« 4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu | トップページ | Pythonのお勉強 »

PythonとwxPythonとwxGladeと

何の話かというと。
Python面白いよ、Python、って話なんですが。(笑)

wxGladeってのがあるのは、ちょっと前に知ったんですが、どうにも使い方が解らなかったんですよ。
でも、こんなサイトを発見しまして。

このサイトでは、C++を例題にしていますが、別に、Pythonでも使い方はまったく同じです。
出力するプログラムが、Pythonになるってだけで。

で、この出力されたソースをSPEで編集、って流れがカンタンに実現できる、と。

ワタクシ、Ubuntu、というかLinuxでのプログラムは敷居が高いなぁ、と感じることが多く、その理由が、GUIでプログラムを作成しようとしても、ToolKitの使い方がよく解らない、ってのが一番かな、と思ってまして。
探せば文献があるのは解るんですが、簡単なHello!Worldすら、初心者というか入門者には敷居が高い。
これ、VBならIDEが優秀というのもあって、かなりカンタンに実装できます。
#というかコーディングしないしな。

あと、ToolKitのイベントハンドリングとか、定型的な処理なんで、その辺を自前で書かなければならないのも、敷居が高い理由のひとつかな、とか。

でも、このwxGlade使えば、なんの問題もないじゃん、みたいな。(笑)

まあ、まだサンプルコード書いたくらいなんで、なんとも言えないところがあるし、SPEからwxGladeが呼び出せるわけでもなさそうなので、IDEって形で実現出来てるわけでもないので、敷居が高いのは相変わらずなんですけどね。(^^;

そんでもワタクシの中で、LinuxのGUIプログラミングの敷居が1mほど下がった気がします。(爆)

でもね。
ワタクシ、Pythonがまだきちんと使えないのですよ。(笑)
そもそも配列とか文字列とか、構文とか。
まずはこの辺の簡単な文献を探すところから始める必要があり。
まあ、敷居が下がったと言っても、まだまだ、なのかな。

このwxGladeがMonoDevelopと組んでくれると、非常に助かるんですが。(笑)
.NETなら、少なくともPythonのライブラリ群よりは知ってるんで。

とはいえ。
ここでPythonをきちんと勉強しておけば、Screenletsが書けるようになるのか。
それは何となく魅力的な気がする。
まあ、Screenletsじゃなくとも、カンタンにGUIアプリケーションが作成できるなら、それなりに便利なこともあるかも知れないし。

少しマジメに勉強するかな。

SPEから、デバッガとかも起動できるみたいだし、メニューが英語なのを除けば、結構IDEとしては整ってる気がするし。

頑張れば、どうにかなりそうな気もする。
さて、頑張るべきか、頑張らざるべきか。

ま、適当に。(爆)

|

« 4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu | トップページ | Pythonのお勉強 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

>でも、こんなサイトを発見しまして。


Googleの高林哲さんのサイトですよね。
僕もそこ良く見てます。
結構文章が軽快で、面白いんですよ。
他にもこんな記事書いてますよね。


UNIXにみる世代間の断絶:
http://0xcc.net/misc/ggap.html


>探せば文献があるのは解るんですが、簡単なHello!Worldすら、初心者というか入門者には敷居が高い。


まったくその通りです(笑)。
また、Microsoft独占でプロプライエタリな環境と違って、「定番が無い」ってのも痛いんですよね。と言うか「あり過ぎ」(笑)。
Motif、Tcl/tk、Qt、OpenGL、GTK+…って多すぎるんですよ(笑)。
と言うか、今の段階ではGUI環境はある意味「遅れている」って意味なのかもしれません。GUIではまだ「創世記」の段階なのかもしれません。


>でも、このwxGlade使えば、なんの問題もないじゃん、みたいな。(笑)


僕もかなり簡単だ、とか思いました。
将来性は……あるでしょうねえ。


PythonのIDEは、多分一番良いのはEclipseでしょうね。色々調べてみて、そう言う結論です。
Aptanaとか使った事あるんでしたら、多分Emacsよりはマシなのではないか、と。EmacsのPython環境は「文字通り」ガタガタですんで(笑)。
Eclipseもapt-get一発ですし、プラグインのPydevも一発なんで、この辺は設定がさほど難しく無いです。

あと、Pythonの参考書ですが、かおりんさんはC/C++の達人のようなので、ヘンな「入門書」買っても意味が無いと思います。多分リファレンス程度で充分なのではないか、と。
少なくとも「プログラミング初心者」とは違って、より難しいC/C++を扱えるのですから、「それより簡単な(かつ流行ってる)」Pythonだと何の問題もないのでは、と。
それ考えるとまずはWebでこれで充分なのでは、とか思います。


Pythonチュートリアル:
http://www.python.jp/doc/release/tut/


これ「チュートリアル」って書いてますが、入門書じゃなくってちょっとしたリファレンスのニュアンスがあります。しかもPythonの作者のGuido氏が書いてるんで、一種、Pythonの「K&R」みたいなモノです。
あとは


Pythonリファレンスマニュアル:
http://www.python.jp/doc/release/ref/


一冊あれば事足りるのではないでしょうか?
全て無料で済ませましょう(笑)。


実はオライリーから上の「チュートリアル」発売したんですが、結局Web上に上がりましたね(笑)。良かった良かった、と(笑)。


構文的には多分、LispよりはCに近い、と思います。Pythonは。
「慣れが必要だ」とすればインデントでしょうね。それだけかな?
僕はPythonのスコープに「あれ?」って思う事があるんで、そう言う意味では腹立つ言語なんですが(笑)、多分、Cやってる人ならかなり楽しめる言語だとは思います。

投稿: cametan | 2008年10月26日 (日) 10時28分

Cametanさん、コメントありがとうございます。

ご紹介いただいたサイト、参考にして勉強してみます。

>PythonのIDEは、多分一番良いのはEclipseでしょうね。色々調べてみて、そう言う結論です。
>Aptanaとか使った事あるんでしたら、多分Emacsよりはマシなのではないか、と。EmacsのPython環境は>「文字通り」ガタガタですんで(笑)。
>Eclipseもapt-get一発ですし、プラグインのPydevも一発なんで、この辺は設定がさほど難しく無いです。
慣れの問題もあるのかも知れませんが、SPEの前に、それ使ってみたんですよ。
でも、Eclipseが重いというか、よく固まるんで、SPEに乗り換えた経緯があるんですよね。
他にも何点か探して使ってみましたけど、今のところ、PyDocと結合されているところもあり、SPEが一番いいかな、と思ってます。

その辺、ご紹介サイトをSPEのPyDocから参照とか出来ると、かなり色んな意味でラクなんじゃないのかな、と思ってみたり。(笑)

今、勉強がてら、録画予約した一覧から、間違えた予約を削除するツールを作ってます。
こんなの端末からatrmで一発なんですが、Screenletsから起動してマウスで操作したいよな、とか思いまして。
wxGlade、ラクですわ。(笑)

投稿: かおりん | 2008年10月26日 (日) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/42905773

この記事へのトラックバック一覧です: PythonとwxPythonとwxGladeと:

« 4GB USBメモリの顛末と、性懲りもなくUBSーUbuntu | トップページ | Pythonのお勉強 »