんじゃないか、と思うんですよね。
言ってしまえば、実写で十分な映像をアニメでやる意味ってなんだろう、という「海が聞こえる」で思ったことを、そのまま、この作品にも当てはめて考えてしまうわけで。

面白くなるのかなぁ、と。

で、実際に見てみました。(笑)

まあ、ワタクシ的にはCLAMP原案のキャラクターがどうなの?と思わないでもないんですが。
#キライなわけでもないんですけど、もっとこう、オッサンがオッサンくさいキャラデザインするひとの方が作品には合ったんじゃないか、とか。
美少女が出てくるんですが、さくら、とかそういう系の美少女じゃないわけで。
美少年、というか美青年の出てくるわけですが、京極作品って、いわばオッサンとか冴えないオッサンが主役なわけじゃないですか。
まず、この時点で首を捻って。(笑)

台詞回しとか見ると、原作に忠実に行く方向っぽい、というのも解ったんですが、結果、絵的に間延びするというか、ストーリー運びの展開が遅くて、テンポが悪く見えるんですよね。

まあ、これは1〜2話までしか見てないので、今後、この辺のテンポは変わってくるのかも知れませんが、この辺のテンポの悪さで首を捻って。(笑)

絵は綺麗です。
背景とか、心理描写とか。キャラクターの表情とか。
解りやすく描かれてると思いますけど。
でも、そういう絵的な技術じゃないところで、見応えがないような気がする。orz
今後改善されていくのかなぁ。疑問。

正直、1話見たところで、2話目は見なくてもいいかな、と思いました。
ま、一緒に見てた家族が続きを見るっていうから、見ましたけど。

今後ね、アニメらしい演出を入れて、小説ではなかった、コミックでは出来ないような臨場感を与えていく、って方向ならアニメの意味はあると思うんですよ。
でも、シーンや物語を、忠実に原作をなぞるだけなら、たぶん、アニメにする意味がないんですよね。

全然関係ない話ですが、ガンダムはアニメじゃないと出来ないんですよ。
#実写でもVFXで可能かも。(笑)
地上から宇宙まで活動の範囲が広いし、もちろん、ガンダムそのものも、実写では無理だし、そもそも実際のものが存在しない。
だから、アニメで面白いし、アニメでやる意味もあるし。

名探偵コナンとか、これは元がコミックなんで、そのイメージと読者を取り込むためには、これはあアニメがベスト、と言えると思います。
これ、実写でやっても厳しいし、そもそもコミックの方で、実写では厳しいような小道具とか使ってますしね。
逆に金田一少年の事件簿なんかは、実写でもOKだし、事実実写のドラマになりました。
#アニメもやってましたけどね。

元が小説でミステリーで、戦後の物語で、って来るとやはり実写がベストの様な気がするんですが、アニメでどこまでがんばれるんでしょうかね。

まあ、今後に期待します。(笑)

|

« ガンダムOO 2nd #3 | トップページ | ローカル線でUbuntu »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/42842314

この記事へのトラックバック一覧です: 魍魎の匣(アニメ):

» 京極夏彦の本を読む [京極夏彦の本を読む]
分厚いあの本に挑んでみました 表紙が可愛らしくないどころか心臓に悪いので注意。 [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 12時49分

« ガンダムOO 2nd #3 | トップページ | ローカル線でUbuntu »