« 祝!9万ヒット!! | トップページ | ∞ジャスティス(すげぇどうでもいい話) »

ガンダムOO 2nd #08

いやぁ、まさかのティエリアの女装。(爆)
スメラギさんの微笑の意味がこれだったとは。

予告編でちらりとティエリアと同じ顔の女性が出てたので、クローンで性別変えたのもいるのかな、と思ってたんですが、違いました。
元々細身とはいえ、あのスタイルに、しかもドレスで可能ってんだから、ガンダムOO時代の偽装技術はすばらしい。(爆)

ま、今回一番の見所はそこだったとして。

まさか、イオリアの計画が外宇宙進出だったとは。コレは全く想定外。
外宇宙に進出して、来るべき対話に備える、ってことは、すでに地球外知的生命体の存在をイオリアは押さえてたってことになるのかな、と。
今回のガンダム、最後は外宇宙進出なんですか?
壮大なSFになってきましたな。
これまでのガンダムと一線を画すスケールで展開するようです。
こうなると、スターウォーズとかスタートレックの世界になっていくわけですが。

まあ、外宇宙進出の物語というのは、人類に取って夢であるんでしょう。
古典から始まって、かなりの数のSFが描かれています。
これまでのガンダムは、そこの蓋をして、その段階へ行くまでの宇宙生活を描いてきていますから、従来の枠を破ろうという試みなのかも知れません。
ま、たぶん、そこまで話は展開しないと思いますけど。(笑)
外宇宙航行となると、例によって光を超える移動を編み出さなければならないので。
GNドライブで可能?もしかして。
最後の最後、セツナがツインドライブで光を超える?
・・・あったらびっくりだ。

他にもセツナとルイスの邂逅、薬漬けっぽいルイスの描写とか、なんだか高機能っぽい義手とか。
まあ、ティエリアにあんだけの巨乳を違和感なく装着できる時代、義手くらい当然のように神経接続されて、温度とかも感じて産毛まで生えているような高機能のものが作れて当然という気もします。
そもそも、失った手の再生が可能な時代なんですもんね。
#1stシーズンでルイスの腕に関して、サジがそんな話をしてたし。ガンダムのビームのせいで再生できないとかなんとか。

まあ、「オレがバックアップする」とかいいながら、変装も何もしてないセツナって、実はかなりマヌケ?とか。
やっぱりセツナがマリナ姫のことをかなり気にしている、とか。
元ピーリス嬢は、やっぱり貧乳なので、プトレマイオスには長く乗れないんだろうなぁ、とか色々思ったりしたわけですが。

今回戦闘はなかったわけですが、物語の今後を占ううえで、また、キャラクターの関係性、そもそもイオリアは何をしたかったのか、なんかの情報が一挙展開したので、今後の展開に一層期待が持てます。
でも、ある意味、今回展開しすぎな気もしてたり。
小出しにせよ、とまでは言わないけど、ちょっと情報流しすぎたんじゃないのかな。
まあ、もう中盤に入ったので、ここらで一発説明しとかないと、今後戦闘シーンに話を割けないとかあるかな、とは思うんですが。

さて。
ルイスが元ピーリス嬢のアヘッドに乗ることになるとなると、ワタクシ、次に考えていたGNX-IIIは保留の方がよいような気がしてきました。
たぶん、発売するよねぇ。>カスタム・アヘッド

|

« 祝!9万ヒット!! | トップページ | ∞ジャスティス(すげぇどうでもいい話) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムOO 2nd #08:

» 【機動戦士ガンダム00】 第8話 〜無垢なる歪み〜 [エコロジー研究所]
何だよ〜 あの気持ち悪い奴が現れてティエリアのregeneratorか。前回の最後から何か変な分身がいきなり出てきて、今回はマリーとアレルヤの話か... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 19時04分

« 祝!9万ヒット!! | トップページ | ∞ジャスティス(すげぇどうでもいい話) »